窪田正孝が頭を下げ続け、宮沢りえは
「日本の政治は終わっている」 選挙
活動を描くコメディ『決戦は日曜日』
予告編を公開

2022年1月7日(金)公開の映画『決戦は日曜日』から、予告編が解禁された。
『決戦は日曜日』は、ことなかれ主義の議員秘書と、政界に無知な二世候補の選挙活動を描いた社会派コメディ映画。窪田正孝が主演し、宮沢りえと初共演を果たした作品だ。メガホンをとるのは、『ピンカートンに会いにいく』などで知られる坂下雄一郎監督。窪田が演じるのは、そつなく仕事をこなすが政治への熱意を失ってしまった衆議院議員の私設秘書・谷村勉。また、宮沢は、父親の地盤を引き継いでやる気満々だが、世間知らずで奔放な行動で周囲の人々を振り回す二世候補・川島有美を演じている。そのほか、赤楚衛二、内田慈、小市慢太郎、音尾琢真らがキャストに名を連ねている。
(c)2021「決戦は日曜日」製作委員会
解禁された予告編では、宮沢りえ演じる川島有美の衆院選立候補表明会見からスタート。地元の有力な議員として手腕を振るっていた衆議院議員の父・川島昌平の地盤を引き継ぎ、やる気満々の有美だが、「かくかくが、かくかくの信頼を取り戻す」と各々(おのおの)を堂々と読み間違えた演説で周囲をあ然とさせてしまうのだった。窪田正孝演じる勉は心の中で「おのおのだよ」とツッコみ、その後も「君たち秘書があのバカ操作してくれないと!うまくいくものもいかんだろう!」「もっとちゃんとしなさいよ!」と地方議員や後援会からの叱責に頭を下げてばかり。さらに、岩渕(赤楚衛二)、田中(内田慈)、濱口(小市慢太郎)、向井(音尾琢真)ら事なかれ主義の秘書チームや、さらなる有美の行動に四苦八苦。

さらに、「気になることがあったら何でも言って!」とドヤ顔で提案した有美が、「今の振る舞いではただの不愉快な素人に見える」「やる気があるのはいいが、やり方をはき違えている」「相槌が適当過ぎて話を聞いていないのがバレている」「スマホのカバーダサすぎ」と様々な意見を率直に伝えられ、怒りの表情を浮かべるシーンも。最後は、有美が「日本の政治は終わってる」「選挙に落ちたらいい」と言い切る様子に驚く谷村の姿で締めくくられている。
『決戦は日曜日』は2022年1月7日(金)全国公開。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着