ミュージカル『オリバー!』子役キャ
ストたちに訊いた~(2)フェイギンの
ギャング団<ペッカム>チーム

19世紀英国の文豪ディケンズの小説「オリバー・ツイスト」を原作として、英国のソングライター、ライオネル・バートによって創り出されたミュージカル『オリバー!』の新演出版がいよいよ、東京・東急シアターオーブ(プレビュー公演:2021年9月30日~10月6日、本公演:10月7日~11月7日)と大阪・梅田芸術劇場メインホール(12月4日~12月14日)で上演される。
このミュージカルの最大の特徴は、子役俳優たちが多数出演することだ。難関のオーディションをくぐり抜けてきた優秀な少年少女たちが繰り広げる歌と踊りの光景は、息をのむほどの壮観を呈することとなるだろう。
SPICEでは、そんな彼ら彼女ら一人ひとりを、Q&A形式でフィーチャーしていく。今回は、フェイギンのギャング団<ペッカム>のチームを紹介する。

■日暮誠志朗(ひぐらしせいしろう)/チャーリー・ベイツ役
日暮誠志朗
2007年12月17日、兵庫県生まれ。主な過去出演作品:(日本)『ビリー・エリオット』マイケル役、『ピピン』テオ役、『ブロードウェイ・クリスマス・ワンダーランド』キッズダンサー・アクター、『エビータ』子役アンサンブル。(米国)『ソーシャル・ディスダンシング』ゲストダンサー、『クリスマス・スペクタキュラー』ゲストシンガー、『VVTベネフィット・コンサート』ゲストシンガー、など。
【Q】チャーリー・ベイツは、どんなキャラクター?
【A】ギャング団の古株で、仲間から信頼されています。いつもジンを飲んでいて、盗みの腕も立つ“ちょい悪”だけれど、ユーモアがあって、仲間を思いやれるいい奴なんじゃないかと思っています。
【Q】チャーリー・ベイツがギャング団に加わった理由を、想像でいいので教えてください。
【A】温かな家庭に生まれたチャーリー・ベイツでしたが、幼い頃に家族全員を流行り病で亡くし、途方に暮れているところをフェイギンに拾われました。ある日、フェイギンの所に自分の家族の物があったことから彼が泥棒であることに気づきますが、身寄りもないので、食べていくために仕方なく泥棒を始めたのでした。(全部、僕の想像です!)
【Q】役作りのためにしていることは?
【A】原作によると、チャーリー・ベイツは、ビル・サイクスの恐ろしさを目の当たりにし、ロンドンを去ります。その後、苦労して更生し、まっとうな人間になったという彼の人生を想像しながら、お稽古をしています。作品については、英語版・日本語版の小説を読んだり、映画を観たりして勉強しました。英国で上演された舞台の楽譜で歌ったこともあります。昔の東宝の『オリバー!』のパンフレットが家にあったので、それも読んで当時の暮らしなどについて勉強しました。チャールズ・ディケンズ博物館の資料もとても参考になりました。
【Q】気になる共演者は?
【A】大人の共演者の皆さんです。たとえば、市村さんや武田さんが子どもの頃、どんなことをして、どんなことを考えて過ごしていたのかが気になります。
【Q】稽古で楽しかったことは?
【A】演出家のJ.P(ジャン・ピエール・ヴァン・ダー・スプイ)さんや振付家のジェフ(ジェフリー・ガラット)さんが、こうやってみよう、ああやってみようと、シーンを作っていきながらお稽古をつけてくださるのがとても楽しいです。
【Q】稽古で苦労したことは?
【A】苦労というか、激しい動きが多くて持久力がいるのですが、その分、観ていてめちゃくちゃ楽しいと思います!
【Q】『オリバー!』の魅力は?
【A】貧しくてもたくましく生きている人々のエネルギッシュな生きざまを、お芝居や歌やダンスで表現しているところが『オリバー!』の一番の魅力だと思います。コミカルなシーンもたくさんあって、きっと何回でも観たくなります! 毎日みんなでワクワクしながら作っているミュージカル『オリバー!』を、ぜひお楽しみにしていてください!

