主題歌はリアム・ペインの「Sunshine」に決定
10月22日(金)全国公開

主題歌はリアム・ペインの「Sunshine」に決定
10月22日(金)全国公開

ポンコツでも最高のトモダチ 「ロン
 僕のポンコツ・ボット」予告編 日
本語吹替版には関智一&小薬英斗が参

主題歌はリアム・ペインの「Sunshine」に決定10月22日(金)全国公開(c)2021 20th Century Studios. All Rights Reserved. ひとりぼっちの少年と、ポンコツだが愛らしいロボット型デバイス“Bボット”の冒険を描いたアニメーション映画「ロン 僕のポンコツ・ボット」の予告編と場面カットが、このほど披露された。あわせて関智一と小薬英斗が、日本語吹き替え版の声優を務めていることも発表された。
 本作はウォルト・ディズニー・ジャパンが配給を担う、イギリスのロックスミス・アニメーション初の劇場長編アニメ。物語の題材は、ネット、写真、通話、テレビ、ゲーム、音楽などあらゆるデジタル機能を備え、持ち主にぴったりな友達を見つけてくれる、夢のようなデバイス“Bボット”だ。誰もがそんな“Bボット”と暮らし、仲間とつながっている世界で、友だちのいない少年バーニーのもとに届いたのは、不良品のロンだった。
(c)2021 20th Century Studios. All Rights Reserved. 予告編では、オンラインに接続できず、スマートな友達探しができないロンが、バーニーのため「友達になって」と、お手製の“友達リクエスト”シールを街中に貼って回る、アナログでほほ笑ましい様子が切り取られている。さらに「僕はがっちりセキュリティ管理されてない」という、物語のカギを握るロンの秘密も明らかに。ほかの“Bボット”たちにはない、特別な何かを持つロンは、やがて製造元のバブル社に危険な不良品と見なされ、廃棄処分対象として追われることになる。「ポンコツでも最高のトモダチ!」というテロップとともに、絆を深めたふたりの冒険が期待をあおる。
(c)2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.(c)2021 20th Century Studios. All Rights Reserved. さらに主題歌は、世界的ボーイズグループ「ワン・ダイレクション」のメンバーで、同グループの活動休止後、ソロデビューを果たしたリアム・ペインの「Sunshine」に決定。またペインは英語版の声優としても参加している。「僕はディズニーの大ファンなので、この作品に携われることは夢のようです。皆さんに『Sunshine』を聞いてもらい、『ロン 僕のポンコツ・ボット』を見てもらうのが待ち遠しいです。本当に楽しかったです!」とコメントを寄せた。MV(https://youtu.be/H4S3K1VTr8I)には、本作のキャラクターたちが登場。ペインがロンやバーニーと同様、草むらに寝転んで歌う姿もおさめられている。
 日本語吹き替え版では、「鬼滅の刃」「呪術廻戦」などの関がロンの声を務める。「アクアマン」の日本語吹き替え版などで知られる小薬が、バーニー役を担った。
 「ロン 僕のポンコツ・ボット」は、10月22日に全国公開。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着