L→R 桐木岳貢(Ba)、柳田周作(Vo)、黒川亮介(Dr)、吉田喜一(Gu)

L→R 桐木岳貢(Ba)、柳田周作(Vo)、黒川亮介(Dr)、吉田喜一(Gu)

【神はサイコロを振らない
インタビュー】
今まで通りのライヴが戻ってきた
時のことを夢見て作った希望の楽曲

神サイの順風満帆じゃなかった歴史と
アニメの物語に被る部分がある

今回は『ワールドトリガー』3rdシーズンの主題歌なのですが、その3rdシーズンに沿った歌詞でもあるんですか?

柳田
そうですね。3rdシーズンの始まりは主人公たち玉狛支部っていう、もともとは本部で小さい家族みたいものなんですけど、そこを掘り返して過去を見返すところから始まるのが特徴的で。楽曲を提供するにあたって、そういうところから始まるから過去っていうか、歴史みたいなところに着目してほしいというオーダーがあったので、“こういうことがあって今がある”っていうところに重きを置いて歌詞を書いていきました。それが神サイの生い立ちの部分と被るところもあったんですよね。順風満帆なバンドではなかったというか、泥水をすすった時期もあったし、失ったものも少なからずあるっていう部分も含めて、リンクした部分があって。

バンドのヒストリーとリンクした楽曲でもあると。

柳田
はい。オープニングの映像も楽曲の世界観を汲み取って画を作ってくださったから胸アツでしたね。『ワールドトリガー』って今までは、明るくて、疾走感があって、さわやかで…みたいなイメージだったんですけど、そこを神サイっぽく、人の過去の苦しみとか痛みとかそういうことに焦点当てて書いたので、映像もそれぞれのキャラクターの過去のつらい記憶みたいなところも描写されてて。そういう部分も神サイと『ワールドトリガー』が一丸になっている感じがオープニングからあって嬉しかったですね。

ヴォーカル表現へのフィードバックもありました?

柳田
歌は迷って迷っていろんなパターン作った結果、これになったんですよ。オープニングってこともあって、最初はハイトーンで突き抜けるようなメロディーを作んなきゃないけないと思ったんですけど、そういうものを作ろうと思えばできる人がたくさんいるじゃないですか。だから、自分らしさというか、もっと神サイというか、自分の歌のいい部分が出る帯域を考えて…僕のそもそも声の成分ってすごいローミッド寄りなんですよ。まさにこれはキタニとかとやってすごく言われたことなので、その成分は活かすべきだなと。迷いましたけど、ここに落ち着いた感じです。

ところで吉田さんは今日静かなんですけど(笑)。それはすごく細かい作業をしたせいですか?

吉田
(笑)。いえ、ギターはかなり勢いで録っちゃっていて。サクサクいったから自分的に印象が薄いというか(笑)、その場のノリとアレンジで固めた感じなんですよね。でも、そこの中でも工夫してる部分はめちゃくちゃあるんですよ。ところどころ手癖っぽいのも入っているし、そういう意味では楽曲に溶け込んではいる。
柳田
そんなに前面にギターを出してるミックスじゃないけど、隠れてカッコ良い、お洒落でシブいことやってるみたいな、大人なフレーズが多いんですよ。
吉田
ギターの録りで一番こだわったのは一発目のチョーキングかもしれない。ここだけはめちゃめちゃ録り直した記憶があるんですよね。

そういう意味では、ひとつひとつの楽器が並列ではなく、複雑なダンジョンが組まれている感じがします。

黒川
複雑ですね。それこそレコーディングの時、普段はクリック聴くんですけど、今回はあまり聴かずにシンセの音を意識したらすごくタイム感がいい感じになって。クリックが全てじゃないなと。歌っていたら別にグリッドからはみ出していてもOKだし、むしろ神サイはそっちのほうが歌も活きるし、そっちのほうがいいっていう発見は大きかったですね。

ちなみにコラボつながりということでは、Sexy Zoneと共演した『シブヤノオトand more FES.』は大きな話題になりましたね。Twitterも世界トレンド1位が“シブヤノオト”で、2位が“セクゾと神サイの絶対領域”だったし。

柳田
この一年でn-bunaさん、アユニさんからコラボが始まって、キタニタツヤ、Sexy Zoneさんと共演して、今まで俺らがいた界隈とまったく違うところの人たちとありがたいことに接することが多かったんですけど、すごくいい経験をさせてもらったなって。ジャンルとか関係なく、人間としてカッコ良くならなきゃいけないと思わせてくれる人ばかりで、そういう人たちに出会えて良かったと思います。

取材:石角友香

配信シングル「タイムファクター」 2021年10月17日配信開始 Virgin Music

ライヴ情報

『Queblick 8th Anniversary「神はサイコロを振らない “天神祭” - Queblick Special Limited Live -」』
11/13(土) 福岡・LIVE HOUSE Queblick

『RISING HALL 5th&6th Anniversary』
11/14(日) 山口・周南RISING HALL
出演:BLUE ENCOUNT、神はサイコロを振らない
Opening ACT:Aqua GeeCharn

『キタニタツヤ Presents "Hugs Vol.2"』
12/14(火) 東京・渋谷CLUB QUATTRO
出演:キタニタツヤ、神はサイコロを振らない

神はサイコロを振らないの直筆サインを1名さまにプレゼント!
詳細はこちら:https://okmusic.jp/news/442871
神はサイコロを振らない プロフィール

カミハサイコロヲフラナイ:福岡発4人組ロックバンド。2015年結成以降、ライヴシーンのど真ん中で経験値を積み上げる中、19年発表の「夜永唄」が20年にバイラルヒットし、同年7月に配信シングル「泡沫花火」でメジャーシーンへ進出。11月には配信 EP『文化的特異点』をリリースし、12月にはSpotify年間バイラルチャートのTOP10入りを果たす。そして、21年3月にメジャー1st シングル「エーテルの正体」をリリースし、オリコン&ビルボード、ウィークリーチャートでTOP10入りをするなど、シーンでの存在感を目覚ましい勢いで高め続けている。2022年3月にはメジャー1stフルアルバム『事象の地平線』をリリース。神はサイコロを振らない オフィシャルHP

「タイムファクター」
【Official Audio】

アニメ「ワールドトリガー」
3rdシーズン オープニング
ノンテロップ映像

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着