SEVENTEEN、世界中のCARATへ感謝と愛
のカムバックショーを届ける 『SEV
ENTEEN Comeback Show 'Attacca'』が
閉幕

日本時間10月23日(土)21時、韓国の13人組ボーイズグループ・SEVENTEENが、ミニアルバム『Attacca』リリース記念イベント『SEVENTEEN Comeback Show 'Attacca'』がYouTubeで全世界へ生中継された。
同イベントは、ミニアルバム『Attacca』のリリースを記念したイベント。『Attacca』は、今年6月の『Your Choice』以来約4ヶ月ぶりとなるSEVENTEENの韓国盤ミニアルバムで、10月22日(金)にリリースされた。
SEVENTEEN (c)PLEDIS ENTERTAINMENT 
『SEVENTEEN Comeback Show 'Attacca'』冒頭には、打撃感のあるビートとポップスタイルのメロディーが印象的な、ヒップホップR&Bをベースにした「Crush」を披露。
上下ブラックのスーツに深めのハットをかぶったメンバーが、セクシーなボーカルとウィットある歌詞を見事に消化し、魅惑的な雰囲気を画面ごしに醸し出した。
「Crush」を披露した後には、メンバーが改めてYouTubeを通じて全世界で視聴しているCARAT(SEVENTEENファン)へ挨拶と感謝の気持ちを述べた。
その後、今作『Attacca』の韓国での活動には参加せず、中国で活動しているJUNとTHE 8との生電話が行われた。メンバー同士の会話では、仲睦まじい姿を見せCARATを安心させた一方、お互いがそれぞれの場所で共に頑張ろうとする姿からは、改めて13人の強力な信頼関係がうかがえた。
また、SNSを通じて全世界のファンから寄せられた質問にメンバーが直接答えるコーナーでは、笑いを交えつつも一つひとつの質問に真摯に回答。ファンの好奇心をくすぐったかと思えば、直後には「渦巻く中心でも僕の心はいつも君に向かっていて、君に手を差し伸べる」という、『Attacca』のオープニングトラック「To you」を力強く歌い上げた。
終盤には、改めていつも応援してくれているCARATへ、SEVENTEENメンバーが感謝と愛を一人ひとりに伝え、自信作である「Attacca」の今後の活動に「たくさん期待して欲しい」とメッセージ。その後、今作「Attacca」のタイトル曲「Rock with you」でラストを飾り、ファンへの感謝と愛があふれる中、ショーケースは無事に幕を下ろした。
なお、『SEVENTEEN Comeback Show 'Attacca'』は、現在HYBE LABELSのオフィシャルYouTubeチャンネルにて視聴することができる。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着