戦国アニマル極楽浄土、3周年公演Ze
pp DiverCityでの成功を手に、2022年
10月にZepp Hanedaで単独公演へと進
出!!

結成から丸3年。その日々を祝い、噛みしめながら、ふたたび未来へ向け新しい一歩を踏みだそうと、戦国アニマル極楽浄土は「戦極-伏龍の乱-」と題した単独公演を開催。10月18日(月)に、Zepp DiverCityという大きな舞台に立っていた。
戦国アニマル極楽浄土のワンマン公演は、会場中の人たちを浮世へ導くように「戦極-乱舞の巻-」から幕を開けた。メンバーらの煽りに合わせ、フロア中から突き上がる拳や色とりどりのペンライトの光。メンバーらは、妖艶さも混ぜながら、観客たちを雄々しい歌声でけしかけ、この世界で乱れ騒ごうと誘いをかけてゆく。
楽曲が猛々しさを増すのに合わせ、メンバーらも気持ちを一つに声を荒らげだす。挑発するメンバーらのラップや歌声、突き上げる拳に刺激を受け、同じように拳を突き上げ、想いを重ねた「ホンジツ極楽ニツキ浄土ス。」。メンバーらの熱い口上を合図に歌いだした「夢桜」では、「そいや そいや」と煽るメンバーらの姿に合わせ、 フロア中の人たちも一緒に沸き立っていた。
ここまでの熱い表情から少し色を塗り替えるように、戦国アニマル極楽浄土は愛らしい声の色も加えながら「夢、現ヲ抜カス」を歌いだした。熱く煽り立てる姿も戦国アニマル極楽浄土らしいが、この歌のように、曲調は明るいのに胸をキュッとしめつける切ない歌も魅力の一つ。舞台の上でメンバーが身を寄せ合い歌い躍る姿は、花咲き、散りゆくようにも見えていた。
次のブロックは、たおやかな琴の音色から、一気に爆裂した音へ様変わる「結晶」からスタート。一人一人マイクをリレーしながら、指をくわえていた人生なんて過去へ置き去りにし、自分たちでここから光をつかもうと彼女たちは歌っていた。これからも、この仲間たちとともに進み続けることを誓うように7人は声を上げてゆつ。とても感情的な歌声だ。だから心も奮い立つ。
三味線の音色が気持ちを熱く騒がせる。幽玄な「かぐや」に乗せ、メンバーらが「僕は気付いたこの道の狭さに」「輝いた夕日のその先」など次々とラップを噛ましだす。凛々しさと艶やかな様も巧みに折り混ぜ、切々とした声で秘めた想いを零すように歌う彼女たち。舞台の上で艶やかに舞い躍る姿は、令和の花魁のようにも見えていた。 迷い、惑う気持ちを少しずつ零しては、フロア中へ広げるように歌った「ヒトエニ」。熱情するのも戦国アニマル極楽浄土のライブの楽しさだが、心に熱を覚える歌も彼女たちの魅力であり、持ち味だ。
口上を合図に、楽曲はふたたび煌びやかさを増してゆく。流れだした「続前世恋絵巻」に乗せ、メンバーたちが華やかな声の花を咲かせだした。7人は雅なダンスロック曲に身を預け、艶やかに舞い踊りだす。途中、「落ちサビ争奪戦」を開催。出されたゲームを次々とクリアし、この日のサビを歌う権利を勝ち取ったのが兎遊 みゆう。彼女のサビ歌を受けふたたび戦国アニマル極楽浄土は、この空間を極楽な宴の世界へと染め上げていった。
「あなたに想いは届きましたか」…一人一人が心に抱いた想いや届けたい気持ちを、言葉を繋ぎながら語りだす。ここへ至るまでの心の変遷。その先へ向け、支えてくれる仲間たちと共に未来へ進もうと呼びかけながら、次のブロックへとライブは進んでゆく。
荘厳な琵琶と尺八の音色を受け、楽曲は「灯籠遊び」へ。猛々しい祭りの音色の上で、7人が華やかな踊りを描き出す。メンバーらは舞台の上で咲き誇ることを願うように歌っていた。沸き立つ気持ちを解き放ちながら、熱狂という宴の様を彼女たちは作りあげてゆく。華やかさと艶やかな表情へさらに極彩な色を塗り重ねるように、楽曲は「EVER」へ。7人は、みんながいるから軌跡を起こせると歌いかけてきた。戦国アニマル極楽浄土と一緒なら、気持ち投げ出すことなく、共に夢を見ていける自分になれそうな気がする。
「輪廻転生」が歌われるのを合図に、舞台のあちこちからCO2が吹き出した。とても挑戦的でパワフルな歌声だ。気持ちを一つにした7人の歌声に触れ、魂が奮える。熱い生きざまをぶつけるメンバーたちの歌声に刺激を受け、フロア中からも数多くの拳やペンライトの光が突き上がっていた。高ぶる気持ちを歌詞に乗せ、メンバーらは勢いよく歌い続ける。強い生きざまを示したその歌声へついていきたい気持ちに心が染まっていた。
猛々しく派手やかな「鳳蝶」の登場だ。高ぶるメンバーらの歌声に心を寄り添えながら、心揺らめく恋物語の中へ共に気持ちを溶け込ませていた。華々しい楽曲の上で艶やかに、たおやかに歌う彼女たち。圧倒するほどの存在感を持ってせまる7人の姿に向け、フロア中の人たちも小さな心の翼をはばたかせ、その場で嬉しそうに飛び跳ねていた。「届け、憶いよ、そなたに向けて 願いは儚いものです」と歌うメンバーたちの声が連れてきたのが、「契-ちぎり-」だ。胸に抱いた願いを空へ向かって解き放つように歌う姿へ、同じように声の手を伸ばしたい。両手でギュッとマイクを握り踊りながら歌う姿の、なんて艶やかだったことか。愛しい人へ想い届くようにと祈りながら歌う彼女たち。終盤には、沸き立つ気持ちのまま歌い叫ぶ姿も。7人の振り上げる拳にあわせ、フロア中からも数多くの拳や彩り豊かなペンライトの光が舞い躍っていた。
舞台背景に映しだされたのが、数々のMV映像。これまでの歴史を振り返るように、1曲ごと装いを変えた彼女たちの姿が次々と映し出されていた。
着替えを終えたメンバーらが舞台へ。彼女たちは、観客たちを熱くけしかけるようにパンキッシュな「采賽」を歌いながら、観客たちを熱く煽りだす。舞台の上で彼女たちは人生をギャンブルに例え「もう一回人生やり直し」と歌いながら、ここからもっともっと最高の瞬間を、もっともっと楽しい時間を作ろうと歌いながらフロア中を沸き立てていった。
「君にとって今が夢ならば叶うように願いを込めて 手を取って願う誰も傷まぬ そんな世界がいいんだ」と歌声が響きだす。一人一人がマイクのバトンをまわしながら、ときに声を一つに重ねあわせ「浮世世界」を歌いだした。7人の歌声が熱を帯びるのに合わせ、次第に楽曲も熱と華やかさを帯びてゆく。熱情というよりも、心の中の熱した気持ちを脹らませ、「君にこの夢を託すから 私にも夢を預けて?」と歌いながら、メンバーどうしで。そして、戦国アニマル極楽浄土を支えてくれる仲間たちと一緒に、次の世界へ進んでいこうと約束を交わしあっていた。

