ウマ娘とファンが勝利を祝うウイニン
グライブが三年ぶりにリアルで実現!
『ウマ娘 プリティーダービー 3rd E
VENT WINNING DREAM STAGE』DAY1レポ
ート

2021年2月24日に待望のゲームがサービス開始となり、様々なメディアで大ヒットを記録しているクロスメディアコンテンツ『ウマ娘 プリティーダービー』。そのゲームリリースから約半年を迎えた8月28~29日に、三年ぶりとなる大型ナンバリングイベントが開催された。新型コロナ禍ながらも細心の感染対策の下で開催実現となったウマ娘とファンのリアルイベントはどんな盛り上がりを見せたのか? まずは初日の様子をお送りしよう。

「やっとみんな会えたね!」そんな想いがあふれる三年ぶりのナンバリングライブのゲートが開く!
会場の東京ガーデンシアターには多くのトレーナー=ファンがキチンと感染対策を守りながら集い、隣接するショッピングモールでは3年ぶりのナンバリングイベント開催を祝うように『ウマ娘』ソングが終日流れ続ける…そんな幸せな祝祭の雰囲気に包まれながら、ゲームリリース後初となる大型イベント『WINNING DREAM STAGE』は初日を迎えた。
会場内には競馬場のコースを模した楕円の袖が伸びるステージが設置され、ファンの期待の空気を盛り上げるように実況の赤坂さん(CV:明坂聡美)バージョンの「うまぴょい伝説」が流れだす。客席はコールの代わりにターフをイメージした緑のコンサートライトと熱いクラップでそれに応え、曲が終わると劇中の衣装に身を包んだ駿川たづな役:藤井ゆきよが登場し、早くも会場内は万雷の拍手に包まれた。藤井はイベント開催に当たっての注意事項と協賛企業のアナウンスを終えると、三年ぶりのナンバリングイベントに辿り着けたことへの感謝の気持ちを会場と配信観覧のファンに伝える。
(c) Cygames, Inc. (c) 2021 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」製作委員会
藤井「華々しいステージの裏側で努力を重ね、トレーナーやファンに感謝の想いを伝えるために、30名を超えるウマ娘がレッスンを重ねてきました。トレーナーの皆さん! 走り抜ける彼女達の夢の舞台、一瞬も見逃さないでくださいね! 声は出せませんが、拍手などで思いっきり応援よろしくお願いしますねー!」
そんな言葉を合図に、いよいよイベントの幕が上がった。
スペシャルウィーク「もうすぐ始まる…ステージの裏で息を整える…ドキドキと高鳴る鼓動…耳を澄ませば聞こえてくる観客席からのざわめき、そこで待っていてくれる…私達を、私達のステージを!」
サイレンスズカ「ようやく掴んだウイニングライブ…それは私達ウマ娘がいつも応援してくれるキミに「ありがとう」を伝える特別なステージ。レースに勝利した者だけがセンターに立てる栄光のステージ…憧れの場所。この場所に辿り着くまでにたくさんの困難があった…力及ばず涙したこともあった。それでも諦めたくはなかった…だって」
トウカイテイオー「やっと会える! もうダメになりそうな時も信じ続けてくれたキミに…迷い悩み続けた時もずっと待っていてくれたキミに。だから少しでも伝わりますように、私達の想い、全身全霊の歌に乗せてキミに届きますように!」
三人「今、WINNING DREAM STAGEの幕が上がる!」
ステージに据えられた3つのスクリーンには星空が広がり、そこにかかるようにゲームのウイニングライブやレースの映像が映し出され、スペシャルウィーク(CV:和氣あず未)、サイレンススズカ(CV:高野麻里佳)、トウカイテイオー(CV:Machico)が走ることへの情熱と、それを長い間応援し、支え、待ち続けてくれたファンへの想いを会場と配信で見ていてくれているすべての人達に語りかける。そして高らかなファンファーレと「やっとみんな会えたね!」の言葉を合図にスクリーンとなっていたメインステージの幕が落ちて、力強い歌声がガーデンシアターに響き渡った。
●GIRLS' LEGEND U
(c) Cygames, Inc. (c) 2021 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」製作委員会
オープニングナンバーは、待望のゲームリリースという新たな伝説の始まりをファンの胸に刻み込んだ名曲「GIRLS' LEGEND U」。本日出演の総勢19名のウマ娘がステージに勢ぞろいし、熱いシャウトと共にウマ娘達の走り競うことへの想いを力強く唄い上げていく。そして曲の間奏ではステージ左上にセッティングされた実況席に明坂聡美が登場。
実況「さあついに始まりましたWINNING DREAM STAGE! 今日の意気込みをトレーナーに伝えていただきましょう! 先陣を切るのはスペシャルウィークです!」
和氣「トレーナーの皆さーん! 私達が送るウイニングライブ、最後まで一緒に走り抜けてくださーい!」
ゲームやアニメでおなじみの実況の声が曲に加わり、ステージの熱唱をレースばりに盛り上げていく。そして歌のクライマックスでステージ前方に全員が広がり、すべてのファンにこの日を迎えられたことへの喜びを込めたような熱唱でオープニングを締めくくった。
●MC
スタートからフルスロットルのようなライブが終わり、会場は力強い声援代わりの拍手に包まれ、出演陣は「トレーナーの皆さん、WINNING DREAM STAGEに集まっていただきありがとうございます!」の挨拶でそれに応える。
そして明坂が実況役でMCを務め、本日の出演陣の挨拶が始まった。
高野麻里佳(サイレンススズカ役)「トレーナーさん、今日は夢の続きを一緒に見ましょう」
