ペルソナを形成するデヴィッド・ボウ
イの心の旅--映画『スターダスト』レ
ビュー

デヴィッド・ボウイが音楽史に残した『ジギー・スターダスト』。世界で最も有名なペルソナが誕生するまでの若き彼の姿を描いた『スターダスト』が10月8日よりTOHOシネマズシャンテほかより全国公開される。
デヴィッド・ボウイを演じるのはジョニー・フリン。自らもミュージシャンとして活動しており、音楽的にも説得力を持たせながら本作ではどこか影のある頃の、スターになる前の姿を見事に演じきった。監督はガブリエル・レンジ。ドキュメンタリー作品を手掛けてきた監督で、過去に英国アカデミー賞新人監督賞やトロント国際映画祭で国際批評家賞を受賞。現在はデヴィッド・ボウイとイギー・ポップが西ベルリンで暮らした日々を描いた『Last for Life』の脚本を手掛けている。

今語られるジギー・スターダスト以前の
姿

デヴィッド・ボウイのパブリックイメージとして、世の中に最も浸透しているのはやはり『ジギー・スターダスト』以降の姿だろう。しかしこの映画でスポットライトが当てられるのはまだ世界が知る前のデヴィッド・ボウイの姿である。物語はそんな大名盤『ジギー・スターダスト』が世に出る前年、1971年を舞台に描かれる。時系列としては3rdアルバム『The Man Who Sold the World:世界を売った男』のリリース後の出来事だ。このアルバムは前作『スペイス・オディティ』とは打って変わった作風で、暗い世界観のもとに展開される歌詞は宗教や戦争について語り、そのセクシュアルなジャケットは鮮烈に当時の人々の目に映り波紋を呼んだ。この苦々しい経験が彼をアメリカの地に向かわせる決心をさせる。
アメリカという異国に降り立った彼は唯一のイギリス人として、周囲に理解されない感覚を用いて自らを世間知らずの宇宙人のように傍若無人に振る舞う。記者のインタビューではパントマイムを始め、ラジオでは過激な発言をして困惑させてしまう。ボウイをナビゲートすることになるマーキュリー・レコードのパブリシストであるロンはそんな前代未聞のキャラクターに戸惑いながらも手を焼くことになるが、この映画においてボウイを保護者的立ち位置で見守り支えていくキーパーソンとして奔走するのだ。
成果が得られない日々の中、ボウイは自分が世界の中心として回っているかのように、心のどこかで周囲の人たちに対して舌を出し、やり甲斐のある見合った舞台が用意されないことに不安と苛立ちを抱え込んでいく。まだ柔軟性を知らない頑なな信念が新たなルールを受け入れることを拒み、今まで知ることもなかった異国での生の反応に動揺するその様子からは、私たちが知らなかった目新しいピュアな一面が垣間見えるかもしれない。
若気の至りと言うべきなのか、そういう意味では確立する前のアーティスト特有の無根拠な自信が滲み出ているようにも見えるだろう。足取りも曖昧でかつての従来のやり方が通用せず悶々とする日々が続くが、思いがけない偶然に拾われ、自分の価値を認識してからは急発進したかのように刺激的に学び吸収していく。コラージュするかのようにさまざまな影響を取り入れて独自にミックスするスタイルであるのは、すでにこの頃には得意技としていたが、大きなターニングポイントとして描かれるニューヨークでのさまざまな出会いがこの映画の意義であり、次作へのインスピレーションとしてフューチャーされることになる。この映画は一人の悩める若者から世界が恋焦がれるスターへと変身するまでのボウイの心のロードムービーだ。

ボウイの前に立ちはだかる兄の影

たびたびボウイの目の前にコンプレックスの象徴のように現れる兄の影と過去の記憶。ボウイにはテリーという兄がいる。そんな兄は母方の精神病の遺伝の影響が降りかかってしまい、精神病院で入院中の身だ。イカれた血筋だと語るようにネガティブな意味合いで呪いのようなものだとボウイは捉えているし、いつかそれが自分にも降りかからないかと恐れている。まだ何も武装していない脆く儚げな心境が痛いほど伝わってくるようだ。宙ぶらりんの姿で答えを見つけられずにいることは時に彼を追い詰めることになる。
しかし同時に兄の存在が道を照らしてくれているのも事実だ。兄は幼い頃のボウイにレコードを買い与え、ライブにも連れて行ってくれる存在であった。そんな二人の間に笑顔は絶えなかった。音楽の原体験が回想されるシーン、不安と戦いながらも思いを馳せ、兄との繋がりが精神的支柱になっていることを強調している。自分で自分を救う方法として歌という選択肢を取ったのも兄の存在がなければなし得なかったことだ。闇の中を手探りで歩いているとき、ふと頭によぎる過去はボウイの心象風景とダイレクトにリンクしている。

