THREE1989、メジャー1st AL『Direct
or’s Cut』11月リリース “映画館
”をテーマに全7パート、26曲を収録

THREE1989がメジャー1stアルバム『Director’s Cut』を11月3日(水)にリリースすることが発表された。

2021年1月にavex内のレーベル〈rhythm zone〉よりメジャー・デビューを果たしたTHREE1989。今作はその名の通りTHREE1989の手によって生まれ、完成までの総指揮をメンバーが取った1枚。“映画館”をテーマに、アルバムを扉ごとに様々な世界が広がるシネマコンプレックスに見立て、パートを設定。メッセージ・ソングからラブロマンス、そしてSF、全7パートの舞台で構成されており、2021年4月よりアーティスト名にかけて、毎月3日にリリースした「エゴイスティック渋谷」「Private Castle」「紫陽花」「夏ぼうけ」を含む、全26曲が収録予定となっている。

パッケージはCDとBlu-rayのセットでのリリースとなり、Blu-rayには今年3月に開催された『THREE1989 BEST LIVE TOUR2021 -Don’t Forget Dancing』東京公演の模様が収録される。

さらに、アルバムのリリースを記念した東名阪ツアーの開催も決定。『THREE1989 1st Album Director’s Cut Release Tour 2021』と題して、11月20日(土)愛知・名古屋JAMMIN’公演を皮切りに、11月21日(日)大阪Music Club JANUS、そしてクライマックスを11月27日(土)東京・渋谷WWW Xにて開催する。


【THREE1989コメント】

『Director’s Cut』は、その名の通りTHREE1989の手によって生まれ、完成までの総指揮をメンバーが自ら取り、更にCDというフォーマットの限界に挑んだメジャーシーン初のアルバム。

ハッキリ言って、過去作に比べ、自由度No.1だ。

本作のテーマは映画館。

激動の時代を生き抜くアナタに贈るメッセージソングからラブロマンス、そしてSF。 

加えて作品を彩る贅沢な出演陣。

散りばめられた伏線を回収しながらクライマックスへ誘う姿はまさに聴く映画。

全7パートの舞台で繰り広げられるスペクタクルな群像劇を是非THREE1989のニューアルバム『Director’s Cut』で体感して欲しい。

2021年11月3日、扉の先でまた会おう。


【リリース情報】

THREE1989 『Director’s Cut』

Release Date:2021.11.03 (Wed.)
Label:avex / rhythm zone

※パッケージ(CD+Blu-ray)、ストリーミングおよびダウンロード

・法人別先着特典
タワーレコード・オリジナル特典:音源CD[HARU(仮)ピアノver.]
Amazonオリジナル特典:メガジャケ


【イベント情報】

『THREE1989 1st Album Director’s Cut Release Tour 2021』

日時:2021年11月20日(土) OPEN 17:00 / START 17:30
会場:愛知・名古屋JAMMIN’
問合せ:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100(月~日10:00~18:00)

日時:11月21日(日) OPEN 17:00 / START 17:30
会場:大阪Music Club JANUS
問合せ:キョードーインフォメーション 0570-200-888

日時:2021年11月27日(土) OPEN 16:30 / START 17:30
会場:東京・渋谷 WWW X
問合せ:WWW X 03-5458-7688

==

料金:
名古屋公演、大阪公演:ADV. ¥4,000 / DOOR ¥4,500 (各1D代別途)
東京公演:¥4,500 / DOOR ¥5,000 (各1D代別途)

※自由席、整理番号付入場券)

・チケット
THREE1989 PREMIUM先着先行(https://fanicon.net/ticket/854) :9月3日(金)21:00~9月14日(火)23:59 
※先着制の受付となります

■ THREE1989 オフィシャル・サイト(https://www.three1989.tokyo)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着