田中樹(左)と菊池風麿

田中樹(左)と菊池風麿

「DREAM BOYS」開幕 菊池風磨、ライ
バル役は「田中樹以外考えられない」

 舞台「DREAM BOYS」囲み取材が6日、東京都内で行われ、出演者のSexy Zoneの菊池風磨とSixTONESの田中樹が登壇した。
 本作は、2004年に滝沢秀明主演で初演されて以来、亀梨和也や玉森裕太など、ジャニーズ事務所のアーティストによって演じ継がれてきた。今回は、菊池を主役に迎え、主人公の親友・チャンプ役を田中が演じ、演出は前回に続いて堂本光一が担当する。
 公開舞台稽古後に行われた囲み取材で、菊池は「こんなにわくわくした幕開けは今までなかったです。楽しめましたし、舞台上で生きているなって感じがしました」と笑顔を見せた。
 田中も「幕が上がるまで、俺たちで帝国劇場でできるかなって不安要素としてはあったんですが、いざ公開舞台稽古をやってみたら結構いいのができた」と胸を張った。
 ジャニーズ事務所に同期入社した当時から仲が良かったという2人。劇中でも、深い絆で結ばれたライバル役を演じる。菊池は「(相手役は)樹以外は考えられない。隣は誰がいいですかって聞かれたら、僕は樹って答えると思います。ジュニアのときから、ほぼ毎日一緒にいたけど、グループはそのときから違うというのも、この作品と重なる部分が多い」と話した。
 一方、田中は「僕は、(相手役に)中島健人を挙げた可能性もなくはない」と冗談を言いながらも、「風磨と並んでステージに立つのはジュニアの時以来。頂いたお仕事を最高のものにする、お客さんに届けるというのもありますが、風磨に成長を見せられたらという気持ちもあります」と語った。
 舞台は、9月6日~29日、都内・帝国劇場で上演。
[gallery ids="1291135,1291137,1291138"]

エンタメOVO

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着