L→R 後藤友輔(Gu&Key)、岡田浩暉(Vo)

L→R 後藤友輔(Gu&Key)、岡田浩暉(Vo)

【To Be Continued インタビュー】
デビューからの全てが
網羅できる一枚になったと思う

90年代に「君だけを見ていた」や「逃げたりしない」など大ヒット曲を連発し、2000年に休止したTo Be Continuedがデビュー30周年となる今年、活動をリスタートさせた。再始動のいきさつやニューアルバム『Paradise in life』について、活動休止後は俳優としてさまざまな作品に出演していた岡田浩暉(Vo)にメンバーを代表して語ってもらおう。

恋愛って一生勉強だから、
一生懸命に努力しなくちゃいけない

20年振りの再始動のニュースにとても驚きました。

ありがとうございます。僕たち自身、20年前に休止してこれまでの間、“いつかやれたらいいな”とは思っていたんです。そう思わせてくれたのは、“ずっと聴いていました”“またやってくださらないんですか?”と声をかけ続けてくださったみなさんの存在があったからなんですよね。僕もTo Be Continuedの曲は大好きなので、年齢を重ねるほどに“なぜあの時は曲をもっと深くまで理解できなかったんだろう?”と思うこともあったので、もう一度歌いたいとも思っていたんです。だからこそ、再始動を決めて発表した時に、本当にたくさんの方が喜んでくださったことを嬉しく思いますし、改めてこの曲たちがみなさんの元気の源になってくれたらいいなと思っています。

深く理解したのはどんな部分だったのでしょうか?

リーダーの後藤友輔は僕よりも年上なので人間的にも深いですし、書く内容も深かったんですよね。例えば、恋愛を歌った曲であっても、ふたりの男女がいて、こんなやりとりがあって、本当はこんな想いがあったってところまで書いていたとしたら、今の僕ならもっとふたりの問題や未来、希望なども感じて歌うことができたと思うんです。今回、「うまく言えないけど」という曲は男性目線と女性目線、2種類のレコーディングをしたんです。それができたのは、今だからこそだと思っています。

技術面でもかなりの変化があったと思うのですが。

そうですね。実は、これまで譜割りもある程度自由に歌っていたんですが、実際に作られた譜割りをしっかりと辿ってみると、まったく音ノリが違うんですよ。そう思うと、当時はメンバーのふたりが僕の歌い方に寄り添って進行してくれていたんだなと感じました。

「君だけを見ていた」は多くの人の青春の曲になっていると思います。改めて歌ってみていかがでしたか?

すごく嬉しかったですね。ただ、“いいものにしたい”という気持ちが強すぎて、本当に苦労したんです。20年振りに再始動するからには、20歳ぶんの進歩をしていなくちゃいけない想いがあって。どうしたら当時のあの曲を超えられるのかと悩み、アレンジもかなり考えました。でも、らちが明かなかったんですよね。その時、“もしかしたら当時の曲と戦おうとしていない?”と気づいたんです。この曲を愛してくださった方々がたくさんいるからこそ、僕たちもこの曲を改めてリスペクトして、“オマージュ”として歌うことが正解なんじゃないかと思ったんですよ。

なるほど! 確かに当時の雰囲気がありつつ、今っぽさもあるアレンジでとても素敵でした。

ありがとうございます。レコーディングに関しても、当時はその歌詞の登場人物として歌っていたところがあるんですが、今回は少し違っているんです。AメロとBメロは当時を思い出して、サビは今の自分で歌っているんですが、恋愛って良い時ばかりではなくて大変な時もありますよね。仮にゴールしたとしても、その先にまだいろいろなことがあって、男女の関係は続いていくんです。決してそこで終わりではなくて、まだまだ先があるということを歌っていて。恋愛って一生勉強だから、本当に素晴らしいものにしていくためには、自分も一生懸命に努力しなくちゃいけないんですよね。そういったメッセージも込められたような気がします。もちろん今回のアルバムには、“あなたといることがただただ喜びなんだ”と歌っているラブソングもありますが、前述のように愛の深いところまで歌う曲も入った作品となりました。

中でも「手紙」はすごく素敵な曲ですね。

この曲は活動を休止する直前に作ったんです。今回、未発表曲を入れようと思ったのは、“この20年の休止期間を少しでも埋められたらいいな”という気持ちが大きいからなんです。休止する前までTo Be Continuedは未来を見つめていたんですよ。だからこそ、その先にあった音楽を聴いていただくことによって、“ただ止まりたくて止まったのではない”という気持ちを届けられたらと思ったんです。アルバムには旧作の馴染み深い曲、そしてブランクを埋めていただけたらと願っての曲、さらに3人が音楽の仕事を20年間してきた中で改めて作るTo Be Continuedの曲が入っているので、デビューからの全てが網羅できる一枚になったと思います。

ということは、未発表曲はまだまだありそうですね。

歌詞のついていない曲はたくさんあります。今回のアルバムをみなさんが喜んでいただけたのなら、ぜひ聴いていただきたいと思っています。
L→R 後藤友輔(Gu&Key)、岡田浩暉(Vo)
アルバム『Paradise in life』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』