THE BOHEMIANS ロックンロールを楽
しむことがどんなに楽しいことか『ニ
ューアルバム発売直前スペシャル篇』
オフィシャルレポート

THE BOHEMIANSが8月27日(金)、28日(土)に高円寺HIGHで開催したワンマンライブ『ローリングボヘミアンズイベントローリング!ニューアルバム発売直前スペシャル篇』のオフィシャルレポートが到着した。

THE BOHEMIANSが2021年8月27日(金)、28日(土)の2日間、高円寺HIGHで『ローリングボヘミアンズイベントローリング!ニューアルバム発売直前スペシャル篇』と題してライブを行った。

28日のライブは「GIRLS(ボーイズ)」でスタート。2曲目に「male bee,on a sunny day.well well well!」、3曲目に「THE ROBELETS」とロックンロールナンバーを惜しげもなく披露。冒頭からクライマックスを演出し、オーディエンスを盛り上げた。
「ぼくたちはザ・ボヘミアンズです」と挨拶した平田ぱんだ(Vo)は9月8日発売のニューアルバム『essential fanfare』の発売直前イベントと銘打ったものの新作からは1曲もやらないことを宣言。同時に新作があまりにもいいのでライブでやれなくなる曲もあるので、そういう曲をガンガンやるというのが今夜のライブのテーマらしい。その宣言通り、「MONO」「JUMPIN’ JOHNNY&THUNDER FLASH」「I don’ t wanna be your man」と、ロックンロールナンバーを容赦なく叩き込んでいく。「I am slow starter」という曲があるように自称スロースターターだが、それを自ら返上するかのようなアッパーなパフォーマンスだ。なんでも27日のライブではアンコールで脱水症状を起こして声が出なくなったという。
10曲目で今夜のライブ初めてのスローなナンバー「THE BIKE」を演奏。切ない夏の光景が会場を覆う。後半は「ツイスターズのテーマ」でスタート。「シーナ・イズ・ア・シーナ」「太陽ロール・バンド」「I am slow starter」と再びロックンロールモードへ。「昨日、倒れたって話をしたのにまだやらせるつもりなのか?」と言って、「Johnny B♭〜地獄のピアノ・マン」を演奏。オーディエンスの熱気がピークに達したのを見計らうかのように「Jagger/Richards」を叩き込み、「bohemian boy」で本編終了。

「NEW LOVE」から始まったアンコールは「THE ALWAYS」へとつづき「ラストの一発」「That Is Rock And Roll」で大団円。と思いきや、5人は再びステージに登場。「明るい村」で締めくくった。
2020年代を担うロックンロールバンドとしての使命感を果たすというと大げさかもしれないが、7曲目の「あういえ」のリリック、《お前のための俺たちのためのロックンロールの灯は消したくない》を、今夜のボヘミアンズはステージの上で体現しようとしているかのようだった。

この日、本間ドミノ(Key)の「この5人でバンドをやることがすごく楽しい」というMC、そして千葉オライリー(と無法の世界)(Dr)の「夢にチャーリー・ワッツが出てきて“俺は80歳までやった。お前はできるのか?” やります!」というMCにすべてが集約されていたように思う。平田ぱんだ、ビートりょう(Gt)、星川ドントレットミーダウン(Ba)、千葉オライリー(と無法の世界)、本間ドミノの5人は今日も全力でロックンロールを楽しんでいた。同時にロックンロールバンドとしての存在感を示してくれた。
ニューアルバム『essential fanfare』はロックンロールとポップがブレンドされたボヘミアンズの決定盤的作品に仕上がっている。ロックンロールを楽しむことがどんなに楽しいことか。新作でそのことがより明らかになる。
撮影=柴田恵理

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着