三澤紗千香(サクラバクシンオー役)「バクシンバクシン!今日はみなさんも一緒に大驀進していきましょー!」
青木瑠璃子(エアグルーヴ役)「少し掛かっているウマ娘もいるようだが、我ながら完璧な仕上がりだ! 最高の一日にしよう!」
声優陣がゲームでおなじみの決めゼリフを交えながら共に自己紹介。そして三年ぶりのナンバリングイベントにしてゲームリリース後初の大型イベントということへの胸の高まりや、全貌が明らかになったステージがゲームのウイニングライブ『うまぴょい伝説』のステージを再現した物になっていること、さらに今回のライブ衣装をくるりと回りながらお披露目したりと、今回のイベントの見所を紹介していく。
そしてナンバリングイベント初参加となる出演陣が意気込みを語り、和氣からは配信で見てくれているファンに向けて「会場はスゴイ熱気に包まれています! それに負けない応援よろしくお願いします!」というメッセージが送られ、いよいよ熱いウイニングライブがスタートした。
●winning the soul
(c) Cygames, Inc. (c) 2021 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」製作委員会
ライブの幕開けを飾るのは、アニメ第2期1話で後の波乱を予感させるエンディングも飾ったロックナンバー「winning the soul」。トウカイテイオー役のMachicoを筆頭に衣川里佳(ナリタブライアン役)、首藤志奈(ハルウララ役)、和氣あず未(スペシャルウィーク役)、新田ひより(マチカネフクキタル役)、大坪由佳(タイキシャトル役)の6人が赤のライティング&レーザーと漆黒の影が織りなすコントラストの中で、魂を燃焼させながら走るウマ娘のソウルを見事なハーモニーを交えながら熱唱。アニメやゲームと同様にクラシカルなガイコツマイクを使い、マイクスタンドを使ったパフォーマンスなども織り交ぜたステージに、ファンも観客席をコンサートライトで真紅に染めて盛り上がった。
●彩 Phantasia
(c) Cygames, Inc. (c) 2021 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」製作委員会
前曲のメンバーと入れ替わるように、ステージ前面に広がるように青木瑠璃子(エアグルーヴ役)、高柳知葉(オグリキャップ役)、徳井青空(テイエムオペラオー役)、前田玲奈(グラスワンダー役)、木村千咲(ダイワスカーレット役)、上田瞳(ゴールドシップ役)が並んで登場。そして前曲のハードな雰囲気から一変して、アップテンポなポップナンバー「彩 Phantasia」がスタート。
ゲームでは青木瑠璃子のボーカルしかなく、フルバージョンは9月22日発売のCD「WINNING LIVE 02」待ちのナンバーだけに、ファンにとっても初めて聴く歌声に満ちた新鮮なステージに。劇中ではトリプルティアラの勝者だけが唄える歌ということで、愛らしく華やかなステージングとエアグルーヴのイメージカラーの青に染まった客席とのコントラストが華麗な盛り上がりを生み出していく。
そして間奏ではメロディが一点激しさを増していき、それに合わせて「うおーーー! 面白くなってきたぜー!」と上田がゴールドシップばりのゲキをとばしたのをきっかけに、ステージと客席全員で「ハイ! ハイ!」と拳を振り上げながらテンションを上げていく。
そしてラストは「ありがとう」の歌詞に合わせて客席に手を振りながら、ファンとの想いを交わし合う劇中のウイニングライブのようにステージを締めくくった。
●Make debut!
場内にファンには聞き慣れたファンファーレが鳴り響き、それと共に始まった4曲目はテレビアニメ第1期オープニング主題歌「Make debut!」。そして唄うメンバーは近藤唯(ビワハヤヒデ役)、大坪由佳(タイキシャトル役)、渡部恵子(ナリタタイシン役)、星谷美緒(マヤノトップガン役)、衣川里佳(ナリタブライアン役)、渡部優衣(ウイニングチケット役)という、大坪をのぞく全員がナンバリングイベントでメイクデビューをはたしたメンバーというフレッシュなラインナップ。
星谷の「トレーナーちゃーん! いっくよー!」や大坪の「ハウディー! トレーナーさん盛り上がってますかー!?」といったキャラアピールも交えながら、個性あふれる6つの歌声がユニゾンを奏でていく、オリジナルとは違ったウマ娘らしさあふれるメイクデビューとなった。
個性派ウマ娘が連続出走するソロステージ&ファン待望の生バクシン!
劇中のウイニングライブを彷彿とさせるスペシャルユニットによるライブを終えて、ここからは個性派ウマ娘によるソロステージがスタート。
●恋はダービー☆
「よーし! 「恋はダービー☆」いっちゃうよー!」
(c) Cygames, Inc. (c) 2021 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」製作委員会
そんなかけ声と共に手にタオルを携えたダンサーを従えたMachico(トウカイテイオー役)がステージ右袖に登場。唄うのはアニメでもたびたび挿入歌として使われたソロナンバー「恋はダービー☆」だ。
普段は明るく元気なテイオーが、恋のことになるとちょっと奥手になりながらもがんばる様子をアップテンポに唄い上げ、会場はテイオーのイメージカラー・青のコンサートライトの光で染めあげられる。そしてダンサーと共に行進しながらステージを横断し、間奏で「さあレースは後半! トウカイテイオー会場をさらにさらに熱くさせます!」との実況が入ると「トレーナー! 僕のマネして応援してねー!」とゲキを飛ばして、会場一体となって腕を振り上げながら盛り上がり、ソロステージの先陣を見事に飾った。
●L’ s Surprise!!
