Kick a Show、中森明菜のデビュー曲
「スローモーション」をカバー トラ
ック・アレンジはokadada

Kick a Showが中森明菜のデビュー曲「スローモーション」をカバー。10月29日(金)にリリースすることが発表された。

先日、およそ2年ぶりにソロ活動の再開をアナウンスし、Black Pumasのサポート・キーボディストとしても知られるJaRon Marshallによるリミックス作品「Natsuka Shit (JaRon Marshall Remix) feat.Caryn10 & reverv Kueen」をリリースしたKick a Show。
「スローモーション」は来生えつこ・たかおの姉弟が作詞・作曲したヒット・ソング。Kick a Showによるカバー音源はDJのokadadaがトラック・アレンジを担当している。さらに、来生たかおへのオマージュを捧げたカバー・アートワークは、Kick a Show作品ではお馴染みのクリエイター・マザーファッ子によるもの。リリース日にはマザーファッ子によるビジュアライザーの公開も予定されている。

【Kick a Show コメント】

「Natsuka Shit」のリミックスをリリースしてから間もないですが、今年も名曲のカバーを発表させていただきます。

タイトルは「スローモーション」。80年代の日本の名曲、中森明菜さんの記念すべき1枚目のシングル曲としてリリースされているこの曲は、来生さん姉弟の作詞・作曲によるものです。来生たかおさんのセルフカバーが個人的に好きということもあり、Grover Washington Jr. & Bill Withersの名曲「Just the Two of Us」のアレンジカバー、ORIGINAL LOVEさんの名曲「接吻」に続いて久々の名曲カバーシリーズになりました。今回のトラックは、以前から一緒に楽曲をリリースしているokadadaさん。度々、好きな歌謡曲の話やチェックしてる海外アーティストを共有しあったりとokadadaさんとは音楽の話をする場面も多く、今回制作のお話をさせていただきました。心地いいダブに乗っかって歌う「スローモーション」は、たくさんあるカバーの中でもいい意味で一際異色。僕らしく現代のダンスミュージックシーンにもってこいの一曲になったと自負してます。ちなみにアートワークは、ラブとリスペクトを込めて来生たかおさんの「ジグザグ」のジャケットをオマージュしてマザーファッ子に作っていただきました。1つのカバーでたくさんのストーリーがありますが、残りはインタビューか何かで皆さんに伝えようと思います。長くなりましたが、この機会に是非、中森明菜さんや来生たかおさんの原曲との違いを楽しみながら僕のカバーシリーズと共に聴いて下さい。


【リリース情報】

Kick a Show 『スローモーション』

Release Date:2021.10.29 (Fri.)
Label:Rambling RECORDS
Tracklist:
1. スローモーション

■ Kick a Show オフィシャル・サイト(https://www.kickashow.com/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着