ジャンルにとらわれない、Tokyo The
oryのメロディーライン

自分たちだけの色を見つけて

こだわりぬいた無駄のない構成とジャンルを自由に乗りこなすボーカルは、まさしくニュー・ミクスチャー。“東京に生きる”をテーマに掲げ、都会的な音楽を放つ彼らこそ、
だ。
SOUND YOUTH2019で優勝した
のメンバーを中心に、2020年1月に結成。海外のHIPHOPやオルタナティブに影響を受け、洗練されたサウンドを鳴らしている。
以降、ミクスチャーと掲げるバンドを見かけることが増えたが、Tokyo Theoryがそれらと大きく異なるのは、Kazukiのボーカルではないだろうか。彼は国内外問わずHIPHOPやロックを耳にする一方、ジャニーズなどの王道J-POPも好む。様々なジャンルを分け隔てなく聴いているからこそ生み出せるメロディーラインは、間違いなくTokyo Theoryの強みだ。
先日配信が開始された『slow dance』には、スローバラ―ドの「slow dance」とオールドスクールを感じさせる「The scheme」を収録。新たなTokyo Theoryに出会える1枚へと仕上がった。

Tokyo Theory アーティストページ

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着