(c) Cygames, Inc. (c) 2021 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」製作委員会
ヒーローソングのような熱いイントロと真紅のコンサートライトがステージを照らし出す中、ステージ最上段にはエルコンドルパサーのマスクを身につけた髙橋ミナミの姿が。唄うナンバーはエルコンドルパサーの熱い走りそのままのような情熱的な恋心を歌ったソロナンバー「L’ s Surprise!!」だ。
歌い出しを終えると髙橋はくるりと客席に背を向けて、マスクを取り去ってから再び曲へと入っていく。ゲーム内のシナリオでは時折マスクを外して、トレーナーにだけ素顔の自分を見せるというシチュエーションがあり、このステージでは会場と配信で集ってくれたトレーナー達にそんなエルの気持ちを感じてもらおうというタイトル通りのエルからのサプライズだ。
「トレーナーさーん! 世界最強の応援、エルにくださーい! ブエノー!!」
終盤はそんなエルそのもののようなゲキを飛ばして、終盤は赤いコンサートライトの光に満たされた客席と一体になった盛り上がりを見せた。
●帝笑歌劇~讃えよ永久に~
「始めようか! 最高のスクールライフ!」
高らかな叫びと共にステージはライティングで真っ赤に染まり中央スクリーンには輝く王冠のイルミネーションが浮かび上がる。そしてリズミカルなメロディと共に6名のダンサーを従えて登場したのは徳井青空(テイエムオペラオー役)。
(c) Cygames, Inc. (c) 2021 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」製作委員会
ソロナンバー「帝笑歌劇~讃えよ永久に~」のタイトル通り、歌劇(オペラ)のような力強いボーカルで歌と口上を交えながら徳井がステージ上にテイエムオペラオーの世界を紡ぎ出していく。ポップス・オペラ・ダンスナンバーとメロディラインが次々に入れ替わる中で見事なパフォーマンスを演じきり、「さあ次は、我らが学級委員長の登場だー!」と次の演者へと華麗にバトンを繋いだ。
●スペシャルステージ サクラバクシンオーのバクシン!お悩み相談!出張版
「バクシンバクシンバクシーン! 大変お待たせしました! 頼れる学級委員長、サクラバクシンオーが参りましたよー!!」
(c) Cygames, Inc. (c) 2021 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」製作委員会
スクリーンに映し出されたのは、ゲームのサービス開始から公開されて話題となった動画コンテンツ「サクラバクシンオーのバクシン!お悩み相談!」のタイトル画面。そしてそれに合わせてステージ中央に驀進してきたのはサクラバクシンオー役・三澤紗千香。あのゲームの疑問に答えてくれたハイテンションなお悩み相談を、今回はライブで繰り広げようというのだ。
ステージに登場したたづなさん(藤井ゆきよ)に悩めるウマ娘がいないか尋ねていると、そこにライブが大会場だったために緊張感で足の震えが止まらないスペシャルウィーク(和氣あず未)と、ちゃんと歌で想いを届けられているか不安になって左回りをしてしまうサイレンススズカ(高野麻里佳)の姿が。
(c) Cygames, Inc. (c) 2021 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」製作委員会
サクラバクシンオー(三澤)はその悩みを解決すべく「委員長にもわかるウマ娘ライブ」を紐解いて、「大丈夫! お二人ともしっかりパフォーマンスできていると思います! マルッ! 以上!」とあっさり答え、会場を埋めつくすコンサートライトの光がその証だと断言。さらにたづなの「トレーナーさん! もう一押し、拍手で励ましてあげるといいと思います!」の声に応えて万雷の拍手が会場を包み込んだ。
「私も胸が温かくなって緊張がほぐれました! なまらやる気が湧いてきました!」(スペシャルウィーク)
「ええ、今ならどこまでも走れそう!」(サイレンススズカ)
二人の悩みも解決して、これにて一件落着かと思いきや、スペシャルウィークからもう一つのお悩み相談が。
「今日がお誕生日のお友達がいるんですけど、みんなでお祝いしてあげたいんです!」(スペシャルウィーク)
「だけど今このご時世、声が出せないでしょ? みんなでお祝いするいい方法はないかしら?」(サイレンススズカ)
それに対してステージの4人でハッピーバースデーの歌を唄い、会場と配信のファンのみんなに手拍子をしてもらってはとサクラバクシンオーが提案。そしてステージに呼び込まれたのはこの日・8月28日が誕生日のダイワスカーレット役・木村千咲。ライブ冒頭で木村が誕生日であることを話してしまった場合に備えた台本まで用意していたという完全なサプライズだったため、涙ぐみながら登場した木村からは「今日は最高の誕生日です、ありがとうございます!」とキャストとファンへ感謝の言葉が贈られた。
(c) Cygames, Inc. (c) 2021 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」製作委員会
「というわけで本当に一件落着! 悩みも無事解決しましたし、みんなで一緒にあの曲を唄って戻りますよー!」(サクラバクシンオー)
そんな三澤のゲキを合図に、ステージ上の5人揃って「バクシンバクシンバクシン!」と腕を振り上げ生で唄いながらステージを走り去り、大盛り上がりの中でコーナーの幕が閉じた。
ここでしか聴けないウマ娘達の多彩なハーモニー&ソロナンバーが織りなす生ウイニングライブ!
