インドネシアでも「心の友」が大人気
五輪真弓デビュー50周年アニバーサ
リーサイト開設

1972年10月21日にシングル/アルバム「少女」でデビューした五輪真弓
以来、45枚のシングル・53枚のアルバム(ベスト盤・ライブ盤含む)を発表してきた五輪真弓が、来年2022年デビュー50周年を迎える。ソニーミュージック所属のシンガーソングライターとして最長在籍を誇る「女性アーティストの先駆者」の記念すべきメモリアルイヤーの始まりである。

この記念すべきメモリアルイヤーに、五輪真弓の魅力にもっと触れていただきたい。そういう想いで開設されたスペシャルサイト「五輪真弓デビュー50周年アニバーサリーサイト」。このサイトは、根強いファンの方にも、昨今の昭和の音楽の再評価で五輪を知った方にも楽しんでいただけるコンテンツや企画が満載となっている。

本サイトには、ユーザー参加企画として「あなたのお好きな五輪真弓の楽曲」「五輪真弓への50の質問」「秋冬に聴きたい五輪真弓プレイリスト」の募集がスタート。今後もさまざまなユーザー参加企画が予定されている。また、既にYouTubeにアップされている代表曲「恋人よ」「少女」のライブ映像につづいて、今後も希少な映像がアップされていく予定である。

その他、レアな写真がふんだんに使われたバイオグラフィー、日本国内での全リリース作品を網羅したディスコグラフィーが掲載されている。また、英語表記のサイトもあり、海外の五輪真弓ファンにも楽しんでいただける仕様となっている。さらに同日10月21日には、全シングル45作品の配信が解禁された。

■五輪真弓デビュー50周年アニバーサリーサイト 
https://www.110107.com/mayumi_itsuwa50th/
■五輪真弓 楽曲配信はこちら 
https://smdr.lnk.to/jLR2xP
https://www.sonymusic.co.jp/artist/MayumiItsuwa/discography/

五輪真弓コメント

1972年10月「少女」でデビューし、当初は、「雨」「煙草のけむり」などニューミュージック系からスタートしました。
その後、スランプを脱するために、敢えて歌謡曲の要素を盛り込んだ曲作りにチャレンジして、世界を広げました。
その結果「恋人よ」など一連の作品がアジアにも広まったことが大きな自信につながりました。

また、後にインドネシアで「心の友」が自然発生的に大ヒットしたことは、意外であり大きな驚きとともに、自分自身、その状況と展開を楽しむことができました。
1972年にデビューしてから半世紀。色んな方々のサポートもあり、有意義な時間を過ごすことができました。

応援してくださるファンの皆さまにも感謝しています。
これからも、どうぞよろしくお願いします。
                                               
五輪真弓 デビュー当時

五輪真弓 デビュー当時

アーティスト

タグ

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』