佐藤健は本番前から怒りに震えていた
 映画『護られなかった者たちへ』メ
イキング映像を公開

公開中の映画『護られなかった者たちへ』から佐藤健の姿を収めたメイキング映像が公開された。
『護られなかった者たちへ』は、中山七里氏の同名小説を映画化したもの。『64-ロクヨン-前編/後編』などの瀬々敬久監督がメガホンをとり、林民夫氏(『永遠の0』)と瀬々監督が脚本を手がけたミステリー映画。本作で描かれるのは、震災から10年目の仙台を舞台に、全身を縛られたまま“餓死”させられる不可解な連続殺人から始まる物語。事件の容疑者として追われる主人公・利根を佐藤健が演じるほか、利根を追う刑事・笘篠役で阿部寛が出演。清原果耶、倍賞美津子、吉岡秀隆、林遣都、永山瑛太、緒形直人らがキャストに名を連ねている。
今回解禁されたのは、佐藤演じる利根が福祉保健事務所で働く三雲(永山瑛太)と城之内(緒形直人)の元へ行き、掴みかかるシーンの裏側を切り取ったもの。利根は、起きてしまったある事件に対して怒りを抑えられず、事件の原因だと考えている三雲と城之内に感情をぶつける。

メイキング冒頭では、ときおり笑顔を見せながらも、撮影で叩くことになる車窓の強度を確認するなど、佐藤と監督が細かな演出について確認。利根が三雲に掴みかかるシーンについて、佐藤が「(利根は三雲から)引き剥がされて後ろに下がる方がいい」と、永山・緒形を含む3人の動きについて提案している。
佐藤自身、最も思い入れが強かったというこのシーンについて、「理不尽なことに対する怒りややるせなさを、作品を通して観客の方に共感してもらうことが今回の使命と思っていました。このシーンは台本を読んだ時点で大切なシーンだと思い、監督にも何回も確認し、瑛太さんにも何回も付き合っていただきました」とコメント。現場では、「本番!」のかけ声がかかるずっと前から怒りでワナワナと震えていたとのこと。
『護られなかった者たちへ』は公開中。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着