加藤和樹

加藤和樹

【加藤和樹 インタビュー】
全て一発録りで聴かせる
15周年記念アルバム

楽曲の世界観をどう表現するのかを
すごく考えるようになった

そして、DISC2にはカバー曲が収録されていますが、どのように選曲されたのでしょうか?

ファンの方のリクエストと、僕が今歌い継ぎたい曲に重きを置いて選曲させていただきました。

シンプルながらも難しい曲が集まっているように感じましたが…

そうなんです! シンプルな曲は伝えるのが難しいんですよ。ピアノ一本で歌っているからこそ、誤魔化しは通用しないんですよね。ピアニストの方とふたりの空気感、テンポなど、これもその場で“せーの!”で合わせたものだったので、歌の力、言葉の持つ力が如実に浮き彫りになると感じました。

では、このDISC2で改めて素敵だなと感じた曲を教えてください。

ずっと聴いてきた曲とはいえ、福山雅治さんが作詞作曲を手がけた「Squall」はカバーしたことによって、改めて歌うことの難しさを実感しましたね。中西保志さんの「最後の雨」もカラオケでよく歌っていたんですけど、カバー曲として歌うとなった際、原曲へのリスペクトとして自分の癖を全部フラットにして向き合うことが大事だと思ったんです。自分の癖が出たまま歌ってしまったら、それこそカラオケになってしまいますからね。カラオケとカバーの違いは何かと言ったら、ちゃんと曲と向き合うことで出てくる表現の仕方なのかなと思ったんです。

ちなみに加藤さんが思う自分の癖とはどんなものなのでしょうか?

曲によって違うんですが、わりとアタックという、音のとらえ方が他の人より少し遅いんですよね。ちゃんと声が音に当たるまでにラグがあるんです。なので、そこを一発でスパンと当てられるような感覚を意識するんですよ。その癖が出てしまうと、音がずれて聴こえたり、ピッチが合っていないように聴こえることがあって。いつもそこを細かく修正しながら歌うんですが、そこをもっと意識的にやらないと雰囲気だけで歌ってしまうことになるんですよね。バンドで歌うとそれが味になったりもするんですが、先ほど言ったようにピアノと歌声だけだと誤魔化しが効かないので、より音をしっかりキャッチできるように意識して歌いました。

その癖にはどのようにして気づいたのですか?

今までは気づいていなかったんですよ。でも、歌っていくうちにどこか甘さを感じるようになってきたんですよね。楽しい中にもそういった感覚を研ぎ澄ませていないと、ちゃんとした表現にならないと思うので、より聴いてくれる人たちが気持ち良くなるような歌を歌い続けていきたいですね。

そんな加藤さんはアーティスト活動と俳優を続ける中で、改めて“歌う”ということをどうとらえていらっしゃるのでしょうか?

自分の楽曲ってひとつの物語なんです。その世界観をどう表現するのかをすごく考えるようになりましたね。ミュージカルをやる前は“言葉をもっと大事に届けなくちゃ、もっとうまく歌わなくちゃ”という印象が強かったんですが、ミュージカルと出会い、その考え方がガラッと変わりました。ミュージカルって歌ってはいますが、あれは歌ではなくて台詞なんです。よく“ミュージカルでは歌を歌うな”と言われるんですが、実際にそうなんですよね。観ている人たちがそのまま世界に入り続けるためには、役者が世界観や空気感、物語をしっかりと作っていないとダメなんです。それを経験してからは、自分の曲でもイントロが鳴って、自分の居方でお客さんがどう惹き込まれていくのかを想像しながら世界観を作り、主人公をどう伝えていくかを考えるようになりましたね。

なるほど。本当にたくさんの舞台やライヴを経験した15年でしたね。

ありがたいことに、そうですね。でも、僕、本番にすごく弱いんですよ。

え!?

特にライヴは今でもすごく緊張するんです。これは15年間ずっと変わっていないですね。でも、この緊張がなくなってしまったらダメだと思うんです。今後もこの緊張感を持ち続けながら、いいライヴをしていきたいですね。

取材:吉田可奈

アルバム『K.K ベストセラーズⅡ』2021年9月15日 Imperial Records
    • 【初回限定盤】(2CD+60Pフォトブック)
    • TECI-1736
    • ¥6,500(税込)
    • 【通常盤】(2CD)
    • TECI-1738
    • ¥4,500(税込)

ライヴ情報

『Petit VOICEFUL WORLD TOUR 2021』
※FC会員限定のイベントとなります。
11/13(土) 広島・Live space Reed
11/17(水) 北海道・札幌SPiCE
11/19(金) 宮城・仙台darwin
11/23(火) 新潟・GOLDEN PIGS RED
11/28(日) 愛媛・松山サロンキティ
12/03(金) 愛知・名古屋CLUB QUATTRO
12/12(日) 福岡・DRUM LOGOS
12/18(土) 大阪・梅田Banana Hall
12/30(木) 東京・新宿FACE

『Kazuki Kato Piano Live Tour 2021』
11/14(日) 広島・Live Juke
11/16(火) 北海道・札幌ペニーレーン24
11/20(土) 宮城・仙台LIVE DOME STARDUST
11/24(水) 新潟・GIOIA MIA
11/27(土) 愛媛・松山MONK
12/02(木) 愛知・名古屋ボトムライン
12/11(土) 福岡・Gate's 7
12/19(日) 大阪・心斎橋JANUS

『Kazuki Kato Live “GIG” Tour 2021 -REbirth-』
12/09(木) 金川・川崎CLUB CITTA’
12/13(月) 福岡・DRUM LOGOS
12/15(水) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
12/16(木) 大阪・心斎橋BIG CAT
12/23(木) 東京・豊洲PIT

加藤和樹 プロフィール

カトウカズキ:2005年にミュージカル『テニスの王子様』で脚光を浴び、06年4月にミニアルバム『Rough Diamond』でCDデビュー。その後、コンスタントにCDリリースや日本武道館をはじめ、日比谷野外音楽堂など単独公演や全国ライヴツアーを開催。また、09年からは韓国、台湾、中国でもCDデビューを果たし、上海や北京、韓国でもライヴを行ない雑誌の表紙などを飾るなど海外にも活動の場を広げている。現在は歌手・俳優はもちろん、声優としても活躍中で、10代~60代のファンを持つと各界が注目をしている。加藤和樹 オフィシャルHP

「Squall」(SPOT Ver.)

アルバム「K.KベストセラーズⅡ」
DIGEST

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着