kobore『RUSH BALL 2021』ライブレポ
ート ーーあふれる思いを音楽に昇華
し、忘れられない夏のシーンに

『RUSH BALL 2021』kobore
前日に続き快晴のDay2は、佐藤赳(Vo.Gt)の「『RUSH BALL 2021』へようこそ!」という元気なコールで幕開け。2年連続で2日目の「先鋒」を務める彼らは心得たもので、「ティーンエイジグラフィティー」のサビ始まりのボーカルでスイッチを入れ、初っ端から観客の両手を高々と突き上げさせる。
kobore
さらに人気の「FULLTEN」を続け、そのスピード感や佐藤のシャウトにわずか2曲で人々は覚醒。大画面に映し出される佐藤も満面の笑みだ。すると思わず「気持ちいい!」(佐藤)と感情をあふれさせ、今度はさわやかな「HAPPY SONG」と「SUNDAY」の2曲。伸びやかかつ語りかけるような歌声、片思いの幸せを綴る言葉や心をそっと解きほぐす言葉、優しい3人の音色、広がりあるメロディ……青春を彩る夏にぴったりのナンバーに若者たちは気分よく体を揺らす。
kobore
そしてMCで佐藤は「良かった開催できて! (『RUSH BALL』に)マジでリスペクトです」と出演の喜びを口にし、何かと考えることの多い日々に関して「どの道を行くかより、どの足で歩くかだと思っています。人が作った道に正解なんてないと思うんで、『RUSH BALL』という大きな一歩を無駄にしたくない。次はあなたが、俺らが『RUSH BALL』の背中を押せますように。どこまでも音と言葉で歩いていきましょう」と語り「海まで」へ。
kobore
センチメンタルな旋律と、それを引き立てるソフトなボーカルやギターでゆったり進み、甘酸っぱい情景を広げると、「音楽で本当に景色は変えられると思っています」(佐藤)と「夜空になりたくて」を続けて心を掴む。再びここからはアップテンポに「ダイヤモンド」から攻め始める。観客は拳を突き上げ、聴こえないはずのシンガロングも聴こえてきそうだ。
kobore
そして「まだまだ止まる気はないぜ!」(佐藤)と煽ってクラップを発生させ、彼らの哲学を盛り込んだ大定番「テレキャスター」を叫ぶようにプレイし、より青々しく真っ直ぐに。そしてその勢いを増してショートチューン「爆音の鳴る場所で」へとつなげ、こんな時こそ! のライブ賛歌で潔く締めくくった。バンドの姿勢をしっかりと示したステージに、ファンはついて行く決意を改めて強くしたことだろう。
kobore
取材・文=服田昌子 撮影=渡邉一生
『RUSH BALL 2021』オフィシャルレポート一覧はこちら

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着