■福田学人(ふくだがくと)/ディッパー役
福田学人
2009年8月21日、千葉県生まれ。2019年『パニパニパイナ!ステージショー/ヤーだんと黄金のパイナップル』(リテイナーズ役)にて初ステージ。主な出演作として、Web「かんぽ生命~ぼくの夢ポケット篇」「星のドラゴンクエスト40周年記念WEB動画」、NHK BSP/「やっぱりおしい刑事」南田智也役)など。
【Q】ディッパーは、どんなキャラクター?
【A】ディッパー、キッパー、ニッパーの3兄弟の長男。ギャング団の中で唯一読み書きができ、団の中で一番知的です(……という指示を受けています)。
【Q】ディッパーがギャング団に加わった理由を、想像でいいので教えてください。
【A】ギャング団の中で一人だけ読み書きのできる子なので、裕福な家の子が変り映えしない毎日に飽きて家出をしてきた。でも行き場がなく困っていたところ、フェイギンのギャング団の存在を知り、団に加わったのだと思います。
【Q】役作りのためにしていることは?
【A】19世紀のロンドンがどのような情勢だったのかを映画で観て、理解しました。
【Q】気になる共演者は?
【A】ギャング団<ハックニー>チームの河合慈杏くん。英語がペラペラで、歌もダンスもとても上手だからです。
【Q】稽古で面白かったことは?
【A】「信じてみなよ(Consider Yourself)」パート3 のダンスで、キックの後に首を2回前に出すところで振付のジェフ先生が「鳥のように」と表現して、皆が先生自身の笑いにつられて大笑いしたことです。結局それはボツになりましたが……。
【Q】稽古で苦労したことは?
【A】「必ずここへ帰れ(Be Back Soon)」の歌、ダンスのテンポが速いので、声が裏返ってしまいます……頑張って克服します!!
【Q】『オリバー!』の魅力は?
【A】変化していくキャラクターの心情など、現代社会の今だからこそ心に響く何かがあると思います。その何かを感じていただけるよう頑張ります!

■山下光琉(やました ひかる)/ハンドウォーカー役
山下光琉
2010年2月12日、東京都生まれ。今回が初舞台。
【Q】ハンドウォーカーは、どんなキャラクター?
【A】普通では想像できないようなやり方でスリをしてギャング団のみんなを驚かせている、ギャング団のムードメーカーのような存在だと思います。
【Q】ハンドウォーカーがギャング団に加わった理由を、想像でいいので教えてください。
【A】街で大道芸をしているところを「これはスリをする時に使えそうだ!」と、フェイギンにスカウトされたのだと思います。
【Q】役作りのためにしていることは?
【A】ハンドウォーカーという名前から勝手に想像して、逆立ちで歩く練習をしています。本番までには、逆立ちしたままで何でもできるようになるかもしれません。
【Q】気になる共演者は?
【A】川口調くん、中村海琉くん、日暮誠志朗くん、河合慈杏くん、佐野航太郎くん。彼らは、2020年『ビリー・エリオット』のビリー役、マイケル役のみんなです。8か月間一緒にきびしいトレーニングをしてきたけれど、自分は最後のところでビリーになれなくて舞台に立つことができませんでした。今回オーディションに合格できて、一緒に『オリバー!』のお稽古をして舞台に立てることがとても嬉しいです。そして、武田真治さんも気になります。僕は、6歳からダンスとアクロバットをしていて、トレーニングとしての筋トレが趣味なので、是非筋トレを教えていただいて、武田さんのような筋肉を手に入れたいです。
【Q】稽古で楽しかったことは?
【A】同年代の仲間が沢山いるので、それぞれの得意なことを見たりするのがとても楽しいです。コロナがなかったらもっと色々できたのにと思うと、残念です。
【Q】稽古で苦労したことは?
【A】みんなとても歌がうまいので、僕も歌の練習を沢山しています。
【Q】『オリバー!』の魅力は?
【A】オリバーやドジャーだけでなく、ギャング団一人ひとりにも個性があって、フェイギンの もとで楽しんでいます。その姿を観てもらえたらうれしいです。