●ENDLESS DREAM!!
サクラバクシンオーのコーナーが終わり、軽やかなイントロと共に暗闇に包まれたステージをスポットライトが照らし出すと、新田ひより(マチカネフクキタル役)、星谷美緒(マヤノトップガン役)、青木瑠璃子(エアグルーヴ役)による「ENDLESS DREAM!!」がスタート。
アニメでもゲームでも唄っていないメンバーばかりの新鮮な組み合わせに場内と配信のファンも盛り上がる。そしてレースに初勝利した喜びと未来への希望を唄うナンバーを、7月に開催されたイベント『Twinkle Holiday』がライブデビューだった星谷をセンターに据えて熱唱。曲のテーマそのままにこれから『ウマ娘』が進む未来への期待が感じられる一幕となった。
●涙ひかって明日になれ!
(c) Cygames, Inc. (c) 2021 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」製作委員会
場内がブルーのライティングに染まり、駆け出すような勢いのメロディと共に近藤唯(ビワハヤヒデ役)、渡部優衣(ウイニングチケット役)、渡部恵子(ナリタタイシン役)が登場。唄うのは彼女達が演じるウマ娘「BNW」の3人のユニット曲「涙ひかって明日になれ!」だ。ゲーム中でもお互いに意識し合い、時にはぶつかりながらも競い合ってきた3人の青春が描かれたナンバーを、疾走感あふれるメロディに乗せたハーモニーで唄い紡いでいく。
「トレーナーさん! 私達の青春、まだまだ見守っててねー!」
(c) Cygames, Inc. (c) 2021 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」製作委員会
曲の後半はそんなウイニングチケットの声に合わせ、配信では会場内にきらめく星とBNWの文字が浮かび上がるAR演出も繰り広げられ、劇中で三人が上位を分け合ったクラシック戦線のウイニングライブを体感するようなステージが繰り広げられた。
(c) Cygames, Inc. (c) 2021 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」製作委員会
●MC
「本当にみんな素敵です!」
ライブ前半戦を終えてのMCタイムは、藤井ゆきよ(駿川たづな役)のそんな喜びの声と、ライブ冒頭の挨拶で「ちょっとゲート難が発生してしまいました」と自己紹介で名乗るのを忘れていた上田瞳(ゴールドシップ役)の発言からスタート。
「彩 Phantasia」ではオリジナルシンガーのエアグルーヴ役・青木が「トリプルティアラ繋がりでダイワスカーレットに唄ってほしかったので嬉しかった」と語り、木村からも「いつかエアグルーヴ先輩と唄えるのを楽しみにしています」と作中の関係性を思わせる受け答えでファンを喜ばせた。
「Make debut!」ではマヤノトップガン役・星谷が「始まりの曲を唄わせてもらって嬉しかった」ことや、先輩たちと唄いながら顔を見合わせたりできて心強く楽しかったとコメント。
「恋はダービー☆」を唄ったMachicoからは、今回のパフォーマンスではテイオーのみんなが気になるようなちょこまかした動きを見せたかったとこだわりを明かし、「帝笑歌劇~讃えよ永久に~」は以前ならファンからのかけ声と共に盛り上がる曲だったので、今回は声はなくてもみんなの声援が「脳に伝わってきた」と、徳井はファンの応援に手を振りながら笑顔で応えた。
意外なメンバーでのライブとなった「ENDLESS DREAM!!」では新田から「エアグルーヴ(青木)もマヤちゃん(星谷)も可愛かった! トレーナーさん達も振り付けに合わせてライトを振ってくれてて私も脳内に声援が届きました!」と唄えた喜びをハイテンションに語った。
そして前半戦ラストを飾った「涙ひかって明日になれ!」はフルバージョンがこの日初披露ということで、「3人でファンの前で唄えてよかった!」(ウイニングチケット役・渡部優衣)「会場も配信も青春色に染まったんじゃないかと思いました」(ナリタタイシン役・渡部恵子)「3人でコブシを合わせるところから最高に気持ちが高まって楽しい瞬間でした」(ビワハヤヒデ役・近藤唯)とBNWの青春を歌えた嬉しさが語られた。
「いっけない! 話し込んでしまいました! 次のレースが始まってしまいます!」
そんなたづな(藤井)の言葉を合図にMCタイムは終了し、ライブは中盤戦へと突入する。
●ぴょいっと♪はれるや!
