サイダーガール『RUSH BALL 2021』ラ
イブレポート ーーATMCから飛躍しト
ップバッターを完遂

『RUSH BALL 2021』サイダーガール
昨年夏、全国各地でライブの中止が相次ぐ中、コロナ禍での野外イベント開催の先駆けとなった『RUSH BALL』。
サイダーガール
参加者へルールの徹底を呼びかけながら開催される2日間のトップバッターを務めたのは、2年ぶりの出演となるサイダーガール。「『RUSH BALL』始まります!」と開会を宣言し、真っ青な空に映えるメジャーデビューシングル「エバーグリーン」の力強いサウンドでオープニングを飾った。
サイダーガール
「調子はいかが? 朝から集まってくれてありがとうございます!」(Yurin/Vo.Gt)「『RUSH BALL』踊りましょう!」(フジムラ/Ba)の合図で、4つ打ちビートがダンサブルな「ベッドルームアンドシープ」へ突入すると歌詞の通りにゆらゆらと自然に身体が揺れる。これこれ! と言いたくなる野外ライブならではの気持ち良さを体感する時間。
前半のギターロックから一転、知(Gt)がコロナ禍で生みだしたという最新配信シングル「待つ」でグルーヴィなサウンドへ。彼らの新境地ともいえるこのナンバーのファンキーなベースラインに合わせて、スピーカーに腰かけたYurinがハンドマイクでパフォーマンスし、多彩な表情を魅せていく。
サイダーガール
MCでは、前回はATMCのクロージングアクトで花火を見たことなど『RUSH BALL』の想い出を振り返り、「たくさんの人の想いがつまった『RUSH BALL』。みんなができる範囲で自由に楽しんで! 今日と明日が最高の2日間になるようにトップバッターとして願っています」(Yurin)と、初のメインステージにかける想いを語った。
シーケンスで大胆に鳴らされる軽快なピアノの音色でテンションをあげていく「パレット」を経て、「この2日間くらいは憂鬱を吹き飛ばしていこう!」と「メランコリー」では、フジムラと知が立ち位置を変え、ステージの端まで駆け抜け熱量をあげていく。「みんな踊ろうぜー!」そのまま躍らせ続けながらのラストとなった「週刊少年ゾンビ」では、クラップが激しく鳴り響き、パーティ感満載に華やかにラストを締めくくった。
サイダーガール
「また近い内にライブハウスで会いましょう! また来年も開催されるように祈っています!」(Yurin)
「炭酸系サウンド」にとどまることのない豊かな音像で、無限の可能性を秘めたバンドサウンドの存在感を印象づけたステージとなった。
サイダーガール
取材・文=岡田あさみ 撮影=田浦ボン
『RUSH BALL 2021』オフィシャルレポート一覧はこちら

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着