L→R NADiA、TOMOYA、YUYA、NANA

L→R NADiA、TOMOYA、YUYA、NANA

【THE SAVAGE インタビュー】
“ここから始まっていく”という
エネルギーを詰め込んだ

アルバム制作のたびに
世界が広がっていく

どの曲もサウンドのプロデュースが素晴らしいです。みなさん自身も新しい曲をいただく度にテンションが上がっていたんじゃないですか?

NANA
聴かせていただくたびに“うわー! これ、絶対カッコ良い!”となっていました!
NADiA
プライベートでも自分たちの曲を聴いちゃいます。

ダンスミュージックの魅力をTHE SAVAGEとして表現していますよね。例えば「Candy Sky」はUKガラージやスピードガラージが下地になったサウンドであると同時に、J-POP的なメロディアスさを感じます。

NANA
ダンスミュージックをはじめ、さまざまなジャンルを吸収しつつ、オリジナリティーのあるかたちで世に出していくのがTHE SAVAGEの目指す方向であり、自分たちの強みになっていくと思っています。ダンスと歌、男女混声のラップ、男女混声のヴォーカルというスタイルで、さらに面白くできる予感がしていますし、今作の制作も楽しかったです。

和の要素と言えば、TOMOYAさんの植木屋さんとしての経験も何か反映できていたりします?

TOMOYA
実家の庭も和ですから、そういうのはずっと感じていますけど…それがTHE SAVAGEに反映されているのかどうかは分からないです(笑)。

(笑)。「Gold Round(TwiLight Mix)」もエネルギッシュなダンスサウンドであると同時にメロディアスで。今年4月にリリースしたアルバム『THE WHITE STORY+』に収録されている「Gold Round」のニューバージョンなんですね?

NANA
はい。再度レコーディングをして、歌詞も少し変えました。前回はディスコサウンドだったのですが、その時からアフロビーツという案が出ていたんですよね。再録することが決まったので、“両方やっちゃおうか?”ということで今回のバージョンになりました。同じ曲でもビートが変わることによって印象が変わりますね。
NADiA
私は個人的にもアフロビーツが好きなので、新しく生まれ変わってテンションが上がっています。“次は私たちのラウンド。私たちが輝く番だ!”という意味も込めてタイトルをつけたんですけど、今回のアルバム自体も“行くぞ、THE SAVAGE!”という勢いのある作品なので、気持ち的にもマッチしています。

「Dirty Wolf Moon」のシンセベースの感じは80’s的なものを感じましたし、「MidNight SunLight」はニュージャックスウィングですから、今作にはさまざまな時代のサウンドが入っていますね。

NADiA
幅広くいろいろなジャンルを取り込みたいので、私たちもアルバム制作のたびに世界が広がっていく感覚がありますし、聴いていただける方にもそこを楽しんでいただけたら嬉しいです!
YUYA
「MidNight SunLight」は八王子エリアのTokyo Star Radioで放送している『及川奈央とNewJack拓郎の未来進行形ラジオ「おめおじゃ!」』という番組から“曲を作りませんか?”というお話をいただいたのがきっかけでできたんです。TOMOYAくんの地元が八王子という縁もあって。
TOMOYA
パーソナリティーがNewJack拓郎さんなので、ニュージャックスウィングの曲になりました。

なるほど。そして、今作のラストは「SunLight Yellow [Instrument]」。THE SAVAGEのデビュー曲のピアノインストですね。

NANA
はい。デビューから一周年なので、この曲のインストを入れることにしました。1曲目の「Overture ~White Noise~」もピアノなので、ループして聴ける一枚になっています。

今作が完成して、どのようなことを感じていますか?

NANA
音楽的にもTHE SAVAGEの可能性を広げることができたからこそ、“ここからまた行くよ!”という気持ちを示せたと思います。
NADiA
THE SAVAGEは別々のジャンルで活動していた4人が集まっていますけど、それが魅力にもなると思うので、これからも自分たちに誇りを持って活動していきたいです。曲を聴いてくれた方が少しでも元気になったり、THE SAVAGEはまだ始まったばかりですけど、こうして夢を抱くことで広がる可能性を感じていただけたらと思っています。とにかく“ここから始まっていく”というエネルギーを詰め込んだので、それを受け取ってもらえたら嬉しいです。

取材:田中 大

ミニアルバム『The Day』2021年10月13日発売 WarRock
    • POCS-25907
    • ¥1,800(税込)

ライヴ情報

『THE SAVAGE LIVE’21“THE FIRST RGB”』
10/23(土) 東京・渋谷Studio Freedom

THE SAVAGE プロフィール

ザ・サヴェージ:2020年9月に結成された男女混成ダンス&ヴォーカルグループ。クラシックバレエ、フラメンコダンス、コンテンポラリー、ジャズなどさまざまなジャンルを得意とするNADiA。4歳からダンスを始め、ジャズ・ヒップホップを得意とし、バックダンサーや振り付けアシスタントを務めるNANA。サポートダンサーとしてライヴやMVへの出演を多数経験し、ラップも得意とする他、リリック制作にも積極的に取り組むYUYA。韓国発の公開オーディション『PRODUCE 101 JAPAN』では練習生に選ばれ、歌手を目指しながら実家の家業である植木屋の仕事もこなすTOMOYA。さまざまな経歴を持つ4人が集結し、強い決意を持って“ヤバイ”ものを作り上げていく。THE SAVAGE オフィシャルHP

「Clap For Klap」MV
~Short version~

「Infinity」MV
~Short version~

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』