■河内奏人(こうち かなと)/スネイク役
河内奏人
2010年1月12日、東京都生まれ。主な過去出演作品:『ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド』カーリー役。TV:NHKアニメ『おちゃめなシモン』シモン役、Netflix『マイティ・エクスプレス』ネイト役。
【Q】スネイクは、どんなキャラクター?
【A】手先が器用で、足音を立てずに歩く。盗みの才能はあるが、リーダーにはまだなれない。実はナンシーをママだといいなあと思っている。
【Q】スネイクがギャング団に加わった理由を、想像でいいので教えてください。
【A】小さい時に両親とはぐれて一人になってしまい、やがて酔っ払いから財布をくすねたり、街中の紳士から財布をすって、なんとか生きてきた。手先が器用で、足音を立てず、いつのまにか財布を手に入れる。一人の紳士から、すれ違いざまに財布を盗んでお金を数えていたら、フェイギンに見つかり、財布を取り上げられた。しかし彼は追いかけてフェイギンから金を取り返した。フェイギンに、スリの才能と足の速さで役に立てると自分を売り込む。フェイギンも彼に可能性を感じ、スネイクと呼び、一緒に暮らさないかと誘う。「ソーセージを毎日食べさせてくれるのならいいよ」と条件をつけ、仲間になった。
【Q】役作りのためにしていることは?
【A】『オリバー!』の映画を観たり、スネイクはへびという意味なので、身のこなし方を工夫しようとしています。
【Q】気になる共演者は?
【A】二人のフェイギン=市村正親さん、武田真治さんが楽しみです。そしてミスター・バンブル役の小浦一優さん。迫力のある演技で怖いけど、普段は優しいのでギャップがすごいです。
【Q】稽古で楽しかったことは?
【A】演出のJ.Pさんと振付のジェフさんがフレンドリーで質問しやすく、一緒に舞台を作っていると感じられます。
【Q】稽古で苦労したことは?
【A】ダンスをかっこよく踊ること。
【Q】『オリバー!』の魅力は?
【A】素晴らしい共演者の方々の歌、ダンス、演技、そして美術、音楽、衣装で19世紀の英国を感じていただきたいです。僕たちも地面が揺れるくらい歌って踊りたいと思います。

■花井 凛(はない りん)/キング役
花井 凛
2009年2月9日、千葉県生まれ。主な過去出演作品:任天堂CM、侍ジャパンPVなど。大きな舞台出演は本作が初めて。
【Q】キングは、どんなキャラクター?
【A】いたずら好きで気が強く、少し偉そうだけど、仲間思いで本当は優しい性格だと思います。
【Q】キングがギャング団に加わった理由を、想像でいいので教えてください。
【A】キングは家にいた頃もいたずらばかりしていて親が我慢できなくなり、追い出されます。そして、ロンドンの街を何日もさまよっていたところを、ギャングの仲間が助けてくれました。生きるためにフェイギンのギャング団に加わったのだと思います。
【Q】役作りのためにしていることは?
【A】映画『オリバー!』のDVDを何度も観て研究したり、原作小説を読み、それぞれの人物がどのような性格で、この場面ではどのような気持ちだったかなどを考えました。
【Q】気になる共演者は?
【A】大人キャストの小林遼介さんと大久保徹哉さんです。小林さんは「信じてみなよ(Consider Yourself)」の時にパワフルな声で歌っていて、どうやってパワフルに歌っているのかな?と思いました。踊っている時もパワフル・ボイスが消えることがないので、それをお手本に、僕も声が小さくならないよう頑張りたいです!
【Q】稽古で楽しかったことは?
【A】楽しかったのは、振り付けの時と、実際に踊りながら歌っている時です。特に踊りながら歌っている時はすごく大変だけど、振りの中で誰かとコミュニケーションが合ったりすると心が躍ります!
【Q】稽古で苦労したことは?
【A】やはり一番は長い振り付けを覚えることです。しかもその長い振り付けを歌いながらやらないといけないので覚えるのが大変です! だけどそれに負けずに日々努力したいです。
【Q】『オリバー!』の見どころは?
【A】見どころは「信じてみなよ(Consider Yourself)」と「必ずここへ帰れ(Be Back Soon)」です。「信じてみなよ」は「誰もが仲間」というドジャーたちの優しさがあふれる曲です。この曲は本当に良い曲なのでぜひ楽しんで聴いて欲しいです! 「必ずここへ帰れ」は、フェイギンたちの強い絆が見える愉快な曲です。聴いた人の心に残る曲だと思います。またダンスもすごく愉快なのでぜひ観てほしいです!