最後に戦国アニマル極楽浄土が届けたのが、「百花繚乱」だ。「桜散りぬるは季節を越えて」と歌う声に合わせ、頭上からメンバーたちへ向けてたくさんの桜吹雪が舞い落ちる。彼女たちは舞い躍る桜吹雪に包まれながら、一人一人が大輪の花となり、咲き誇るこのひとときを謳歌していた。「限りある先に七つの色を届けるの それぞれがこの現世に咲き誇るの」と、夢に向かう気持ちを高らかに歌うメンバーたち。未来へと繋がる夢に手を伸ばすように舞い躍る7人の姿が、とても色鮮やかだ。7人の咲き誇る夢が桜吹雪の一片一片となり、舞台の上でずっと舞い躍っていた。
今後の戦国アニマル極楽浄土だが、11月1日のライブを持って好蘭 ありさ・寅丸 さらさ・兎遊 みゆうがグループを卒業。11/4(木)吉祥寺CLUB SEATAにて行う新体制単独公演『戦極-転生の巻-』より、羊夢 叶華・有栖川 かほ・呼狗狸 穂月の3名を迎え新体制とてスタートを切る。さらに、2022年10月3日にZepp Hanedaでの単独公演も決定。1年後の大きな目標に向かって、戦国アニマル極楽浄土はふたたび走り出した。
TEXT:長澤智典
戦国アニマル極楽浄土 Web
戦国アニマル極楽浄土 twitter
戦国アニマル極楽浄土 公式YouTubeチャンネル
・狐々 ちーりん https://twitter.com/senkyoku_chirin
セットリスト
「戦極-乱舞の巻-」
「ホンジツ極楽ニツキ浄土ス。」
「夢桜」
「夢、現ヲ抜カス」
「結晶」
「かぐや」
「ヒトエニ」
「続前世恋絵巻」
「灯籠遊び」
「EVER」
「輪廻転生」
「鳳蝶」
「契-ちぎり-」
「采賽」
「浮世世界」
「百花繚乱」

アーティスト

Myuu♪

フェスティバルをテーマにしたWEBマガジン。フェスティバルの最新ニュースや役立つ情報、最新のフェスカルチャーを発信していき、これからのフェス文化をさらに盛り上げてまいります。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着