TVアニメ『デジモンゴーストゲーム』
竹中直人がレギュラー出演決定 OPテ
ーマにWienners、EDテーマに藍色アポ
ロが決定

10月3日(日)朝9時から放送開始されるTVアニメ『デジモンゴーストゲーム』。本作に俳優・竹中直人がレギュラー出演することが決定した。
映画『機動警察パトレイバー2 the Movie』の荒川茂樹役や映画『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』の金獅子のシキ役など、俳優でありながら声優としても活躍を続ける竹中直人。今回演じるのは視聴者を『デジモンゴーストゲーム』の世界観へといざなう謎の存在、ゴーストナビゲーターだ。合わせて本人からのコメントも到着している。
【ゴーストナビゲーター役 竹中直人コメント】
『デジモン ゴーストゲーム』竹中直人 (c) 本郷あきよし・フジテレビ・東映アニメーション
「デジモンはキャラクターたちがとてもキュートで夢があります。 そのナビゲーターをできるのはとっても楽しみ!でもちょっぴり怖い物語なので、 ホラーが大好きのぼくとしては毎回どんな物語になるのか、 わくわくしています!ナビゲーターとして、 毎週テンション高く、 そして楽しく盛り上げていきたいと思っています!」
また、本作の主題歌のアーティストとタイトルも公開となった。オープニングは4人組銀河系パンクバンドのWiennersの「FACTION」、エンディングは2020年結成のロックバンド藍色アポロによる「ペダル」。こちらもコメントが到着している。
【Wienners ボーカル/ギター 玉屋2060% コメント】
Wienners
「遠い国のおとぎ話や夢物語ではなく、 日常に潜んでいる数々の不思議。今作の『デジモンゴーストゲーム』のそんな世界観に迷い込んで彷徨(さまよ)いながら、 現実と空想の狭間(はざま)=FACTION(FACT+FICTION)をテーマにこの曲を制作しました。“恐怖”や“未知なるもの”は時として人々の好奇心を掻(か)き立てて“ワクワク”に変化して行く…そんなドキドキと高揚感をギュッと凝縮してこの「FACTION」という曲に詰め込みました。そして我々の住む世界にも潜んでいるであろう“恐怖”や“未知なるもの”の先にある真実を仲間と共に見つけた時、 きっとあなたは今までよりも少しだけ成長できる事でしょう。我々Wiennersの4人が力を合わせてこの「FACTION」へ辿(たど)り着いて強くなったようにね(照)。そんな希望も込めて、 この摩訶(まか)不思議な音楽がデジモンゴーストゲームと共に皆さんに寄り添える事を願っています」
【藍色アポロ ボーカル/ギター ナガイレン コメント】
藍色アポロ
「子供の頃は知らなかったことも今ではたくさんのことを知っています。 しかし中には“知らなくていいこと”もあるもので、 それが道を遮るもの になることもあります。今作『デジモンゴーストゲーム』の子どもたちが“本当に大切なもの”を見つけられるようにとこの曲を書きました。誰がいつ足を止めてしまってもおかしくないこの世の中でこの曲は皆さんが“それぞれの速さ”で“進むこと”を肯定してくれる一曲になって欲しいと思っています」
放映を間近にひかえ新情報が次々と発表となる本作。放送を心待ちにしたい。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着