L→R 小川まみ、のあ。、百田乃々香、こんぽん夏穂

L→R 小川まみ、のあ。、百田乃々香、こんぽん夏穂

【Re:INCARNATION インタビュー】
ロックアイドルの新星が示す“本気”

「X-DAY」はずっと歌い続けていきたい

今作のタイトル曲「X-DAY」、カッコ良いですね。試練を乗り越えて未来に進む強い気持ちが伝わってきます。作詞はのあ。さんが手がけていますが。

のあ。
はい。Re:INCARNATIONはコロナ禍にデビューしたので、本来だったらもっとできたであろうライヴやイベントがあったと思うんです。だから、そういう状況の中でも少しでもRe:INCARNATIONの名前を知ってもらいたいという気持ちが結成当初からあるんですよ。今のメンバーだからこそできることもきっとあるだろうし、もっといろんなことをやっていきたいという期待と希望を歌詞で書きました。

メンバーのみなさんは、この曲をどのようにとらえていますか?

夏穂
今までの曲にはなかった美しさがあると思います。凛とした感じがあって、未来を見つめる力強さを感じるので、“私もきれいな女性にならなきゃいけない”と気が引き締まるというか(笑)。言葉にできないモヤモヤした気持ちを支えてくれる曲でもあるんです。
乃々香
今までのRe:INCARNATIONとは違うテイストの曲ですね。初めて聴いた時は新鮮でした。のあ。さんが書いた歌詞は全部の言葉が心に刺さります。歌うパートはのあ。さんが決めているわけではないんですけど、ひとりひとりに対して“ここ歌ってほしいな”って考えながら書いてくれているみたいで、私がいただいたパートは“自分たちでこの先の道を作っていく”という強い想いを感じました。今はこういう状況なのでRe:INCARNATIONを届けられる場所は限られていますけど、私たち自身もこのグループをどう広げていくのかすごく前向きに考えているんです。サビの《1 番星光る空に》とか、自分たちで道を切り開いていく気持ちを再確認できる言葉ですね。
まみ
私も歌詞がめちゃめちゃ刺さっています。今まで活動する中で挫けることがたくさんあって、もともと所属していたアイドルユニットも辞めたんですけど、後悔したままソロ活動をやっていたんです。だから、Re:INCARNATIONに加入した時に、後悔のない活動をしようって思ったんです。そういう気持ちが「X-DAY」の歌詞には込められているので、歌いながら毎回泣きそうになるくらい気持ちが入ります。

書いた歌詞がメンバーのみなさんの心に響いているというのはすごく嬉しいんじゃないですか?

のあ。
はい。面と向かって言うのは恥ずかしいんですけど…私はみんなの写真を見ながら歌詞を書いているんですよ。
夏穂
知らなかった!
のあ。
みんなで撮った写真とか、ひとりひとりの写真を見ながら、“この子はこういうことを思いそう”とか想像して書いてる…キモいよね?(笑)。
乃々香
メンバーのことを想ってくれているのがすごく嬉しい!
まみ
実際に決まったパート割りが想像していた人と違ったらどうするの?
のあ。
それならそれで(笑)。今までどの歌詞も最大限に力を出して書いてきたんですけど、「X-DAY」は個人的にも想いを強く込めた感覚があります。OKBさんから曲をいただいた時、“これを勝負曲にしたい”と言われたんですよ。で、曲を聴いたら歌詞の全体の構成が一気に浮かんで。勝負曲なので自分の気持ちだけを描くのではないものにしたかったし、少しでもライヴを観に来てくれるお客さんやリスナーのみなさんに共感していただけたり、元気になってもらえたり、Re:INCARNATIONを通して何かしらのアクションが生まれるものになったらいいなと思って歌詞を書いていきました。

メンバーそれぞれのソロパートを経からユニゾンになるのがすごく良いですね。《I have a dream for the X-DAY》を、最後は4人で《We have a dream for the X-DAY》と歌うところも全員の強い気持ちが伝わってきます。

のあ。
そこは狙っていました! この曲はずっと歌い続けていきたいですね。サビの振付けで人差し指を立てて掲げるんですけど、お客さんもやってくれた時の気持ち良さといったらないです。あとは、ライヴでも披露している「Twinkle GIRL」と「REINCARNATION」もカップリングとして音源化できたので、コロナ禍でライヴに足を運べない方にもCDを聴いて楽しんでもらえたら嬉しいです。

今作のリリース後、どのように活動していきたいと思っていますか?

のあ。
私たちは今、史上最強に本気なので! その本気度合いをどんどん塗り替えてやっていきたいと思います。

取材:田中 大

シングル「X-DAY」2021年9月1日発売 One To One Records
    • OTOR-20211
    • ¥1,000(税込)
Re:INCARNATION プロフィール

リインカネーション:2020年4月27日に結成。ロックバンド、コスプレイヤーなど、それぞれ別の道を歩んできた4人が、新たなプロジェクトのもと集結。ニューロックユニットとして”輪廻転生”を果たし、宿命として選ばれた者たちが 活動をスタートする!Re:INCARNATION オフィシャルHP

「X-DAY」MV

「Twinkle GIRL」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着