キヲク座

キヲク座

山崎ゆかり、別所和洋、岡田拓郎らを
迎えて織りなす秋の名曲。キヲク座
Songs of KOYOMI 第8弾は「もみじ」

ここから2ヶ月連続でゲストボーカルに山崎ゆかり(空気公団/ユカリサ)を迎えることになったキヲク座の”Songs of KOYOMI”。
11月のうた「もみじ」はツインボーカルで、歌詞に散りばめれた日本らしい秋の風景がよりあざやかに、色さまざまに歌われている。
ピアノには、別所和洋(パジャマで海なんかいかない、ex-Yasei Collective)、ギターに岡田拓郎を迎え、それぞれの音色も混ざり合う濃厚な楽曲となった。
山の紅葉など、壮大な秋の景色を連想させる「もみじ」。身近な秋の景色を楽しみながら、もしくは想像しながら、聴いてみてほしい。

【リリースインフォメーション】

キヲク座『もみじ』
2021年11月17日(水)より各配信サイトで配信開始
https://ssm.lnk.to/momiji

[楽曲クレジット]

作詞:高野辰之(PD)
作曲:岡野貞一(PD)
編曲:五味 俊也

山崎ゆかり(Vo.)、石山ゑり(Vo.)、別所和洋(Pf.)、岡田拓郎(Gt.)、五味俊也(Key., Drs.)

Band Recorded by 向啓介
Vo. Recorded, Mixed and Mastered by 川久保佑
ジャケット写真: kana sasamoto

キヲク座 “もみじ”
(Official Teaser)

キヲク座
キヲク座『もみじ』

キヲク座

【山崎ゆかり プロフィール】

青森県出身。音楽グループ「空気公団」代表。作詞、作曲、歌、アレンジを担当。
絵本作品には、絵本作家・荒井良二との共作『トントンドア』がある。
また、近年は他アーティストへの楽曲提供や音楽プロデュース、CM音楽制作、ナレーションなども行う。
2019年、自身初となるソロアルバム『風の中にうたう』をリリース。
そして同年、吉野友加(tico moon)、中川理沙(ザ・なつやすみバンド)と新たに結成した音楽グループ「ユカリサ」としても活動し、2020年にユカリサの1stアルバム『WATER』を発表。
2021年、3年ぶりとなる空気公団の新作アルバム『僕と君の希求』をリリース。

◆空気公団 / 山崎ゆかり ⇒ http://www.kukikodan.com/
◆ユカリサ ⇒ http://yukarisa.com/

【別所和洋 プロフィール】

大学在学中にジャズを福田重男に師事。またクラシックを吉田文子に師事。
ヤセイコレクティブのキーボーディストとして、FUJI ROCK FESTIVALへの2度の出演、また、ブルーノート東京での単独公演もおこなう。2018年11月にヤセイコレクティブを脱退。
Gentle Forest Jazz Bandのピアニストとして、二階堂和美、八代亜紀、山本リンダとの共演、東京03の単独公演への参加、KIRIN、丸亀製麺、ホットペッパーグルメを始め、多数のCMレコーディングの現場でも活躍。2016年には二階堂和美とのコラボで、SUMMER SONIC 2016 に出演。
2020年より、SUGIZO主宰のジャムバンド、SHAGに参加。
個人ではサポートミュージシャンとして、Ovall、藤原さくら、Keishi Tanaka、THE BAWDIES、ACO、UNCHAIN、androp、東郷清丸、bonobos、SUGIZO、Michael Kaneko、福原美穂、吉澤嘉代子、坂本真綾、上白石萌音らのライブ、レコーディングをサポート。
2019年よりソロプロジェクトを始動。
2020年6月、ソロプロジェクトを「パジャマで海なんかいかない」として再始動。
※本文中敬称略

【岡田拓郎 プロフィール】

1991年生まれ。東京都福生市育ち。ソングライター / ギタリスト / プロデューサー。2012年にバンド「森は生きている」を結成。P-VINE RECORDS より『森は生きている』、『グッド・ナイト』をリリース。2015年に解散。2017年 10月、ソロ名義 岡田 拓郎 Okada Takuro としてデビュー・アルバム『ノスタルジア』 を Hostess Entertainment からリリース。2018年には、1983年リリースされたSteve Hiettの『渚にて』 に収録されている「By The Pool」のカヴァー曲を含む4曲入り『The Beach EP』をリリース。
またギタリストとしては、Roth Bart Baron、優河、柴田聡子、安藤裕子、James Blackshawなど様々なミュー ジシャンのライブ / レコーディングに参加。プロデューサー / ミキシング・エンジニアとしては、South Penguin『y』(2019)、優河「June」(2019) などを手がけている。菊地健雄監督作品、映画『ディアーディアー』(2015年)をはじめ、映画音楽も制作。

【キヲク座 プロフィール】

2012年、日本の童謡をリハーモナイズして演奏するユニットとして結成。
2015年、”自分たちの聞きたい作品を作る”ことを追求し、メンバーが尊敬しファンであった ジョン・マッケンタイアやジョージ・タンデロ、オノセイゲンらを制作に迎え「色あはせ」を発表。菊地成孔、堤幸彦監督、空気公団らが大絶賛のコメントを寄せた。
2016年「遊山」を制作。ライナーノーツを菊地成孔が執筆している。
2017年、六本木アートナイトにて「にゅー KEN-KEN-PA!」を企画・実演。
2018年2月、配信限定シングル「北風小僧の寒太郎」をリリース。世界遺産の富岡製糸場でミュージックビデオを撮影。4月、レコードストアデイ限定商品としてLP「第一集」と7インチ「こきりこ節 / こきりこ節 dub version」がリリースされた。6月、配信限定シングル「ひらいたひらいた」をリリース。
2019年、NHK 名曲アルバムで「まどみちおメドレー」を制作。

◆キヲク座 Official Site ⇒ https://kiwokuza.com
◆キヲク座 Official Twitter ⇒ https://twitter.com/kiwokuza
◆キヲク座 Official Facebook ⇒ https://www.facebook.com/kiwokuza

アーティスト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着