「続いては、ぴょいっといっちゃいましょうか! ぴょいっと♪」
そんな高野の言葉と共にライブ中盤戦が出走開始。その先陣を飾ったのはテレビアニメ『うまよん』主題歌の「ぴょいっと♪はれるや!」。ハイテンションな歌い出しを全員でパワフルに唄い終えると、和氣あず未(スペシャルウィーク役)、髙橋ミナミ(エルコンドルパサー役)、前田玲奈(グラスワンダー役)のオリジナルシンガーに星谷美緒(マヤノトップガン役)と首藤志奈(ハルウララ役)を加えた5人によるライブに。春夏秋冬いつだって元気に走り続けるウマ娘の青春をかわいくパワフルに熱唱。
配信では客席上空に会場に歌詞や合いの手が飛び出すAR演出も加わるなど楽しくポップなステージとなり、見事ライブ後半戦のスタートダッシュを決めてみせた。
●NEXT FRONTIER
ステージが暗転すると同時にイントロが流れ、ブルーとホワイトのライティングが徳井青空(テイエムオペラオー役)、前田玲奈(グラスワンダー役)、新田ひより(マチカネフクキタル役)を照らし出す。個性派ながらもそれぞれの形で頂点の勝利にこだわる3人が力強く唄い上げるというファンには嬉しい組み合わせだ。「勝ちたい」「負けたくない」という情念にあふれた歌詞をそれぞれが力強くカッコよく唄い上げ、ラストは光の中にシルエットで浮かび上がった3人をファンの万雷の拍手が包み込んだ。
●BLAZE
(c) Cygames, Inc. (c) 2021 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」製作委員会
赤と青のライティングやレーザーが交錯し、ARのスモークや炎が吹き上がるステージに重低音のイントロが鳴り響く。そこに力強い歩みで現れたのはナリタブライアン役・衣川里佳。唄うナンバーは勝利への渇望に身を焦がし続けるナリタブライアンの心情を描いた最新ソロナンバー「BLAZE」だ。
熱い勝負を求めて荒ぶるナリタブライアンの心を表現するようなリリックを、衣川は重厚でパワフルなボーカルで唄い上げてファンの視線と心を捉えて離さない。最後は赤と青のライティングと黒い影のコントラストをまとい、勝利を決めたかのように腕を高々と上げて決めた衣川に、惜しみないファンの拍手が送られた。
●UNLIMITED IMPACT
(c) Cygames, Inc. (c) 2021 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」製作委員会
掠れたピアノのイントロから激しいライティングとロックのビートがステージを包み込む。その光に照らし出された木村千咲(ダイワスカーレット役)、高柳知葉(オグリキャップ役)、首藤志奈(ハルウララ役)の3人が唄うのは、不屈の闘志で泥臭くても勝利を目指す三人のウマ娘にふさわしい歌「UNLIMITED IMPACT」だ。
序盤にマイクの音声が途絶えるトラブルがあったが、何があっても止まらないという歌詞に込められた闘志そのままに高柳は生声で歌い続け、テンションを落とすことなく他の二人へと繋ぎ、迫力あるロックハーモニーが会場に響き渡る。
「トレーナー見ていてくれ、これが私達のウイニングライブだ!」(高柳)
そんなゲキとともに終盤は3人がステージ前面に揃い、力強い歌声をファンへと届けていき、最後はピアノのメロディと共に闇に包まれていく…「君は目撃者だよ」という歌詞そのままに、会場と配信のファンは三人の闘志を目に焼き付けられたステージとなった。
●本能スピード
暗闇から一転、ユーロビートのメロディと共に青のライティングとレーザーが会場を照らし出していく。そしてステージには高柳知葉(オグリキャップ役)、大坪由佳(タイキシャトル役)、Machico(トウカイテイオー役)、青木瑠璃子(エアグルーヴ役)、髙橋ミナミ(エルコンドルパサー役)、上田瞳(ゴールドシップ役)の6人がステージに広がり、スピードを求めるウマ娘のためのナンバー「本能スピード」を披露。
ハイスピードでダンサブルなメロディに乗せて、6人はキレのあるボーカルとダンスが会場の空気を熱くし、ファンも激しく青のコンサートライトを振って会場全体が一体になるような盛り上がりに包まれた。
●MC
「本能スピード」が終わると、ステージに実況役・明坂聡美が登場して二度目のMCタイムがスタート。
ゲーム内のウイニングライブやストーリーで披露されるクールな楽曲が揃った中盤戦、皮切りの「ぴょいっと♪はれるや!」は4コママンガのようなテンポで唄って踊るので体力を持っていかれたもののいつもと違うメンバーで楽しいライブができたと唄ったメンバーからは満足げなコメントが。
「NEXT FRONTIER」では前田が徳井に「いつものオペラオーのノリと違って艶やかな表情で大人っぽく唄われているのにグッときた」と告げると、徳井も「ぴょいっと♪はれるや!」をキュートに唄った直後にクールに変わる前田を絶賛。同じくいつもと違ってクールに決めたマチカネフクキタル役・新田ひよりも、明坂から配信などで好評なコメントが集まったと聞かされ「大吉です!」とフクキタルらしいリアクションで嬉しさを表した。
ナリタブライアンのソロ曲「BLAZE」を披露した衣川は「緊張しいなんですけど、始まる前に姉貴(ビワハヤヒデ役・近藤唯)が「がんばってー」と励ましてくれて今まで以上に集中できた」と、見守ってもらえている嬉しさを明かし、舞台裏で育まれている絆のエピソードにファンもほっこりする一幕も。
「UNLIMITED IMPACT」を唄うのは1stEVENT以来だったという高柳は「もう唄える機会が無いと思っていたのですごく嬉しかった」と語った。ゲーム内で唯一唄っている(※現在はスマートファルコンも追加)ハルウララ役・首藤志奈は「ゲームとは対極のイメージだけど、かっこいいハルウララちゃんをみなさんに見ていただきたいと思ってがんばりました」と語り、出演陣からの賞賛と会場からの暖かな拍手に包まれた。
「本能スピード」でコメントを求められた大坪と上田は、2人で「私達! 本能で! 駆け抜けました!」と走るポーズを決めてステージ上の笑いと客席からの拍手を誘い、ライブ後半戦へと空気を盛り上げてMCパートを締めくくった。
クライマックスに向けての全力疾走! そしてラストは当然あのナンバー!
