世界の話題作、最新作を上映する「ガラ・セレクション」部門では10本を上映

世界の話題作、最新作を上映する「ガラ・セレクション」部門では10本を上映

第34回東京国際映画祭のフェスティバ
ルソングは「millennium parade」 
予告編がお披露目

世界の話題作、最新作を上映する「ガラ・セレクション」部門では10本を上映 10月30日~11月8日に開催される「第34回東京国際映画祭」の予告編が、このほどお披露目された。
 映像には、オープニング作品「クライ・マッチョ」(クリント・イーストウッド監督)、クロージング作品「ディア・エヴァン・ハンセン」(スティーブン・チョボウスキー監督)のほか、「ガラ・セレクション」部門(これまでの「特別招待作品」部門から名称変更)にラインナップされた全10本中9本の映像を使用。“国際映画祭”の名にふさわしい国際色豊かな内容となっている。
 また「King Gnu」の常田大希が率いる気鋭の音楽プロジェクト「millennium parade」による「Bon Dance」が“フェスティバルソング”として使用されている。同楽曲は、夏の夜に不思議な世界に迷い込み、妖怪たちの“百鬼夜行”に遭遇する少年少女の一夜限りの思い出を描いたもの。その“お祭り感”が映画祭のフェスティバル感ともマッチしたものになっている。8月に同曲のMVを公開した際、常田は下記のようにコメントを発表している。
 常田「今皆さんそれぞれが耐え忍ぶ毎日を送っていると思います。元通りの世の中に一刻も早く戻れる事を祈ってお盆にあの曲のMVを公開しました。無くなった夏祭りの代わりに、ささやかな我々の夏祭りをどうぞ。大密なMVになってます」
 なお「ジャパニーズアニメーション部門」では、創成期から活躍し、3月に亡くなったアニメーター・大塚康生氏のレトロスペクティブで歴史を振り返り、「2021年、主人公の背負うもの」というテーマで最新アニメが描こうとしているものに注目。「特撮部門」は、生誕50周年を迎えた「仮面ライダー」シリーズの特集が企画されている。
 「第34回東京国際映画祭」は、 日比谷、有楽町、銀座地区にて、10月30日~11月8日に開催。オープニング&クロージング作品、「ガラ・セレクション」部門作品の一覧は、以下の通り。
「クライ・マッチョ」(オープニング作品/クリント・イーストウッド監督)
「ディア・エヴァン・ハンセン」(クロージング作品/スティーブン・チョボウスキー監督)
「GENSAN PUNCH 義足のボクサー(仮題)」(ブリランテ・メンドーサ監督)
「タミー・フェイの瞳」(マイケル・ショウォルター監督)
「チュルリ」(リジョー・ジョーズ・ペッリシェーリ監督)
「パワー・オブ・ザ・ドッグ」(ジェーン・カンピオン監督)
「Hand of God 神の手が触れた日」(パオロ・ソレンティーノ監督)
「フレンチ・ディスパッチ ザ・リバティ、カンザス・イヴニング・サン別冊」(ウェス・アンダーソン監督)
「MEMORIA メモリア」(アピチャッポン・ウィーラセタクン監督)
「ラストナイト・イン・ソーホー」(エドガー・ライト監督)
「リンボ」(ソイ・チェン監督)
「Raging Fire(英題)」(ベニー・チャン監督)
【関連リンク】・第34回東京国際映画祭(TIFF)公式アニメ特集

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着