デヴィッド・ボウイへの変身

まるで多くのミュージシャンが囚われるはずのオリジナリティに対しての苦悩を鼻で笑うように、彼は劇中でこんな印象的な言葉を放つ。
「別に偽物でも構わない。ロックスターとそれをまねる人に違いがある?」
その言葉の真意を彼の口から語られることは少ないが、一つの枠組みに自分が収まってしまうことを拒んでいるように見える。曲が主役になるという今までの音楽の在り方は覆され、彼自身のペルソナが先行するという前提があって、はじめてショーは完成する。そのことに気づいているのも企んでいるのも彼だけなのではないだろうか。断片的に発せられるその口ぶりや行動は質量を持たずフワフワと浮いているようにも見え、ちょうど50年後の未来からこの映画を観る人にとっては音楽史を塗り替える伏線の一部を覗き込むようで面白く映るだろう。当時はまだ女装やジェンダーレスな表現をすることに容赦なくキワモノ的視線が浴びせられることもあったが、そんな冷ややかな視線に屈することなくクリエイティビティと向き合い、一つの宇宙を創造し、グラムロックの歴史の始まりを告げることになるのだ。

デヴィッド・ジョーンズとデヴィッド・
ボウイ、似て非なるもの

デヴィッド・ジョーンズとデヴィッド・ボウイの狭間で揺れ動く彼の表情からは、靄がかかったように判然としない未来のヴィジョンが、自らの存在を定義できずに彷徨っている。明るい表情になることもほとんどなく、雲を掴むような日々を見ているとあらゆる場面で彼のナイーブさが露呈しているようだ。ジギー・スターダストが生まれる前、漠然と理想を並べていることに耽るデヴィッド・ジョーンズは空に手を伸ばす夢想家でいるのが精一杯だ。内向的で諦観の面持ちさえちらつかせるその姿にジョーンズの本質があり、赤裸々な苦悩が言葉を介さずとも、こちらの感性に訴えかけてくる。この映画を観ているとジョーンズは目の前に燦然と輝くボウイの影に追いつこうとしているようだ。
デヴィッド・ボウイとは、何かを訴えて歌うミュージシャンではなく、概念そのものだ。自分の身体をフィルターとしてゼロから新しい物語や文化を創り上げ、行き過ぎた誇大妄想の化身のように観客を熱狂させ欺く。彼はオリジナルであることにこだわらないことで、唯一無二のオリジナルになった存在だ。本物であっても偽物であっても、彼にとって評価基準はそこではなく、無数のフィクションが積み重なった人々をまやかす超然としたパフォーマンスへと結実するのである。
自在にインスピレーションを己に投影して、いつだって人々を魅了する身体性と型破りな音楽性を両立した芸術の生き写し。これが私の知るデヴィッド・ボウイ像だ。もはやそれが真実だったのか嘘だったのかすら、私たちにわかることなど一つもない。まさしくロックン・ロールの自殺者として危うさを孕みながら、煙に巻く姿すら愛おしく美しい。
世界的スターの明かされなかった影の歴史、『ジギー・スターダスト』誕生のきっかけが散りばめられた1971年のアメリカの息吹を浴びながら、伝説のショーの幕開けを目撃していただきたい。

グッズプレゼント企画&作品インフォメ
ーション

公開記念!映画『スターダスト』グッズプレゼント 映画『スターダスト』の公開を記念し、抽選で2名様にオリジナルTシャツをプレゼント。応募方法をチェックして、オリジナルTシャツを手に入れましょう! 【応募方法】 (1)DIGLE MAGAZINEのTwitter(@digle_tokyo)をフォロー (2)こちらの投稿をRT 【応募締め切り】 応募締切:2021年10月16日(金)18:00 【当選者発表】 当選者はDIGLE MAGAZINEのTwitterより、DM(ダイレクトメッセージ)にて通知させて頂きます。 ※当選者にはMサイズ or LサイズのオリジナルTシャツをランダムで発送いたします。サイズは選べませんのでご注意ください。 ※当選後、住所の送付が可能な方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。

INFORMATION 映画『スターダスト』 2021年10月8日(金)劇場公開 監督:ガブリエル・レンジ プロデューサー:ポール・ヴァン・カーター, ニック・タウシグ, マット・コード 脚本:クリストファー・ベル, ガブリエル・レンジ CAST:ジョニー・フリン/ジェナ・マローン/デレク・モラン/アーロン・プール/マーク・マロン 2020 年|イギリス/カナダ|109 分|原題:STARDUST|PG12 (c)COPYRIGHT 2019 SALON BOWIE LIMITED, WILD WONDERLAND FILMS LLC 提供:カルチュア・パブリッシャーズ/リージェンツ 配給:リージェンツ 宣伝:ビーズインターナショナル 『スターダスト』公式サイト

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着