ドミコ『RUSH BALL 2021』ライブレポ
ート ーーATMCのトリで魅せた、高揚
感半端ない音の連続

『RUSH BALL 2021』ドミコ

2日間に渡って開催された『RUSH BALL』、ATMCの最後を務めるのはドミコ! サウンドチェックから「My Body is Dead」などを披露しつつ、ゆるりと空気を温めていく。ステージ中央でバンド名が縁取られたネオン管だけが光るなか、キング・クリムゾン「Easy Money」をSEにステージに登場した2人。
ドミコ
「問題発生です」から始まったライブは早々に2人の濃ゆーい世界観で満たされていく。さかしたひかる(Vo.Gt)が摩訶不思議なギターサウンドを爪弾きつつ、体をとろけさせるような感度の高い長谷川啓太(Dr.Cho)のリズムが後押ししていく。ライブならではの絶妙な音の歪みがとにかく気持ちいい。
ドミコ
閃光煌めく照明の下、「びりびりしびれる」へ。ちょっぴりサイケでフリーキーなギターリフ、それに反したタイトなリズム。次々にやってくる音に観客は陶酔しきった様子で体を揺らしている。
ドミコ
継ぎ目がなく流れるように披露した「おばけ」、「化けよ」。ループマシンを多用して音を重ね、絶妙な間合いで展開していく。怪異的に感じるほどのギターのディレイが脳の中枢を刺激していく。<化けろ 化けろ>、繰り返されるリリックさえ音に感じてくる。終盤に近付くほどにより強く高まるグルーヴに完全に心が持っていかれてしまう……。
ドミコ
「猿犬蛙馬」は、何度聴いても歌詞は英詞なんだか日本語詞なんだか良くわからないし、メッセージも何も伝わらないんだけど(褒めてる!)、そんなことよりも2人でぶつかり合う音がとにかく良い! ラストのヒステリックを起こしたような爆発力もたまらない! もっともっと浸らせてくれよと欲求高まるも、25分の持ち時間はあっという間で、ラスト「ペーパーロールスター」へ。
ドミコ
2人の向き合う距離は近くなり、しまいにはさかしたが長谷川のバスドラの上に飛び乗り、物質的距離と音のぶつかり合う激しさがどんどん比例していく。最後の最後まで、言葉ではなく、とことん音に追求したステージが終わると、1日の余韻を全てかっさらったであろうパフォーマンスに大きな拍手が送られた。

取材・文=黒田奈保子 撮影=ハヤシマコ
『RUSH BALL 2021』オフィシャルレポート一覧はこちら

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着