EXILE NAOTOが角材をふり回して大暴
れ 映画『ダンシング・マリー』予告
編でCrystal Kayが歌う主題歌「ひと
りじゃないから」も解禁に

11月5日(金)に封切られる映画『DANCING MARYダンシング・マリー』から、Crystal Kayによる主題歌「ひとりじゃないから」が流れる予告編が解禁された。
(c)2021 映画「DANCING MARY」製作委員会
『DANCING MARYダンシング・マリー』は、映画『弾丸ランナー』や『Mr.Long ミスター・ロン』などで知られるSABU監督の最新作。市役所職員と霊能力を持つ高校生が、解体予定のダンスホールに棲みついた霊に恋人の捜索を依頼され、時空を超えて奮闘する姿を描いたヒューマン・コメディだ。主人公の市役所職員・藤本研二を演じるのは、本作で長編映画単独初主演を果たすEXILE NAOTO(EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)。また、霊能力を持つ高校生・雪子役で映画『シグナル100』などの山田愛奈が共演。そのほか、解体予定のダンスホールに棲みついたダンサー・マリー役で、ドラマ『プロミス・シンデレラ』(TBS系)の坂東希、マリーの恋人・ジョニー役で吉村界人、“伝説のヤクザ幽霊”役で石橋凌らが出演している。

公開された予告編では、解体予定のダンスホールに棲みつくダンサーの霊・マリーから恋人の行方を探してほしいと頼まれた、EXILE NAOTO演じる研二と、山田愛奈演じる雪子が各地を駆け巡り、時空を超えて奮闘する様子が収められている。ふたりが、なぜか石橋凌演じるヤクザの幽霊を仲間に旅を続ける姿や、研二が角材を手に必死で戦うシーンも公開されている。また、本予告編ではCrystal Kayが歌う主題歌「ひとりじゃないから」が解禁。同曲は、11月5日(金)にリリースされる予定だ。
Crystal Kayのコメントは以下のとおり。
Crystal Kay
Crystal Kay
「ひとりじゃないから」は岡島かなたさんとUTAさんとの三人での共作でした。
今の世の中、誰もが孤独を感じたり、会いたくてもなかなか会えないという状況に置かれている中で、
人と人との繋がりの⼤切さを表現したいと思いました。
誰かが苦しんでいる時や悲しんでいる時、悩みがある時に、心を開ける相⼿になってあげたい、"遠く
にいてもそばにいるよ"って存在になってあげたい!
聴いてる人に寄り添う事ができる曲になったら嬉しく思います!
『DANCING MARY ダンシング・マリー』は11月5日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着