ミッキーマウスを愛する世界各地のア
ーティストたちによる“ファンの集い
” 『Mickey Mouse Now and Future
』渋谷パルコにて開催

『Mickey Mouse Now and Future』展が、2021年11月19日(金)から12月19日(日)まで、渋谷PARCO 4F・PARCO MUSEUM TOKYOにて開催される。
本展は、ミッキーマウスを愛する世界各地のアーティストたちによる“ファンの集い”をテーマに、その現在と未来を表したアート・コラボレーション・プロジェクト。ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社の協力のもと、渋谷の現代アートギャラリーNANZUKAがキュレーションを担当する。
キュレーター NANZUKA代表 南塚真史 コメント
本展は、世界で最も有名なキャラクターとなったミッキーマウスのこれからの未来を思い浮かべる企画展です。
ミッキーマウスが、なぜ世界中の人々に愛され続けているのか。豊かな表情、可愛い仕草、時にいたずら好きで、誰よりも親切な友人という設定だけに留まらないその存在感は、生みの親であるウォルトがかけた魔法と深い関係があります。「我々は決して忘れてはならない。全ての始まりが一匹のネズミだったことを。(※)」とは、ウォルト・ディズニーが残した有名な言葉です。想像することの重要性と力を信じ続け、「夢の国」ディズニー・ランドを創った偉大な創造者にとって、ミッキーマウスは彼の思想を体現する唯一無二の象徴であり、永遠に生きる夢そのものなのです。
※:「ウォルト・ディズニーの言葉」 ぴあ株式会社 2012年
参加アーティストは、スペイン出身マラガ在住のハビア・カジェハ(Javier Calleja)、韓国出身NY在住のユーン・ヒュップ(Yoon Hyup)、イギリス出身ロンドン在住のジェームス・ジャービス(James Jarvis)、長野県在住の中村哲也、イギリス出身ロサンゼルス在住のオリバー・ペイン(Oliver Payne)、アメリカ出身ロザンゼルス在住のダレン・ロマネリ(Darren Romanelli)、東京在住の空山基、田名網敬一、Haroshi、Yoshirottenの10名。各アーティストがそれぞれの思い描いたミッキーマウス作品を出展する。また、本展覧会に合わせて、ハビア・カジェハと空山基がそれぞれ制作したミッキーマウスの大型立体作品が、渋谷PARCOの敷地内に特別展示されるとのこと。
『Mickey Mouse Now and Future』展は、2021年11月19日(金)から12月19日(日)まで、渋谷PARCO 4F・PARCO MUSEUM TOKYOにて開催。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着