映画『とんび』の出演者たち (C)2022「とんび」製作委員会

映画『とんび』の出演者たち (C)2022「とんび」製作委員会

阿部寛&北村匠海が親子役を演じる映
画『とんび』 薬師丸ひろ子、杏、安
田顕、大島優子ら、追加キャストが発
表に

 阿部寛北村匠海が親子役で初共演する映画『とんび』の追加キャストが発表された。
 本作は、重松清氏のベストセラー小説を、『64 -ロクヨン-』などの瀬々敬久監督が映画化する。
 物語の舞台は、昭和37年、瀬戸内海に面した備後市。運送業者で働くヤス(阿部)は愛妻との間に待望の息子アキラ(北村)を授かったが、ようやく手に入れた幸せは、妻の事故死で無残にも打ち砕かれてしまう。こうして父子2人きりの生活が始まる。
 ヤスの姉貴分でアキラをわが子のようにかわいがる、小料理屋「夕なぎ」のおかみ・たえ子を薬師丸ひろ子、出版社に勤める編集者でアキラの婚約者・由美を、ヤスの幼なじみで薬師院の跡取り息子・照雲を安田顕、照雲の妻・幸恵を大島優子、ヤスの妻でアキラの母・美佐子を麻生久美子、薬師院住職で照雲の父・海雲を麿赤兒が、それぞれ演じる。     
 薬師丸は「『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の瀬々監督と、再びご一緒させていただけることに心踊りました。そして偶然にも“8年越し”と同じく、岡山でのロケ。街の皆さまの多大なご協力のもと、温かく優しい気持ちに包まれながらロケに参加しました」と語った。
 杏は「阿部さんとは以前共演させていただいたこともあり、とても気さくに話しかけてくださってうれしかったです。北村さんとは割と年齢が離れているので、最初夫婦と聞いて驚きましたが、とても落ち着かれていて安心感がありました。完成した作品を見て、時代を超えて、何度もぶつかり合い、支え合い、交差しあう人間の愛のドラマに、何度も涙が流れました」とコメントを寄せた。
 映画は2022年、全国公開。

エンタメOVO

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着