●ユメヲカケル!
ライブもいよいよクライマックスに向けてヒートアップ。その幕開けを飾るのは、テレビアニメ第2期オープニング主題歌「ユメヲカケル!」だ。
「さあさあ!僕たちの輝きをまだまだ見せてあげようじゃないか!」
(c) Cygames, Inc. (c) 2021 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」製作委員会
全員による歌い出しで始まり、テイエムオペラオー役・徳井の堂々とした口上を合図に新田ひより(マチカネフクキタル役)、大坪由佳(タイキシャトル役)、首藤志奈(ハルウララ役)、前田玲奈(グラスワンダー役)、髙橋ミナミ(エルコンドルパサー役)、青木瑠璃子(エアグルーヴ役)、衣川里佳(ナリタブライアン役)の8名がステージに勢ぞろい。過去の配信やイベントでもこの歌を唄ったことのないメンバーによる、このライブならではのスペシャルな「ユメヲカケル!」に、ファンも力を込めて推しのメンバーの色に輝かせたコンサートライトを声援代わりに振りかざした。
(c) Cygames, Inc. (c) 2021 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」製作委員会
会場にはウマ娘の疾走感を思わせる青い光と歌詞がAR演出で空間を満たし、「私達の夢を乗せ、いま一斉に駆け出します! 皆さんウマブレードでの応援お願いします!」という実況や、この歌のキモとも言える終盤の「変えられるのさdestiny 限界だって越えてみせる」のパートを親友でライバルのグラスワンダー(前田)とエルコンドルパサー(髙橋)が見つめ合いながら唄うという心憎い演出で、応援するファンのコンサートライトにより力がこもっていく。そしてクライマックスになり、スクリーンと会場のAR空間にはウマ娘が夕焼けへ向けて走るオレンジの光と夢へと羽ばたくような舞い散る天使の羽で満たされていき、まさにタイトルを体現するような熱いステージとなった。
●ありがとう、神様
「ユメヲカケル!」が終わり会場が拍手に包まれる中、優しいピアノとバイオリンの調べが響き渡り、ステージに進み出た和氣あず未(スペシャルウィーク役)を淡い光が包み込む。そして紡ぎ出された歌は「ありがとう、神様」…テレビアニメ第1期でスペシャルウィークが夢への第一歩になる日本ダービーを制した第5Rのエンディングを飾った、ファンには思い出深い一曲だ。
スペシャルウィークが夢の一端を叶えられたことへの喜びと感謝を唄う曲を和氣が優しく情感満点に唄い、曲が進むごとに彼女を照らす光も輝きを増していく。そして配信では光の玉が会場内を満たし、ウイニングライブのような満場の輝きを描き出していく…ファンの全てがあの時のスペシャルウィークの晴れ姿を体感するように、ステージは優しく静かに拍手の中で幕を閉じていった。
●Silent Star
(c) Cygames, Inc. (c) 2021 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」製作委員会
暗闇に包まれたステージに天空に輝く星のような色とりどりの煌めきが浮かび上がる。そして和氣と入れ替わるようにステージには高野麻里佳(サイレンススズカ役)が登場し、星明かりの下で安らぐスズカの心を切々と唄い上げていく…サイレンススズカにとっては外すことのできないテレビアニメ第1期の第7R「約束」のエンディングテーマ「Silent Star」だ。そしてこの曲順は3年前の2ndイベント『Sound Fanfare!』で、和氣と高野がエールを送りあうように同曲を唄いあった時の逆という、あの時会場にいたファンには嬉しいサプライズだ。
静かに輝く星のようにライティングが高野を浮かび上がらせ、客席の緑のコンサートライトとAR演出で空へと浮かんでいく無数の光が会場全体を星空へと変えていく。その中で星降る夜を思うままに走るスズカと重なるように、高野の静謐だが情感のこもった歌声が響いていく…濃密なステージはしっかりとファンの心を掴んで終わっていった。
●Special Record!
