明日の「武田鉄矢の昭和は輝いていた
」心に沁みる“雨”の歌特集、三善英
史と日野美歌が雨歌の誕生秘話を語る

10月8日(金)20時からBSテレビ東京にて放送される「武田鉄矢の昭和は輝いていた」は、2019年6月14日の再放送で「雨の慕情」「雨がやんだら」など“雨”をテーマに歌った名曲を特集、ゲストの三善英史日野美歌がそれぞれの歌の誕生秘話を語る。

昭和の時代、歴代の大ヒットナンバーを振り返ると、そこには必ず一世を風靡した歌い手たちがいた、そんな数ある名曲と歌手の魅力に迫る「この人この一曲」の第五弾。今回は、「心に沁みる雨の名曲」にスポットを当てる。雨の音が演出する、別れや出会い…。雨のしずくが涙と重なる人生のドラマ。雨を歌った名曲でも、その歌が持つテーマは実に様々だ。

別れの雨からは、朝丘雪路「雨がやんだら」、八代亜紀「雨の慕情」、愛と出会いの雨からは、さだまさし「雨やどり」、丸山圭子「どうぞこのまま」、そして、人生を歌う雨の歌からは、小室等「雨が空から降れば」、西田佐知子「アカシアの雨がやむとき」など続々紹介。また、日野美歌の大ヒット曲「氷雨」に秘められた想い、三善英史「雨」誕生秘話も。思わず口ずさんでしまう名曲で綴る1時間。
■紹介楽曲
「雨がやんだら」朝丘雪路
「冷たい雨」山本潤子
「雨の慕情」八代亜紀
「他国の雨」島倉千代子
「雨やどり」さだまさし
「雨だれ」太田裕美
「どうぞこのまま」丸山圭子
「雨が空から降れば」小室等
「アカシアの雨がやむとき」西田佐知子
「氷雨」日野美歌
「雨」三善英史

「激動の時代」と言われた「昭和」は、日本人が振り返りたくなる魅力にあふれています。 この番組では、昭和を象徴する「人」「モノ」「できごと」から、毎回ひとつのテーマをピックアップ。当時の映像・写真を盛り込み、「昭和」の魅力を再発掘していきます!

「武田鉄矢の昭和は輝いていた」

10月8日(金)20時00分〜20時54分
放送:BSテレビ東京
司会:武田鉄矢 / 須黒清華(テレビ東京アナウンサー)
ゲスト:日野美歌 / 三善英史

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着