林遣都の手に菌が拡がり、小松菜奈は
目玉に取り囲まれる 異色の映像で描
き出すラブストーリー『恋する寄生虫
』2種の予告編を解禁

11月12日(金)公開の映画『恋する寄生虫』から、本ビジュアルと2種の予告編が解禁された。
『恋する寄生虫』は、作家・三秋縋(みあきすがる)の同名小説を映画化したもの。潔癖症に苦しむ孤独な青年・高坂賢吾と、視線恐怖症の不登校女子高生・佐薙ひじりの、複雑な恋を描いた作品だ。林遣都と小松菜奈が初共演にしてW主演を果たす本作では、映画『COLORS』『LIGHT UP NIPPON』『UGLY』などで知られる柿本ケンサク監督がメガホンをとる。また、『長い散歩』、『眉山―びざん―』、『トワイライト ささらさや』などの山室有紀子氏が脚本を手がけている。
解禁された予告編は、90秒版と60秒版の2種。林演じる潔癖症の高坂が手や腕に拡がる菌を執拗に洗い落とそうとする場面や、小松演じる視線恐怖症の佐薙を無数の目玉が取り囲むシーンなど、ふたりの苦しみをVFX多用した異色の映像で描き出している。
また、ラッパー・Awichが映画にインスパイアされて書き下ろした新曲「Parasite in Love」が主題歌に決定。曲名も映画『恋する寄生虫』の英語版タイトルからとられており、「こんな世界消えればいいすぐにでも」「この悍ましき虫食いだらけの世界で僕は虫けら扱いで、でも君がいれば薬みたいに全ては和らいで」といった歌詞が印象的だ。
Awich (c)ユニバーサル ミュージック

『恋する寄生虫』は11月12日(金)全国ロードショー。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着