宮尾俊太郎、覇気溢れる屈強な戦士・
ラオウとなる ミュージカル『フィス
ト・オブ・ノーススター 〜北斗の拳
〜』ビジュアル撮影レポート

全世界、累計発行部数1億部超えの伝説的人気コミック「北斗の拳」が、日本発のオリジナルミュージカルとして、2021年12月、東京・日生劇場にて上演される。タイトルは、ミュージカル『フィスト・オブ・ノーススター~北斗の拳~』。音楽にフランク・ワイルドホーン、演出に石丸さち子、脚本・作詞に高橋亜子というトップクリエイターたちが集結して創作される注目の本作において、北斗ファンの間でも人気が高いラオウ役は、ミュージカル界、バレエ界のそれぞれのトップを極めた福井晶一、宮尾俊太郎の二人がダブルキャストで務める。このほど、宮尾俊太郎のビジュアル撮影のレポートが届いたので紹介する。

撮影最終日、オーラスでの登場となったのが、ラオウ役の宮尾俊太郎。宮尾はスタジオに着くなり私服のままセッティング中のカメラスタッフの元へ。撮影プランを自らヒアリングし、姿見の前で軽くポーズを作って確認したのちにメイクルームへと入室した。
宮尾俊太郎 ビジュアル撮影の様子     (C)武論尊・原哲夫/コアミックス 1983 版権許諾証GS-111
そして……支度を整えて登場したのは、これまでの宮尾のイメージを覆すような覇気溢れる屈強な戦士・ラオウ。身に纏うひとつひとつのアイテムのデザインはシンプルだが、真紅のマントの質感と重厚感あるネックレス、そしてリストバンドとベルトに施された大振りな赤い石の輝きがラオウのゴージャスなオーラを最大限に際立たせている。まずは撮影エリアに入り、軽い腕立て伏せでパンプアップ。マントが揺れ不意に覗く肩のラインも逞しく、見守るスタッフ陣も「これはヤバイな」とスイッチON。流れるように撮影がスタートした。
レンズに向かってまっすぐ立ち、じりじりとパワーを溜め込むように集中、眉間に力を込め胸を張る。それだけでもうラオウの威厳が滲み出てくるのはさすが。グッと足を開きカメラを威圧する宮尾の身体は、さっきよりもさらに大きく見える。両腕を広げ微動だにしない姿はこの世の全てを掌握した者のそれ。身体を翻し、肩越しに右手をこちらへグイッと突き出す制圧の一瞬にはあちこちから「うおっ」と称賛の声が上がるのがわかった。さらに、逆光に照らされながら振り向きざまにグッと拳を握った腕を上げてみせる。迫力と光のマジックが生んだこの絶好の1枚、居合わせた人々からも拍手が!
宮尾俊太郎 ビジュアル撮影の様子     (C)武論尊・原哲夫/コアミックス 1983 版権許諾証GS-111
カメラに向かって殴りかかるような“瞬間”の撮影では「何も殴ったことのない手なので(笑)」とおどけつつ、合図に合わせてキッチリ決めてみせる。激しい動きはないが、存在とポージングで見せていく撮影は体幹にも深い刺激を与えるのだろう、宮尾自身のテンションは上がる一方。ラオウとして振る舞うこの時間を堪能しているのが、ほとばしる達成感の表情から大いに感じられた。
宮尾俊太郎 コメント
カメラマンさんと衣装さん&メイクさんのかけるマジックで楽しんだビジュアル撮影を経験し、自分の中でもラオウという役への具体的な兆しが見えた気がします。みなさんが知っている原作で…僕も当然知っていますからね。やはり極限までそのイメージには近づける努力はこれからもしていきたい。「俺に後退はない、あるのは前進勝利のみ」ってね(笑)。
20XX年。世紀末の中で自分の精神に筋を通して生きていける人って本当に素敵だと思う。僕は今回ラオウからその真髄を学ばせていただきます。ストーリーラインでは親子、男女、兄弟、家族……たくさんの「愛」が描かれていきますが、最後はそういうのをすべて突き抜けたところまでたどり着きたい。真の誇り、プライド……作品の本当の核となってくるこの世界に生きる男たちの美しき姿、それらはフランク・ワイルドホーンさんの音楽と演出家の石丸さち子さんの手によって浮き立たせていただける気がしているので、そういった魂の部分も深めていく作業が楽しみです。己を貫いた男たちの生き様に涙し、何か尊いものを見たような感じ、「なんかわからないけど泣けたなぁ」というところまで作り上げられたらいいなと思っています。
今まで死のダンサーをダブルキャストで演じていた大貫勇輔くんとは“初共演”。今回は僕らがケンシロウとラオウ、めちゃくちゃ生きている役を演じます! 演劇的ドラマ性と肉体的な部分と精神的な部分の表現、音楽と光と…ワイヤーアクションやバトルシーンもありますし、もう相当に見応えのある、大変なことをやる舞台(笑)。まさに日本が送り出す、他に類を見ないオリジナルミュージカルになることでしょう。みなさん、絶対観たほうがいいと思いますよ!
取材・文=横澤由香

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着