『おそ松さん』第3期の振り返り&爆
笑アフレコ裏話で大盛り上がり スペ
シャルイベント『フェス松さん’21』
レポート

TVアニメ『おそ松さん』のスペシャルイベント『フェス松さん’ 21』(2021年6月6日・中野サンプラザにて開催)のBlu-ray&DVDが、2021年12月24日に発売される。過去最多となる13名のキャストが集結し、シリーズ構成:松原 秀による書きおろし新作朗読劇や、第3期を振り返るトークコーナー&ゲームコーナーで盛り上がった本イベントのレポートをお届けする。
【レポート】アフレコ裏話&新作朗読劇で大盛り上がり
今回が3回目のイベントとなった『フェス松さん’ 21』は、前回と同じく、イベント構成・脚本を本編シリーズ構成の松原秀氏が担当。6つ子役のキャストのほか、第3期で登場した新キャラクター・双子AIロボット「オムスビ」役の山本一臣が初登場。総勢13名のメインキャストが一堂に集まった。
(c)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会
開演時間を迎えると、『おそ松さん第3期第7話「こぼれ話集3」に登場した小野大輔が演じる十四松知事による開会の挨拶からスタート。「えー、県民の皆様におかれましては、昨今、類まれなる、大胆、かつ繊細な、もしくは、非常に多大なる遺憾の意を、いかんぞと。これはいかん!…」という本編と変わらず意味不明な挨拶と、間髪なくツッコミを入れる司会役の櫻井孝宏の軽妙なやり取りに、早速会場が早速沸いた。そして、満を持しておそ松役の櫻井をはじめ、13名のキャストが登場。観客は声が出せない分、ペンライトや大きな拍手で迎えていた。
イベントでは、第3期を振り返るトークコーナー「振り返り松」、松原秀氏書き下ろしの新作ろうどく劇「シン・こぼれ話集」、着ぐるみ6つ子のダンスSHOW、そして今回のイベントビジュアルにもなっている「カジノ」をモチーフにしたミニギャンブルゲーム「稼げ!6つ子ダービー」といった盛りだくさんのプログラムが行われた。
「振り返り松」で爆笑アフレコ裏話が明らかに
「振り返り松」では、各キャストが印象に残った第3期のエピソードについてトーク。キャストによる爆笑アフレコ裏話などが明かされた。
福山は、第19話「すもう部屋」をピックアップ。最後に収録したため、お相撲さんのお芝居のバリエーションに苦労したそう。入野は、トド松のお芝居がこのエピソードの面白さを左右するポジションだったため、どう演じるか考えた印象的なエピソードだったそう。
中村は、カラ松のギターの弾き語りシーンがあった17話の「芋煮会」を挙げ、なぜカラ松だけ歌唱シーンがあるのかと質問をぶつける。が、「おもしろいから」「様になるから」「声がいいから」など、なんとなく言いくるめられてしまう。視聴者からの、「里芋を“ビレッジポテト”と言ったのはアドリブなのでしょうか」という質問には、あくまでも台本であることをアピール。ところが入野から、別の話数の収録で中村が、自分から率先してアドリブに挑戦したものの、ツボに入って笑いが止まらなくなり、アドリブを諦めたという裏話が明かされた。
他のキャラの印象的だったエピソードとしては、櫻井や中村が、第20話「チョロ松記念館」をピックアップ。チョロ松と神谷をいじる台本について盛り上がった。鈴村は、第12話「AI」をあげ、スケロク(CV:立木文彦)のセリフのインパクトを振り返った。ちなみに6つ子が声をそろえて言うかけ声は、別ブースで収録している立木には内緒で、練習していたというエピソードも。
小野は、第21話「トトデレラ」のトト子のモノローグが最高だったそう。そして、特に票を集めたのが、第1話「降板」のトド松だったという。「自分のうんこは自分で探して」というトド松のセリフの言い方について、「誰も真似できない」と絶賛された。また、第19話「すもう部屋」でトド松が吹っ飛ばされるお芝居や、第15話「ノーチャンス裁判」もキャスト人気が高かった。
着ぐるみ6つ子たちがグッズ紹介
その後は、「おそ松さん」公式Youtubeで最終回が公開されたばかりの「入野自由グッズ開発室」で、制作した商品のお披露目会。入野の呼びかけで、着ぐるみ6つ子たちがTシャツやスカジャンを持って舞台に登場し、キャストと共にアピール。ピンクTシャツを裏返したり、自分が着ようとする着ぐるみのカラ松に、中村が「カラ松違う!」とツッコんだり、神谷が「ボケてる時間ないんだよ!」と叱ったりと、カラ松のボケっぷりに盛り上がった。
続いて、TVアニメシリーズの脚本、シリーズ構成を務める松原秀が本イベントのために書き下ろした新作ろうどく劇「シン・こぼれ話集」として、(1)「店番」、(2)「カウンセリング」、(3)「入店拒否」、(4)「壊れた?」、(5)「トイレットペーパー」、(6)「ワクチン接種」、(7)「トトデレラ番外編」といった計7話の新作ショートエピソードが披露。コロナ禍ということもあり、エピソードの合間に、音楽に合わせて着ぐるみ6つ子たちが、消毒スプレーを振る姿も。
最終話となる「トトデレラ番外編」では、櫻井のトトデレラの継母の演技に、神谷と入野が「まだ(演技を)迷っている。ヘタクソ!何年やってるのよ!」と素のリアクションをするという「おそ松さん」らしいメタなやりとりも見られた。
6つ子キャスト✕着ぐるみ、勝つのはどのペア?
また、今回のイベントはカジノがモチーフということでミニギャンブルゲームを実施。「無限フラフープ」、「ワンバウンドキャッチ」、「トッティを探せ」、「ペア長縄跳び」といった4つの競技を6つ子キャスト✕着ぐるみペアで挑戦。それぞれどのペアが勝つかを残りのキャスト陣で予想し、仮想通貨を賭けて戦うというコーナーだ。4競技を終え、一番予想が当たったのはトトチビ(遠藤綾・國立幸)ペア。見事賞金10万円を手にしていた。
ちなみに対決する6つ子たちにも勝つたびに「お買い物カード1000円分のおこづかい」をプレゼントということもあって、6つ子たちも真剣勝負。視界が悪い着ぐるみのために6つ子役キャストが気遣ったり、ツッコんだりとドタバタとしたやりとりに観客だけでなくステージ上でも爆笑が生まれた。
新作アニメ制作&全国劇場での期間限定公開が決定
昼の部の最後には、今年で6周年となることを記念し、『おそ松さん』新作アニメ制作&全国劇場にて第1弾を2022年、第2弾を2023年に期間限定公開が決定したことが発表され、これまで声を出すことを我慢していた観客から思わず歓声がこぼれるなど、嬉しいサプライズに会場の熱気は最高潮に達した。
長男、おそ松役を務める櫻井孝宏は、「これだけ楽しくイベント開催できたのは皆さんのおかげです。そして来てくださったからには、見てくださったからには、次につながるお知らせをしたい!と思って先ほどの発表をさせて頂くことができました!発表していたら作るしかないので、いいシナリオを皆さん期待していてください!」と劇場公開に向けて意気込みをコメント。最後は着ぐるみ6つ子も含め全員で「シェー!」とポーズを決め、温かい拍手の中、幕が閉じた。
『おそ松さんスペシャルイベント フェス松さん’ 21』Blu-ray&DVDは、2021年12月24日発売。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着