雑誌「ユリイカ」で発表した原稿を中心に収録

雑誌「ユリイカ」で発表した原稿を中心に収録

藤津亮太が3つの視点でアニメ表現を
考える評論集「アニメの輪郭」発売

雑誌「ユリイカ」で発表した原稿を中心に収録 アニメ評論家の藤津亮太氏による評論集「アニメの輪郭-主題・作家・手法をめぐって-」(青土社刊)が10月12日に発売された。
 芸術総合誌「ユリイカ」に発表されたものを中心にアニメという表現の特性を考える評論を収録。「そこに何が描かれていたか 時代・主題をめぐって」「それは誰が描いたものなのか 監督・演出をめぐって」「それはどのように描かれたものなのか アニメ・漫画・実写の界面をめぐって」の3つの視点に分けられ、「監督・演出をめぐって」では岡田麿里、今敏、菅野よう子、庵野秀明、押井守らの作品について触れられている。
 四六判・並製、256ページで価格は1980円(税込)。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着