内田雄馬

内田雄馬

【内田雄馬 インタビュー】
純粋に自分が今やりたい音楽を
やらせていただいた

音楽の持つエネルギーが
何に力を与えるのか? 

1曲目の「You & I」は声をサンプリングして作っているのが印象的でした。

冒頭のコーラスや歌は全ライン自分で歌っているんですけど、途中でコーラスの声をサンプリングして使っています。前作『HORIZON』の1曲目「Harmony of waves」は完全に僕の声だけで作ったのですが、声を使うことはアーティストデビューする前から自分がやってきたことですし、声は自分を象徴するものなので、声をフィーチャーした曲は今回も入れたいと思ったんです。こういう曲はこれからもアルバムに入れていきたいと思っています。

「You & I」の歌詞には《=life》とか《=dream》などが出てきて、アルバムで表現したいろんなイコールを表していますね。

音楽の持つエネルギーが何に力を与えるのか? 僕はそういう解釈で歌っています。音楽は聴いた人の人生を豊かにするものだと思っているのですが、実際に豊かにするのは僕ではなく聴いてくれた“あなた”自身なんです。“あなたの受け取り方次第で変わる”という部分では、「Wonderful World」も同様のメッセージを込めていますね。

その「Wonderful World」には《世界中で1人自分は孤独だと/思ってる君へと伝えたいこと》という歌詞もありますね。

“あなた次第で世界は素晴らしいものになる”と。それこそどう受け取るかなんです。僕自身も家にひとりでいて“孤独だな〜”と思う時がありました。そんな時に求めた曲が、まさしくこういう元気さやポジティブさのあるものでした。そして、僕がこういう曲を欲したと同様に、求めている人はたくさんいると思ったので、このアルバムではそういった曲を歌いたかったんです。

「I'm not complete」はコーラスとか歌い上げがすごいですね。

以前からゴスペルをやりたいと思っていて、そんな想いを汲んでいただき、前回のアルバムを作り終えたくらいに作ってもらった曲です。歌い上げているフェイクはデモ段階から考えていただいた部分に加えて、自分でアレンジして歌っているところもあります。ゴスペルはみんなと一緒に歌うものなので、本当はライヴでみんなと一緒に歌えたらいいんですけど…。みんなの気持ちを僕が歌でひとつにできたらいいなと思っています。

歌詞の最後に《心から伝えるよ/本当にありがとう》とあるのは、ファンへの感謝の気持ちも感じさせます。

そうですね。ただ、あまりにも締め括り感が強くて、ここで完結してしまうのも違うと思って、ラストの「向かうべき場所へ」という曲が生まれたんです。ここまで歩んでこられたのは、今までの道のりを一緒に歩んでくれたみんながいたからで、だからありがとう…と「I'm not complete」は歌っていて。そして、“さらなる先へ行こう!”と伝えたかったんです。内田雄馬の音楽のテーマは挑戦なので、もっと先を感じさせてアルバムを締め括りたくて。

「向かうべき場所へ」はラップもあって歌詞の文字量が多いのですが、それだけメッセージが詰まっているわけですね。

歌うのが大変でした(笑)。Bメロはほぼ全部ラップなので、これも挑戦でしたね。でも、リズムよりも言葉で伝える曲というイメージで歌っています。いつもはお芝居で台詞として気持ちを表現していますけど、それとはまた違う感覚というか、“言葉で伝える”という意識でした。メロディーはあるけど、より真っ直ぐな言葉に近いかたちで伝えるのが難しかったです。

アルバムには「BRIGHT SIGN」のようなロックもあって。

疾走感があって、アルバムを引っ張ってくれる楽曲ですね。作詞の磯谷佳江さんが前向きな美しい言葉で歌詞を書いてくださいました。この曲が終盤にあることで、よりグッと刺さってくれるんじゃないかと思います。

「Mirror」はシティポップを感じさせますね。

最後にレコーディングした曲なんですけど、自分と向き合うことをテーマにしました。曲調は“シティポップを歌いたいです”と自分から提案をさせてもらいましたね。

シティポップも聴くんですね。

音楽活動をする上でいろいろなジャンルの音楽を聴いたほうがいいと思って、たくさん聴いているんですけど、その中でもシティポップは好きですね。もともとORIGINAL LOVEさんなどが好きですし、それにシティポップはソウルなどブラックミュージックがルーツのひとつにあるので、今まで好きで聴いていたR&Bとも近しいところがあって。

最近はどんなアーティストを聴いているのですか?

THE CHARM PARKさん、大橋トリオさんなどの温かい系のシティポップが落ち着きますね。あと、Nulbarichさんもよく聴いています。

そして、10月には千葉・幕張メッセイベントホールでのライヴが控えているという。

はい! 前回が2020年2月24日の東京・パシフィコ横浜 国立大ホールで、1年半振りのライヴになるのですごく楽しみです。パシフィコ以降のシングルのカップリング曲など、まだライヴで披露していない曲がたくさんありますし、この1年半で成長した部分もあるので、それがどうライヴに表れるかを自分でも楽しみにしています。

取材:榑林史章

アルバム『Equal』2021年9月22日発売 KING RECORDS
    • 【完全生産限定BOX】(CD+Blu-ray)
    • KIZC-90631~2
    • ¥7,700(税込)
    • 【CD+BD盤】(CD+Blu-ray)
    • KIZC-633~4
    • ¥4,070(税込)
    • 【通常盤】(CD)
    • KICS-4021
    • ¥3,300(税込)

ライヴ情報

『YUMA UCHIDA LIVE 2021「Equal Sign」』
10/16(土) 千葉・幕張メッセイベントホール
10/17(日) 千葉・幕張メッセイベントホール

内田雄馬 プロフィール

ウチダユウマ:2013年に声優デビューし、数々の人気作で存在感を発揮。その一方で自身の出演作品のライヴイベントでは高い歌唱力も披露。歌の活動に期待が高まる中、さわやかにどこまでも突き抜ける声とキレのあるダンスを武器に、18年5月にシングル「NEW WORLD」でアーティストとしてデビュー。19年3月に『第13回声優アワード主演男優賞』を受賞、同年秋からは初の単独ライヴツアーを開催し、追加公演をパシフィコ横浜にておこなった。内田雄馬 オフィシャルHP

「I'm not complete」
Easy Listening Clip

「DNA」MV

「BRIGHT SIGN」Easy Listening Clip

「Wonderful World」
Easy Listening Clip

「equal」MV

「Comin’ Back」MV

「SHAKE!SHAKE!SHAKE!」
MV

「Image」MV

「Over」MV (Short ver.)

「Rainbow」MV (Short ver.)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着