L→R  えつこ(Vo&Key)、REIS(Vo)、休日課長(Ba)

L→R  えつこ(Vo&Key)、REIS(Vo)、休日課長(Ba)

【DADARAY インタビュー】
こういう状況なので、
焦らないで一曲ずつ作っていった

自分の色を
より出せるようになってきた

『ガーラ』を聴いて驚いたのはDADARAYの変貌ぶりですね。オープニングを飾る「Ordinary days」の歌い方や曲調からしてこれまでとは質感が違っていて、全編を通してハッとさせられるアプローチが多かったです。

全員
おー、ありがとうございます!
REIS
歌に関しては、ほぼ全曲のディレクションをえっちゃん(えつこの愛称)がやってくれたんですよ。“こう歌ったらいいかな?”というやりとりを、今までよりも気さくにできるようになったと思うんだよね(笑)。
休日課長
気さくになったんだ(笑)。
REIS
『DADASTATION』の頃は緊張感がすごかったでしょ?
えつこ
そうだね。

プロデューサーの川谷絵音さんとのやりとりにも変化があったのかなと思うのですが、いかがでしょうか?

REIS
そうですね。自分の色をより出せるようになってきたというか…声色の表現も歌い回しもいろいろ試せました。特に新しい歌唱法を使ったのは「黄昏のBAY CITY」(八神純子のカバー)ですね。どうアプローチするか迷ったんですけど、曲のパワーにならって朗々と歌い上げる感じの引き出しを開けてみようと思って。歌録りでえっちゃんが“いいじゃん!”って言ってくれたのが嬉しかったです。
えつこ
すっごい楽しかったんだよね。現場でREISが何を歌っても“最高だねー!”みたいな感じでした(笑)。
REIS
着地するまでがめっちゃ不安なんですよ、歌入れは。だから、そういう反応がもらえると“これで良かったんだ!”って安心できる。私、自信ない勢だし(笑)。
えつこ
REISはポテンシャルがすごいから聴いていて楽しいのよ。「黄昏のBAY CITY」のヴォーカルにはぜひ注目してほしいですね。この曲は私が全部のデモを作って、楽器のディレクションもやらせてもらったから、自分がひとつ成長できたと思える作品になりました。
休日課長
レコーディングは本当に楽しかったね。
REIS&えつこ
楽しかったー!
えつこ
メンバー同士で連絡し合うことも増えたし。演奏動画を作る過程でREISと課長と頻繁にコミュニケーションがとれたのは、コロナ禍において実はかなり心の支えになったんだよね。恥ずかしくて、普段は言わないけどさ(笑)。
REIS
確かに!
休日課長
他愛のないLINEとか送るようになったもんね。
全員
(笑)。
REIS
各自でオムライスを作って、その画像を送り合ったりね(笑)。
休日課長
友達同士で組んだバンドじゃないから、最初はそういうのが意外となかったんですよ。
えつこ
くだけた関係性になってきたよね。音楽をやる時は超真剣で、オンとオフがちゃんと切り替えられる感じです。いいバランス。

バンドがいい雰囲気なのが伝わってきます。『ガーラ』の話に戻ると、「黄昏のBAY CITY」と対極にある感じの「GALS」のような曲も入っていたりして振り幅がすごいですよね。

えつこ
「GALS」は歌詞に遊び心を入れたい感じだったんですよね、川谷くん的に。渋谷のギャルがギャルを卒業するみたいなイメージがあったり。サビでずっと《Yesterday ギャルだった》と歌っているんですけど、パッと聴きは何て言っているのか分からない雰囲気にしたかったらしくて。あそこのディレクションは凄いこだわっていたよね?
REIS
サビは難しかった! “あまり滑舌良く歌わないで”と言われて、めっちゃ苦戦しましたね。
えつこ
深夜に録っていたから、なおさらゲシュタルト崩壊で(笑)。
休日課長
作っている間はさほど意識してなかったんですけど、こうやってアルバムとして聴いてみると確かに振り幅があるし、かなり化けた仕上がりになりましたね。自由度が増した感じもある。
えつこ
REISと課長のスキルアップもすごく感じるよ。負けてられないと思ったもん。課長で言えば、「fake radio」のベースとか無茶振りの極みだし。他の曲でも相当あるんですよ、“何じゃこれ!?”みたいな異常に難しいフレーズを弾いている箇所が。最初は“ヤバい、ヤバい”と焦っているんだけど、本番ではバシッと決めてくるんで。
休日課長
何をおっしゃいますやら(笑)。えつこ様々ですよ。
えつこ
違うから! REISも曲ごとに歌の表情が全然変わるんです。今までは高音域でガッといくことが多いDADARAYだったけど、「恋してばかり」では中低音の良さが光っていたりするし。歌い手として本当に尊敬しています。
REIS
こんなに褒めてくれますけど、えっちゃんのほうがマジですごいんですよ。一年半前は宅録とか何もできなかったのに、追い上げの度合いがすごくて! 配信ライヴの『パリのラジオ』の時、川谷くんからえっちゃんに“ラジオの後ろで流すようなBGMを作ってきて”みたいな無茶振りがされたんです。そしたら、めちゃくちゃカッコ良いトラックを作ってきたんです!
休日課長
あれは驚かされたね。やることの幅が恐ろしく広がっている。
えつこ
褒め殺し合いになってきたな(笑)。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着