■本田伊織(ほんだいおり)/キャプテン役
本田伊織
2010年2月16日、埼玉県生まれ。9歳で初舞台を踏み、『秀山祭九月大歌舞伎』の「菅原伝授手習鑑 寺子屋」四郎蔵役を務める。主な出演作に、『アンナ・カレーニナ』(公演中止)、『しまじろうのわお!』カンタムーチョ(TX)、『THE BELL』(10歳のショウタ役)、日食なつこ「エピゴウネ」、三井不動産など。
【Q】キャプテンは、どんなキャラクター?
【A】とても元気でパワーあふれるキャラクターだと思います。
【Q】キャプテンがギャング団に加わった理由を、想像でいいので教えてください。
【A】必死に生きていくために、自分と同じ境遇の仲間と暮らしたのだと思います。
【Q】役作りのためにしていることは?
【A】原作を読み、映画も観ました。座り方や歌い方など、悪ガキを意識しています。
【Q】気になる共演者は?
【A】オリバーの4人は歌声がとてもキレイです。ギャング団のみんなは、いつも一緒にお稽古を頑張っていて、僕にパワーをくれます。
【Q】稽古で楽しかったことは?
【A】みんなで歌って踊るお稽古はいつも楽しいです。
【Q】稽古で苦労したことは?
【A】ダンスが難しくて間違えることもありましたが、みんなで何度も練習し息を合わせました。
【Q】『オリバー!』の魅力・見どころは?
【A】キャストみんなで作る『オリバー!』の世界は素晴らしく、僕と同じ小学生もいっぱい出演してます。小学生の皆さんにも観てもらいたいです。

■杉本大樹(すぎもとだいじゅ)/スティッチム役
杉本大樹
2008年12月9日、東京都生まれ。最年少レゲエダンスアジアチャンピオン他、数々のコンテストで優勝。TV『めざましTV』キラビト出演。PV、アーティストバックダンサー、モデル他。現在は、EXPG育成候補生として活動しています。
【Q】スティッチムは、どんなキャラクター?
【A】スティッチムはタフで元気、器用な子だと思います。また、オリバーのように愛に飢えていて、仲間を家族のように思っていると思います。
【Q】チャーリーがギャング団に加わった理由を、想像でいいので教えてください。
【A】寂しくて、住む場所がない中、愛してくれるフェイギンに出会い、盗みを教えてくれて仲間になりたいと思ったのがきっかけだと思います。
【Q】役作りのためにしていることは?
【A】映画を観たり、台本を読んで自分の役についてよく考えたりしています。
【Q】気になる共演者は?
【A】市村正親さんと武田真治さんです。お二人とも、注目されている方々ですが、とても優しい人なんです。気さくに話しかけて下さり、時にはアドバイスをして下さいます。
【Q】稽古で楽しかったことは?
【A】みんなで協力して一つの作品を作ったり、色々な場面で子供から大人まで交流することが楽しいです。また、本物の小道具、セットを使って練習することも楽しみの一つです。
【Q】稽古で苦労したことは?
【A】毎日2時間かけて通うお稽古がとても大変ですが、沢山練習した分、お客様に良いミュージカルをお届けできると思いますので、これからも引き続きお稽古を頑張ります。
【Q】『オリバー!』の魅力は?
【A】伝えきれないくらい、良いところがあります。その中でも僕が伝えたい魅力は、仲間への思いやり、愛情、食べ物の大切さ、愛される幸せを感じとれる作品であるということです。僕たちで作品の魅力を十分に伝えられるように、一生懸命務めて参ります。

■高田夏都(たかた なつ)/スパイダー役
高田夏都
2007年8月17日、京都府生まれ。『オリバー!』が初めて受けたオーディションでした!
【Q】スパイダーは、どんなキャラクター?
【A】運動神経がよくて、周りを明るくさせるひょうきんなやつだと思います。
【Q】スパイダーがギャング団に加わった理由を、想像でいいので教えてください。
【A】実はドジャーの弟?(笑)。すばしっこくて、運動神経がいいので、フェイギンから直々にスカウトされた?(笑)
【Q】役作りのためにしていることは?
【A】オーディションを受けることが決まってから映画を観ました。面白くて何度も観ちゃいました。音楽も、英語の原曲を聴いたり、過去のミュージカル映像などを見て雰囲気やイメージを感じとれるように努めました。
【Q】気になる共演者は?
【A】まず、フェイギンの市村正親さん! 東京でたまたま行ったお寿司屋の大将が市村さんと親しいみたいで、「とても優しい人だよ!」って教えてくれたので、ホッとしました。僕もいつかそのお店に、市村さんと一緒にお寿司を食べに行きたいなと思いました。それから、武田真治さんとは一緒に筋肉体操をしたい! 僕もブレイクダンスをしているので筋トレには自信があります。腹筋勝負か、できれば反復横跳び勝負をしてみたいです。そして、ソニンさん。友達がファンだったので僕は初めて知ったのですが、お母さんにダンスボーカルユニットをしていたと聞いてからとても気になり、youtubeを見ました。一緒に踊ってみたいです。
【Q】稽古で楽しかったこと・面白かったことは?
【A】振付のジェフさんがとにかく面白い。ジェフさんの指導の仕方が面白くて、覚えやすく伝えてくれているのが、とにかく楽しい!
【Q】稽古で苦労したことは?
【A】今回、初舞台・初ミュージカルなんです。オーディションも初めてでした。だから何からすればいいのかもわからず、友達も知り合いも全然いなかったので、どうやって仲良くなろうかと心配をしていました。ところが、周りの子たちから沢山話かけてくれたので、今は友達ができ、現場で楽しく稽古ができています。
【Q】『オリバー!』の魅力・見どころは?
【A】映画の世界とはまた違ったり、過去のミュージカルより進化し、全てが変わってパワーアップした作品になっています。一つ一つの歌も、歌詞をしっかり聴いていただければ、更に楽しめると思います。面白い歌詞がいっぱいで、歌っていても実に楽しいです。僕の一番好きなシーンは、子供たちが一斉に大人たちに反撃するところです。みんながイキイキして演じている賑やかなところなので、観ている方々にもきっと元気を与えられると思っています。

