(C)2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

(C)2021 20th Century Studios. All Rights Reserved.

【映画コラム】どちらも映画館で見る
べき映画『最後の決闘裁判』と『DUN
E/デューン 砂の惑星』

黒澤明監督の『羅生門』をほうふつとさせる『最後の決闘裁判』
 1386年、百年戦争のさなかの中世フランスを舞台に、実際に行われたフランス史上最後の「決闘裁判」を基にした歴史ミステリー。アカデミー脚本賞を受賞した『グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち』(97)以来、久しぶりにマット・デイモンとベン・アフレックが共同で脚本を執筆。デイモンはエグゼクティブプロデューサーも兼任した。監督はリドリー・スコット。
 騎士ジャン・ド・カルージュ(デイモン)の妻マルグリット(ジョディ・カマー)が、夫の旧友のジャック・ル・グリ(アダム・ドライバー)から性的暴行を受けたと訴えるが、目撃者は誰もおらず、ル・グリは無実を主張。真実の行方は、カルージュとル・グリによる生死を懸けた「決闘裁判」に委ねられる。
 物語は3章に分かれ、カルージュ、ル・グリ、マルグリット、それぞれの視点や言い分が映される。これは、同じシーンを別の角度から撮って表現することができる映画ならではの手法だが、黒澤明監督の『羅生門』(50)をほうふつとさせる。
 『羅生門』も、平安時代の京を舞台に、ある武士の殺害事件の関係者や目撃者が食い違った証言をする姿をそれぞれの視点から描いているからだ。
 実際、エリック・ジェイガーの原作を読んだデイモンは、スコットの監督デビュー作である『デュエリスト/決闘者』(77)を思い浮かべて、彼とコンタクトを取った際に、『羅生門』について熱く語ったという。
 スコットは「ある行為が三度描かれ、三つの違った視点から語られる。登場人物は同じ時間を過ごしたはずなのに、証言は微妙に異なる。観客も何が真実なのか、誰が本当のことを語っているのか分からなくなる。私はそこに引き付けられた」と語っている。
 つまり、この映画は「決闘裁判」というヨーロッパの旧習と『羅生門』的な作劇法を結びつけたところがユニークなのだ。また、そこに寒々しい風景、合戦シーンや決闘シーンの派手なバイオレンスやスペクタクルを盛り込むあたりがスコットの面目躍如だとも言えるだろう。
 そして、ひたすらメンツにこだわる2人の男の嫌らしさに比して、マルグリットをしっかりと主張をする女性として描いているところに、中世を舞台にしながら現代的な視点が感じられる。
壮大な序章『Dune/デューン 砂の惑星』
 かつてデビッド・リンチ監督が映画化(84)したフランク・ハーバートのSF小説を、ドゥニ・ヴィルヌーブ監督が新たに映画化したスペクタクルアドベンチャー。2部作の第1弾で、原作の前半部分のみを描いているが、それでも2時間35分という長尺だ。
 人類が地球以外の惑星に移住し、宇宙帝国を築いた西暦1万190年。一つの惑星を一つの大領家が治める厳格な身分制度が敷かれる中、レト・アトレイデス公爵(オスカー・アイザック)は、通称「デューン」と呼ばれる砂漠の惑星アラキスを治めることになった。
 アラキスは抗老化作用を持つ香料メランジの唯一の生産地。アトレイデス家は莫大な利益を得るはずだったが、それは皇帝とメランジの採掘権を持つハルコンネン家による罠だった。
 やがて、レト公爵は殺され、側室のジェシカレベッカ・ファーガソン)と息子のポール(ティモシー・シャラメ)も命を狙われることなる。
 最初は、なじみのない名称や耳慣れない固有名詞の羅列に戸惑うが、やがて、ビジュアルの素晴らしさ、独特の質感や色遣い、ハンス・ジマーの音楽、地響きがするような音響効果が相まった世界に圧倒される。リンチはこの壮大なSFとの戦いに敗れたが、ヴィルヌーブは見事にものにした感がある。それもまだ序章に過ぎないのだ。
 同じくヴィルヌーブ監督作の『メッセージ』(16)では、日本の米菓「ばかうけ」の形に似た空中を浮遊する物体が話題となったが、今回も浮遊物が多数登場する。これは彼の好みなのだろう。それもまた面白い。
 コロナ禍の影響もあり、小粒で渋い映画が目立つ中、久しぶりに映画館で見ることが必須だと感じさせる映画が登場したと言っても過言ではない。(田中雄二)

エンタメOVO

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着