『ティラノサウルス展』2021年11月よ
り名古屋市科学館にて 全身復元骨格
やインタラクティブ展示も

『ティラノサウルス展 ~T. rex 驚異の肉食恐竜~』が、2021年11月13日(土)から2022年2月13日(日)まで、名古屋市科学館で開催される。
本展は、福井県立大学恐竜学研究所の監修により、進化の流れ、年齢や性別、生態、様々な能力まで、最新研究をもとにあらゆる角度からティラノサウルスを解説。展示会場には全身復元骨格が4体集結し、なかでも獲物のエドモントサウルスに襲いかかる様子を再現したティラノサウルス(愛称:アイヴァン)は日本初公開の標本となる。
ほかにも、ティラノサウルスとトリケラトプスのロボット展示や、クリエイティブカンパニー・NAKED, INC.による「恐竜」をテーマとした初の大型コンテンツなど、楽しみながら学ぶことが可能だ。
ティラノサウルス全身復元骨格が4体集結
ティラノサウルス全身復元骨格の化石の発掘の経緯をそれぞれ紹介するほか、けがの痕、年齢、大きさ、発掘の状態など、個体の違いを知る。骨格から推察される、走る速さや噛む力、尾の役割など、これまでの研究成果をわかりやすく解説し、生殖なども含めたティラノサウルスの知られざる生態に迫る。
ティラノサウルス全身復元骨格(愛称:スタン)
日本初公開のティラノサウルス(愛称:アイヴァン)
アイヴァンは、ティラノサウルスが獲物を追いかける様子を再現した珍しい復元骨格。ティラノサウルスには、ライオンのように獲物を仕留めるハンター説と、ハイエナのように腐肉を食す説の論争もあり、生態研究が続いている。
日本初公開 ティラノサウルス全身復元骨格(愛称:アイヴァン) アメリカでの展示風景
遊べる映像体験で、白亜紀の恐竜時代を体感
NAKED, INC.が本展用に初の大型恐竜コンテンツを制作。白亜紀後期の北アメリカ大陸を舞台に、ティラノサウルスがリアルサイズで目の前によみがえる体験を、幻想的な映像と音で演出する。壁や床をタッチして体験できる「インタラクティブ展示」も。
T. rex Directed by NAKED (c)NAKED, INC.
ロボット展示や、ティラノサウルス以外の恐竜骨格も展示
本物のような皮膚の質感、動き、噛む仕草、吠える声などを体験できる、ティラノサウルスとトリケラトプスのロボット展示や、トリケラトプスやディロン、ユウティラヌスなどの恐竜骨格も展示。恐竜が生きていた時代背景や、進化の過程を体系的に学ぶ。
ティラノサウルスのロボット (c)ココロ
トリケラトプスのロボット (c)ココロ
『ティラノサウルス展 ~T. rex 驚異の肉食恐竜~』は、2021年11月13日(土)から2022年2月13日(日)まで、名古屋市科学館で開催。前売り券は10月1日(金)より販売開始。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着