■平澤朔太朗(ひらさわ さくたろう)/キッパー役
平澤朔太朗
2009年6月8日、神奈川県生まれ。主な過去出演作品:松竹十二月大歌舞伎『瞼の母』、松竹『有頂天団地』(徳永茂夫役)、博多座『めんたいぴりり』(海野勝役)など。
【Q】キッパーは、どんなキャラクター?
【A】キッパーの意味は「眠る」という意味だとスタッフさんから教えていただいたので、寝たふりをしてスリをするのが得意だと思います。
【Q】キッパーがギャング団に加わった理由を、想像でいいので教えてください。
【A】倉庫で友達とかくれんぼしていたら、箱の中で寝てしまいました。ギャング団がその箱を盗んだことで、そのまま団に加わるハメになったんだと思います。
【Q】役作りのためにしていることは?
【A】映画を観たりCDで音楽を聞いています。
【Q】気になる共演者は?
【A】市村正親さんです。お母さんが川越出身で市村さんと同じ小・中学校でした。僕も川越にはよく行くので、川越の話を一緒にしたいです。
【Q】稽古で楽しかったことは?
【A】犬が大好きなので、共演する犬がなついてくれてほっぺを舐めてくれたのが、うれしかったです。また、ダンスのお稽古は全部楽しいです。
【Q】稽古で苦労したことは?
【A】その楽しいダンスの振り付けで、難しいところもあったので、少し苦労もしました。
【Q】『オリバー!』の見どころは?
【A】「信じてみなよ(Consider Yourself)」のダンスシーンではみんながそれぞれの役を演じながら踊っているので細かいところまで観てほしいです。

■渡邉隼人(わたなべ はやと)/ニッパー役
渡邉隼人
2015年1月5日、東京都生まれ。主な過去出演作品:大阪松竹座『壽初春大歌舞伎 艶姿女舞衣「酒屋」』娘 お通役、警察庁事故防止DVDなど。
【Q】ニッパーは、どんなキャラクター?
【A】一緒に暮らすお兄ちゃんたちのことが大好きな明るい元気な男の子。お留守番ばかりではなく、早く一人前になりたいと思っています。
【Q】ニッパーがギャング団に加わった理由を、想像でいいので教えてください。
【A】お父さんとお母さんがいなくなったときはまだ赤ちゃんで、ディッパー、キッパーお兄ちゃんたちと一緒に、フェイギンさんの所へやってきて、育てられたのかな?
【Q】役作りのためにしていることは?
【A】映画を観たり、YouTubeで過去の海外の出演者の子の番組を見たりしました。
【Q】気になる共演者は?
【A】ギャング団ペッカムのお兄ちゃんたちはみんな大好きです! 背が届かない、漢字が読めない、お弁当の蓋が開けられないなど、困ったときもいつも助けてくれます。キャプテン役の本田伊織くんはわかりやすくアドバイスしてくれます。ドジャー役の酒井禅功くんもドジャーダンスを丁寧に教えてくれました! また、オリバー役の高畑遼大君はいつも優しくて、とても綺麗な声です!
【Q】稽古で楽しかったことは?
【A】海外クリエイティブ・チームの先生たちに「ハロー」と言えること。転がったり、歌ったり、走り回ったり、忙しいけど楽しいです。
【Q】稽古で苦労したことは?
【A】高い音を歌うのとダンスが難しいですが、頑張ります。
【Q】『オリバー!』の魅力は?
【A】子どもたちが沢山、出演します。フェイギンのことが大好きなギャング団のメンバーたちによる、個性豊かな歌とダンスを楽しんでください。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着