岡咲美保

岡咲美保

【岡咲美保 インタビュー】
考えても分からないことが
たくさんあるなら、
明るいことを考えよう

声優としてキャリアを重ねてきた岡咲美保がシングル「ハピネス」で待望のアーティストデビュー! パワフルでエネルギッシュな歌声と卓越した表現力は、新人としてはまさしく規格外だ。DECO*27提供のナンバーに“ハピネス”と不退転の決意を乗せて、止められない想いがあふれ出すアッパーチューンが、今、新しい未来の扉を開く。

まるで私自身への手紙のような内容で、
歌詞を見た時にすごくしっくりきた

「ハピネス」を聴かせていただきましたが、とにかく表現力が素晴らしいです。

えー! 嬉しいです!!

声優さんなので芝居心があるのは当然とはいえ、例えば学生時代は演劇部だったとか、特別に演技を勉強されていた経験もおありなんでしょうか?

演劇部ではないんですけど、高校生の時は放送部で朗読をやっていましたね。当時から声優を目指していたので、そこで自分なりに本を解釈して読むということをしていたのと、学業と並行して通っていた日本ナレーション演技研究所でも演技の勉強はしていました。歌を通しての表現はお芝居とはまた違った難しさがあるから、そのあたりはこれからもっと突き詰めていきたいと思っていますが、今、自分ができる精いっぱいの表現ができたらいいなと思っていたので、そう言っていただけると嬉しいですね。

そもそもデビュー曲がDECO*27さんの提供による完全オリジナル曲というのにも周囲の期待がうかがえるなと。

ありがとうございます。レコーディングで歌う際も、DECO*27さんから“この曲の主人公は岡咲さんなので”という言葉をいただいたんですよ。学生時代からずっとDECO*27さんのファンだったので、プロデューサーさんに“デビュー曲、DECO*27さんに決まったんで頑張りましょう”と伝えられた時の私の喜びようは、もう本当にすごかったです!

特に影響を受けたり、好きだったアーティストは?

小さい頃からアニソンもJ-POPも聴いて口ずさんでいたのですが、中学生の頃に声優というお仕事を意識するようになり、中でも水樹奈々さんを知った時、“声優ってキャラクターに声を当てながらも、歌を通してさまざまな景色を見せられるすごい職業なんだなぁ”と刺激を受けたんです。水樹さんは“声優になりたい!”と決意するきっかけをくださった特別な存在ですね。

そんな水樹さんと同じ声優アーティストとしての第一歩を、今回ようやく踏み出せたというわけですね。

ありがとうございます! 声優としてキャラクターソングを歌わせていただく機会も増えていく中で、“やっぱり歌うことが好きだな”と確認できたタイミングに、今度は岡咲美保として楽曲を届けられる立場にお誘いいただけたので…本当に幸せ者です。まさか自分にそんなチャンスが巡ってくるなんて思っていなかったのでもちろん驚いたのですが、瞬間で喜びに変わりました。“やりたいです! 嬉しいです! やらせてください!”みたいな感じですね(笑)。しかもデビュー曲としていただいた楽曲は、まるで私自身への手紙のような内容になっていて、歌詞を見た時に…なんと言うか、すごくしっくりきたんです。“こうだよ!”とメッセージを押しつけるんじゃなく、受け取り側の状況に柔軟に合わせられるというか、いい意味で抽象的な言い回しが自分の考え方にもリンクして。“何か悩んでいることがあっても少しずつ頑張っていこうよ”というメッセージのベースにある“幸せ”というのは、私も人生の中でもキーワードとして大切にしている言葉ですし、“ハピネス”というタイトルも含め、ひとつひとつの単語が私の感覚に合っていました。

きっとDECO*27さんが岡咲さんのことをよく理解した上で書いてくださったんでしょうね。

そうですね。以前に「愛なんですよ」(2021年1月発表のメディアミックス新プロジェクト『MILGRAM』第七弾シングル)というキャラクターソングでDECO*27さんとご一緒させていただく機会があって。そこで私の歌声や表現の仕方を摑んでくださっていたんだなというのは、「ハピネス」のディレクションの時にも感じました。

応援ソング的な力強さもある曲で、アーティスト資料に書かれている“ハッピーオーラあふれるエネルギッシュな歌声”という形容もぴったりです。

そこは“カッコ良く書いていただいてありがとうございます!”って感じなんですが…(笑)。オーラって自然と人に伝わっていくものなので、私の歌を通して、聴いてくださった方にハッピーな気持ちを届けられたら最高だと思っています。AメロやBメロには《超いい感じだ》や《笑えたらおっけーだよ》など、ポジティブなメッセージが可愛く緩い表現で入っていて、そこから一気に《きらめく世界の中心で 失くしたくないと思っちゃったの》というサビの決意表明に押し上げていくのがすごく素敵なんです! 《終わらせないように》という最後のワードも、“始めたからには終わらせない!”というデビューにあたっての私の気持ちとリンクしていたので、ブレーキをかけられないような曲の勢いにつなげられたらいいなと思って全力で歌わせていただきました。
岡咲美保
岡咲美保
シングル「ハピネス」【CD+Blu-ray盤】
シングル「ハピネス」【通常盤】

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着