第18回ショパン国際ピアノ・コンクー
ル 反田恭平が日本人として51年ぶり
の2位入賞 小林愛実が4位入賞

ポーランド・ワルシャワにて開催されている第18回フレデリック・ショパン国際ピアノ・コンクールにて、反田恭平が第2位、小林愛実が第4位に入賞した。反田は、これまでの日本人の最高位である1970年の内田光子の2位入賞に並び、51年ぶりの記録更新となる。
1927年より5年毎に開催されているショパン国際ピアノ・コンクール。2020年に開催予定だった第18回コンクールは、新型コロナウイルス感染症の影響により1年延期、本年7月に予備予選が行われ、予備予選免除者あわせて87名が10月3日(現地時間)からの第1次予選に出場した。日本からの出場は14名。参加者の中には国際的に演奏活動を行っているピアニストも多く、ハイレベルなステージが繰り広げられた。
2次予選、3次予選を経て、18日からの本選には12名が進出し、アンドレイ・ボレイコ指揮/ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団と共演。反田はピアノ協奏曲第1番を演奏し、ピアノパートの最後の一音が終わると、オーケストラが曲を終えるよりも先に会場中からスタンディングオベーションの拍手喝采を受け、51年ぶり2位入賞を果たした。なお、コンクールは1次予選からファイナルまですべて無料でライブ配信およびアーカイブ配信され、世界中の音楽ファンが視聴。国内でも大きな反響を呼んだ。配信では、コンクールの様子だけでなく参加者へのインタビューなども見ることができる。
反田恭平(コメント)
反田恭平
とても嬉しい結果です。
応援いただきました皆様に感謝しております。
一度はコンクールを受けることに迷いもありましたが、この1ヶ月、とても学ぶことが多く、
今後のピアニストとしてある意味転機となりました。
今はもっと学びたい、経験を重ねたいと思っています。
小林愛実
小林愛実(photo:Makoto Nakagawa)
2nd Round/小林愛実、反田恭平 (c)Wojciech Grzędziński / Chopin Institute
第18回コンクール 結果
1st Prize – Mr Bruce (Xiaoyu) Liu, Canada
2nd Prize ex aequo – Mr Alexander Gadjiev, Italy/Slovenia
2nd Prize ex aequo – Mr Kyohei Sorita, Japan(反田恭平)
3rd Prize – Mr Martin Garcia Garcia, Spain
4th Prize ex aequo – Ms Aimi Kobayashi, Japan(小林愛実)
4th Prize ex aequo – Mr Jakub Kuszlik, Poland
5th Prize – Ms Leonora Armellini, Italy
6th Prize – Mr J J Jun Li Bui, Canada
◇第18回コンクール 審査員
Dmitri Alexeev/Sa Chen/Dang Thai Son/Akiko Ebi/Philippe Giusiano
Nelson Goerner/Adam Harasiewicz/Krzysztof Jabłoński/Kevin Kenner
Arthur Moreira LimaJanusz Olejniczak/Piotr Paleczny/Ewa Pobłocka
Katarzyna Popowa-Zydroń/John Rink/Wojciech Świtała/Dina Yoffe

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着