(c) Cygames, Inc. (c) 2021 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」製作委員会
曲を終えた後もステージに残る高野を迎えるように、壮大なメロディと共に出演陣全員がまだ暗いステージへと集まってくる。そして「ここで今輝きたい」のハーモニーと共にステージがまばゆく照らし出され、全員による最後のナンバー「Special Record!」が始まった。これから先も全力で走ることをファンへと誓う希望の歌を、19人のハーモニーが力強く紡いでいく。

(c) Cygames, Inc. (c) 2021 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」製作委員会

「トレーナーさん! 私達まだまだ輝きます! だから!」(和氣)
「ずっと一緒にこれからも応援してください!」(高野)
そんな2人のファンへの言葉と共に全員がステージに広がり、勝利の未来を指し示すように左腕で空を指さし、配信ではARの七色のコースや極彩色の紙吹雪が会場を鮮やかに彩っていく。そして壮大なファンファーレと共にスクリーンとARで大きな打ち上げ花火が上がるなか、ライブはフィナーレとなった。
「トレーナーさん! これにてゴールインとなります! ありがとうございましたー!」
ファンの応援に手を振りながらステージを後にするウマ娘達…だが、ファンの熱気は収まらず、照明が落ちると同時に会場からはアンコールを求めるリズミカルな拍手が鳴り止まない。
そしてしばらくすると「アンコールありがとうございまーす!」と駿川たづな役・藤井ゆきよが登場。『ウマ娘』のフィギュアやゲームの最新情報、そして会場も声を抑えながらも歓喜にどよめいた、マヤノトップガンのハリウッド映画『トップガン マーヴェリック』宣伝パイロット就任決定の告知に会場も大きな拍手とともに盛り上がる。そしてそんな衝撃の発表にもルールを守り声を出すのを我慢してくれたファン達に藤井から感謝の言葉も送られた。
「開幕から本当に温かい拍手とマスク越しでもわかる温かい表情で応援していただいて、本当にありがとうございます。このご時世、色々な制約がある中でウマ娘の皆さんはレッスンに向き合っていたんだろうなって思います。トレーナーの皆さんも今日という日を祈るような気持ちで待っていて下さったと思うんですが、ウマ娘の皆さんの熱のこもったパフォーマンスをみなさんが暖かく応援していただいて、その光景を見ているだけで私も本当に胸が一杯になりました。改めて本当に感謝しております。ありがとうございました」
緊急事態宣言下で観客を迎えての開催が実現できたのも、ルールを守ってくれているファンの力があってこそと、感極まった表情で深々とお辞儀をする藤井。そして「彼女達のウイニングライブ、まだまだ見たいですよね!?」の言葉と共にアンコールライブのゲートが開いた。
●Never Looking Back
光の落ちた会場のスクリーンと配信画面に天へと昇る幾つもの光が走り、総勢19名のウマ娘が再びステージへと並び立つ。そして始まったナンバーは今回のライブのために用意された最新曲「Never Looking Back」だ。
たとえどんな困難が待ち構えていても、絶対に未来だけを見据えて走り続ける! そんな今の状況にも重なるようなウマ娘達の力強い決意が込められた熱い歌を、パワフルなハーモニーで客席と配信のファンへと送り届けるウマ娘達。そして「七色に光る明日を信じて」という歌詞を体現するような極彩色のライティングとARの光に包まれて、応援してくれるファンへの熱いメッセージソングを歌いきった。
そして3時間以上に渡ったライブもいよいよゴール目前。出演陣を代表してMachico、高野、和氣から会場と配信で応援してくれたファンへのお礼の言葉と共にメッセージが送られた。
Machico「今日のライブが開催されるまで、私達もみんなドキドキしながら楽しみに待っていたんですけど、我々が一生懸命レッスンしてきたその成果を、それぞれが悔いの無いように思いきり出せるステージになったと思います。トレーナーさん達の会場での笑顔や配信からのいっぱいのパワーを胸に、すごく自信のついたステージになったので、今日ここで得た自信を明日のDay2にも繋げていきたいと思います。引き続き応援よろしくお願いいたします! 私達に拍手をくださーい! 本当に楽しかったです!」
高野「今日は色々な想いを持ちながら私達も出走させていただきました。自分自身はゲームがリリースされてから初めて皆さんとお会いすることができて、本当に嬉しかったです……そう、ゲームリリースされたんですね! 事前登録二周年をみんなでお祝いしたくらい待ち望んでおりましたし、私自身もキャストの1人として、ウマ娘のファンの1人としても応援してまいりましたので、今日この日を迎えられたことが本当に嬉しいなと思っております。スズカは皆さんのおかげで大欅の向こう側へ足を進めることができました。他のウマ娘達もきっとそんな風にトレーナーさんから勇気をもらっていると思います。これからもウマ娘のコンテンツをどうぞよろしくお願いいたします。今日はありがとうございました」
和氣「まずはこのDAY1のメンバー全員が出走することができて、そしてみんな怪我なくゴールできて、今日という日はもう一生の想い出になるくらい、すっごい幸せで楽しい時間でした。『ウマ娘』はテレビアニメ、うまよん、コミックス、ゲームがリリースされてもっともっとたくさんのトレーナーさんに知っていただくことができました。今日初めて『ウマ娘』のライブイベントを見たよって方もたくさんいらっしゃると思うんですけど、これからももっともっと私達がんばっていきますので、ずーっとついてきてくださーい!」
●うまぴょい伝説
