範宙遊泳、新作公演『心の声など聞こ
えるか』の特設ページがオープン 出
演者、スケジュールを公開

2021年12月17日(金)〜19日(日)東京芸術劇場 シアターイーストにて、範宙遊泳『心の声など聞こえるか』が上演されることが決定し、特設ページがオープン。出演者、公演スケジュールが公開された。
本作は、山本卓卓が演出を手放し、脚本執筆に専念して創作する新シリーズ。テキストと格闘する演出家の川口智子とタッグを組み、互いに蓄積してきた知見や技術、ネットワークを横断しながら創作する新作公演だ。
出演者は、山本卓卓と創作を共にした経験のある、埜本幸良・井神沙恵・武谷公雄・李そじん。そして、川口智子と創作を共にした経験のある、滝本直子・鈴木光介。なお、音楽家である鈴木光介は、全編の音楽も担当する。。
「共有・シェア」のコンセプトのもとに、多彩な俳優たちが集った本公演。それぞれ異なる経験値、演劇観、演技スタイルを持つ俳優たちの協働に、期待しよう。
(左から)山本卓卓、川口智子
山本卓卓 コメント
THIS IS JAPAN というようなものを描きたいとかねてから考えていた。
今回ぼくは劇作に徹し、とにかく、まずは読み物としておもしろく、質の高いものを、と一心不乱に書き上げた。
結果、戯曲を上演台本ではなく文学にすることができた。
これは劇作と演出を兼務し掌握するのではなく分業し譲渡する意識を持ったからだった。
戯曲を深く読み解き根幹のソウルを大事にしてくれる川口智子さん演出のもと、新しい風を感じられる一品になると思う。
川口智子 コメント
自分の身体のままいていい。感情を動かしていい。劇場は、客席は、そういう場所でありたいと思います。そこには、あの人たちも一緒にいます。
今回の山本卓卓との企画には、“協働”とか“きずな”とか“マッチング”とかいう言葉は似合わなくて、そこには街角の空気があります。家と家に引きこもった結果、玄関から一番遠いベランダに出て、境界線をはさんだ向こうの部屋のベランダに出てきた人にいつもよりちょっと大きな声で話しかける。それ以上近づけないもどかしさよりも、顔も見たことのなかったその人と言葉を交わす喜びと驚きに流される。裏側の街角です。
そんな街角のような、ちょっと不思議な座組になりました。冬には街角に来てくださるお客さんのことを想像しながら、劇場で出会う時間をつくっていきたいと思います。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着