(左から)佐藤健、阿部寛、林遣都  (C)エンタメOVO

(左から)佐藤健、阿部寛、林遣都  (C)エンタメOVO

佐藤健「阿部さんって、LINEとかされ
るんですか?」 阿部寛「スタンプと
いうか、にこにこみたいな、線になっ
てるやつを使います」

 映画『護られなかった者たちへ』公開直前イベントが20日、東京都内で行われ、出演者の佐藤健、阿部寛、林遣都と瀬々敬久監督が登壇した。
 本作は、中山七里氏による同名小説を映画化。東日本大震災から10年目の仙台を舞台に、不可解な殺人事件の真相と、その裏に隠された切ない真実を描く。殺人事件の容疑者・利根を佐藤、利根を追う刑事を阿部と林が演じた。
 「共演者のスゴイと思ったところ」を尋ねられた佐藤は、雨中の逃走シーンで、「本当に阿部さんはタフでした。われわれ、めちゃくちゃ走ったけど、阿部さんは全然ピンとされていて…」と振り返った。
 林も「付いていくのに必死でした。速いし、バテないしで、すごいなと思って。歩幅が違うので全然かなわなかったです」と同意した。
 それを聞いた阿部は「そのときは大丈夫だったのですが、その後、半年苦しみました。足が変になっちゃって。年を取ると後からくるので」と苦笑した。
 逆に阿部は「現場に入ったときの佐藤くんの集中力のすごさが圧巻でした。実際に利根という容疑者がそこにいるんじゃないかと思いました」と語った。
 林も「物語の登場人物が生身でそこに存在しているかのようでした。また、利根ではあるのですが、『初めて見る佐藤健だ』と思って。他の人には感じたことのないオーラを感じました」と明かした。
 また、「聞いてみたかったこと」というお題では、佐藤が阿部に「阿部さんって、LINEとかされるんですか?」と質問。
 阿部が「僕、LINEするんですよ」と答えると、佐藤は「スタンプとか使われたりするんですか?」と興味津々な様子で追及。
 阿部が「スタンプというか、にこにこみたいな、線になってるやつを使います」と答えると、佐藤はさらに質問を重ねて笑いを誘った。
 映画は10月1日から公開。

アーティスト

エンタメOVO

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着