エイプリルブルー、新作EP『いつかの
海』より「シーサイド」先行配信 &
MV公開

エイプリルブルーが11月17日(水)にリリースする新作EP『いつかの海』より、先行シングル「シーサイド」を9月29日(水)に先行配信。合わせてMVも公開された。
エイプリルブルーは管梓(For Tracy Hyde)、ムラカミカイ(I Saw You Yesterday / Inner Wall)、村岡佑樹(ARAM)、宮澤純一郎(17歳とベルリンの壁)といった別バンドでも活躍する面々に加え、ボーカル・船底春希からなる5人組バンド。

EP『いつかの海』は海を見たことがない少女と、海辺の街から転校してきた少年の出会いを描く架空の映画がコンセプトとなった作品。「シーサイド」はそのクライマックスに位置する楽曲。少女が少年に連れられ、生まれて初めて海を見る場面をイメージした楽曲。予てよりライブの定番曲であったが、今回待望の音源化となった。

レコーディングとミックスはART-SCHOOLASIAN KUNG-FU GENERATIONindigo la EndTHE NOVEMBERSなどの作品で知られる岩田純也(TRIPLE TIME STUDIO)、マスタリングは膨大なディスコグラフィを持つ中村宗一郎(PEACE MUSIC)が担当した。

また、MVはAge FactoryやFor Tracy Hyde、揺らぎ、Bearwearなど、気鋭のインディ・バンドの映像を手がける小島央大によるもの。追って発表予定のEP再現ライブ映像と共に撮影され、バンドの演奏の様子が伝わる内容となっている。

なお、EP『いつかの海』制作にあたって、特設サイトではスポンサーを募集中。出資者には金額に応じた特典が用意されている。詳しくは コチラよりチェック(http://april.blue/ep-2021/sponsor) を。


【リリース情報】

エイプリルブルー 『シーサイド』

Release Date:2021.09.29 (Wed.)
Tracklist:
1. いつかの海
2. トランスファー
3. サマータイム
4. 臨海鉄道
5. シーサイド
6. マリタイム

■ 作品特設サイト(https://april.blue/ep-2021)

■ エイプリルブルー オフィシャル・サイト(http://april.blue)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着