近石 涼

近石 涼

【近石 涼 インタビュー】
何かに向かって変わっていく姿も
“ありのまま”だと思う

自分自身でできる範囲も
広げていきたい

「ライブハウスブレイバー」から続く「兄弟 II」は、近石くんの音楽に対する姿勢がよく表れていると思うから、このまま貫いていってほしいです。「兄弟 II」はダンサブルな曲調ですが、サウンドへのこだわりは?

基本的にはギターロックみたいな感じで、Bメロにジャジーなピアノを入れたアレンジではあったんですけど、アレンジャーさんのイメージではフレンチポップというのが出てきて。“フレンチポップ…何ぞや?”となったんですけど、気になったからその方向でお願いしたんです。そしたらもう冒頭のベースからカッコ良くて! “これ、僕が作詞作曲って言っていいのかな?”と思うくらい、全体像が広がりました。Bメロで入れたかったジャジーなピアノは2番のAメロにふんだんに入れていただいて、そこもすごく気に入ってます。1サビの最初から落ちるのも、意味が分からなすぎてすごく好きで(笑)。アレンジャーさんとの化学反応でこんな仕上がりになるなんて、ほんと初めての経験でした。

歌声も気持ち良さそうですよ。

もう楽しくなっちゃってウキウキで(笑)。今までひとりで曲を作ってきて、それはそれでこれからも大事な経験なんですけど、参加してくれる方々と和気あいあいとギターを掻き鳴らして歌えるっていうことが幸せでした。

11月にはこの3曲も収録されるアルバム『Chameleon』がリリースされるわけですし、タイトルどおり色鮮やかな作品になりそうですね。今はアーティストとしてどんどん視野が広がっていっているところだと思いますが、これからどんなアーティストになりたいですか?

アルバムのアートワークはまた別なんですけど、今回の配信シングルのジャケットは自分で絵を描いているんですよ。ギターもピアノも自分で弾きたいと思っているし、アレンジャーさんとの制作もすごく楽しくて発見があったけど、全部自分でしたがる性格ではあるんですよね。ここ3年くらいは髪の毛も自分で切っているし。うまくいかずに「兄弟 II」のMVでは全部髪を上げて撮影したんですけど(笑)。

あははは。できるできないではなく、何でも自分でやっちゃうと。

はい。制作チームのみなさんと一緒に作る中で、誰かと一緒にやる喜びを感じているところですけど、根本的には何でも自分でしたいのは変わらないです。米津玄師さん、BUMP OF CHICKENの藤原基央さん、星野 源さんとかマルチに活動されている方に憧れがあるし、斎藤和義さんもいろんな楽器を演奏できるのがカッコ良いなって。だから、一緒に制作していただく方に甘えるのではなく、自分自身でもできる範囲を広げたいですね。絵を描くことが作曲にもつながっていくことがあると思うし、ジャケットだけじゃなくて、弾き語りを自分のスマートフォンで撮影してMVを作ったり、全てが相乗効果で作用し合って、自分自身が成長していけたらいいなと思います。

取材:阿部美香

配信シングル「兄弟 II」2021年9月8日配信開始
    • lemon syrup/NEW WORLD RECORDS
    • LS-005
    • ※各ストリーミングサービス/ダウンロードサイトにて配信
配信シングル「ライブハウスブレイバー」2021年8月4日配信開始
    • lemon syrup/NEW WORLD RECORDS
    • LS-004
    • ※各ストリーミングサービス/ダウンロードサイトにて配信中

ライヴ情報

『近石涼『Chameleon』2022』
[2022年]
1/22(土) 兵庫・神戸VARIT.

近石 涼 プロフィール

チカイシリョウ:1995年12月17日、阪神淡路大震災後の神戸に生まれる。幼少期にピアノを習い始めたのが音楽との出会い。中学3年の頃よりギターを弾き始め、高校生になるとYouTubeにカバー動画をアップし始める。14年にTOKYO FM『SCHOOL OF LOCK!』主催「閃光ライオット」コピバンステージ出演。初めて作った曲「シンガー」が『COMIN’KOBE16』のオーディションにてグランプリを獲得。20年関西最大級の音楽コンテスト「eo Music Try 19/20」にて準グランプリ受賞。21年ラジオ局「FM802」と「グランフロント大阪」が支援するプロジェクト「MUSIC BUSKER IN UMEKITA」ライセンスを取得する。自主制作作品のリリース、21年は配信シングルを連続で発表するなど、精力的に活動を続け、12月にインディーズデビューアルバム『Chameleon』を発売する。22年1月には自身初のワンマンライヴ『近石涼『Chameleon』2022』も決定した。近石 涼 オフィシャルHP

「兄弟 II」MV

「ライブハウスブレイバー」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着