ウマ娘からの挨拶が終わり、ステージに実況役・明坂聡美が現れてファンと駿川たづな役・藤井ゆきよにお礼の挨拶を述べると、最後の実況モードに突入した。
「しかしみなさん、大事なことを忘れていますよ? トレーナーの皆さんも最後まで盛り上がりたいですよね?」
最後はこれしかないとわかっている客席から大きな拍手が巻き起こる。
「それでは「うまぴょい伝説」を唄って本日の熱いレースを締めくくりたいと思います! 最後まで全力で駆け抜けましょう!」
ウマ娘全員の「おーーっ!」というゲキとともにおなじみのファンファーレが流れ、そのメロディに乗せたファンの手拍子に合わせて、まばゆいライトをバックにしたウマ娘達の行進する姿がシルエットで浮かび上がる。
「位置について-…ヨーイドン!」
そのかけ声と共に、誰もが待ちに待っていた「うまぴょい伝説」がスタート! これまで開催されたイベントはもちろん、テレビアニメ最終話のエンディングを経て、ゲームのグッドエンドで辿り着く大団円の歌として成長してきたナンバーだけに、ステージと客席が一体となって明るく元気に盛り上がる。
(c) Cygames, Inc. (c) 2021 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」製作委員会
「それではDAY1を走りきったウマ娘を改めて紹介していきます!」
一番を歌い終えたところで、明坂から名前を呼び上げられたウマ娘が決めゼリフと共に応援してくれたファンへの感謝を伝えていく。
(c) Cygames, Inc. (c) 2021 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」製作委員会
「女帝として存在感を放ちましたエアグルーヴ!」「また一歩理想に近づいたな!」(青木瑠璃子)
「運ではなく実力で大いにステージを盛り上げましたマチカネフクキタル!」「ハッピーカムカム福がきませり!」(新田ひより)
「明日のパフォーマンスにも期待です、ダイワスカーレット!」「カワイイ私もカッコイイ私も、やっぱり私が一番なんだから!」(木村千咲)
「論理と計算に裏打ちされた活躍、ビワハヤヒデ!」「これが勝利の方程式だ! トレーナーくん今日はありがとう!」(近藤 唯)
「姉と一緒に初出走、三冠ウマ娘の実力を示しましたナリタブライアン!」「フッ…面白いレースだった」(衣川里佳)
「まさにバクシン! 長期戦も最後まで走り抜けましたサクラバクシンオー!」「バクシンバクシン大バクシン! みんなバクシンできましたかー!? ありがとー!」(三澤紗千香)
「小さな体で大きな声援を受け取りましたナリタタイシン!」「まあ…楽しかったよ、見ててくれた? ありがとう」(渡部恵子)
「存在感はまさに世紀末覇王、テイエムオペラオー!」「楽しかった人ー!? 僕もだよ! 僕こそが最強ー!」(徳井青空)
「天真爛漫さは一着でした、ハルウララ!」「トレーナー! 今日はすっごく楽しかったー! また遊ぼーねー!」(首藤志奈)
「初の大舞台でも輝くばかりの笑顔が光りました、マヤノトップガン!」「ビクトリー! マヤに夢中になっちゃった? トレーナーちゃんありがとうございましたー!」(星谷美緒)
「ライバルと共に天高く羽ばたきました、エルコンドルパサー!」「世界最強は? そう、エルコンドルパサーとトレーナーさんデース!」(髙橋ミナミ)
「BNWのセンターとしてステージを盛り上げました、ウイニングチケット!」「みんなー! だー・いー・すー・きー・だー!」(渡部優衣)
「最後までマジメにステージをこなしました、ゴールドシップ!」「いやー、ゲート難でちまったわー、でも大丈夫! 明日もワタシから目を離すんじゃないぞー!」(上田 瞳)
「早く帰ってご飯を食べたいそうです、オグリキャップ!」「トレーナー、最高の一日をありがとう」(高柳知葉)
「トレーナーのハートを撃ち抜きました、タイキシャトル!」「バーン! 次のライブも風穴空けまーす! トレーナーさん、今日はサンキューでーす!」(大坪由佳)
「冷静さを超えた熱いパフォーマンスでした、グラスワンダー!」「今日の私は全力でした。トレーナーさん達も全力できてくれましたか?」(前田玲奈)
「明日の主役は私と言わんばかりの圧巻のレースでした、トウカイテイオー!」「無敵のテイオーは我が輩であーるー! 今日はみんなといっぱい勝っちゃったよー!」(Machico)
「トレーナーに新しい景色を届けたサイレンススズカ!」「これが、私の見たかった景色! ありがとうございましたー!」(高野麻里佳)
「そしてシンガリはもちろんこのウマ娘! 3rdイベント総大将スペシャルウィーク!」
「トレーナーさーん! スペシャルで最高のステージをありがとうございましたー!」(和氣あず未)
全員の挨拶が終わるとステージ後方にライブを盛り上げてくれた8人のダンサーウマ娘も勢ぞろいし、Machicoの合図とともにいよいよゴール前のラストスパート! 気合い満点のダンスと歌で見事なうまぴょいぶりを見せつけて、会場のボルテージを最高潮に引き上げてラストを決めてみせた。
「トレーナーさーん! これにて3rdイベント「WINNING DREAM STAGE」はゴールインとなります!」(和氣)
「みなさんの熱い想い…本当にありがとうございます! また次のレースでお会いしましょう!」(高野)
そしてスズカの合図とともに全員での「ありがとうございましたー!」の声と、イベント実現に力を貸してくれたすべてのファンへの感謝の一礼と共に、『3rd EVENT WINNING DREAM STAGE』DAY1は大団円となった。翌日に控えたDay2はどんなウイニングライブが繰り広げられるかは、次のレポートへと譲ろう。
取材・文:斉藤直樹

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着