NOT WONK、レーベル移籍に伴い初のリ
ミックス曲配信 ツアー追加公演情報
も発表

NOT WONKが〈KiliKiliVilla / cutting edge〉から〈Bigfish Sounds〉へレーベル移籍。今後はレーベル及びマネジメントとして〈Bigfish Sounds〉とタッグを組むことを発表した。

合わせて、新音源「the place where nothing’s ever born(YODATARO Remix)」が11月2日(火)にリリースされることに。今作は〈KiliKiliVilla〉与田太郎によるフロア向けダンス・ビート・リミックスを、〈Bigfish Sounds〉柏井日向がミックスする形で制作が行われ、旧所属レーベルと新所属レーベルが垣根を越えて新たな門出を祝う作品となった。

さらに、NOT WONKは現在東京と北海道を回るツアー『NOT WONK 2122aw tour 露/ro』を敢行中。12月11日(土)北海道・苫小牧ELLCUBE公演(ワンマン)と、2022年1月10日(月・祝)東京・恵比寿LIQUIDROOM公演の追加情報が発表された。なお、東京公演の共演者は後日発表とのこと。

なお、今回のレーベル移籍やリミックス音源のリリースについて、加藤修平(Gt., Vo.)を始め〈KiliKiliVilla〉の我孫子真哉、与田太郎、〈Bigfish Sounds〉の柏井日向よりコメントが到着している。

■ デカい魚(加藤修平 / note)(https://note.com/dgmwdgmw/n/n53f8f07f9ae7)

【我孫子真哉(KiliKiliVilla) コメント】

このまま車のシートにうずくまり続けていても憂鬱からは逃れられない事はもちろん承知していて。ある時音楽すら聴く事も忘れていた事を思い出す。
The Pretendersの「Don’t Get Me Wrong」が聴こえる。頭にこびりついて離れないどんよりの中、ただぼんやりと側で鳴っていただけの音楽にいつの間に、実質的には多分ものの数秒でクリッシー・ハインドさんの歌声にすでに耳を奪われていて、そしてまたいつの間にか、あれっ、なんだかこの曲のこの感じはNOT WONKが演奏しててもおかしくないぞ、なんてよぎって、そうしたら頭の中ではThe PretendersからNOT WONKへと演奏のバトンタッチはすでに完了していて、こびりついた物思いを一瞬にして飛び越えて私の心に彼らが居座ってくれている。そうしていたらあの曲もあの曲もNOT WONKが演奏したらハマりそだなー、面白そう、なんてどんどんイメージが拡がっていく。年代もジャンルもバラバラなのに沢山あるなー、やはりNOT WONK恐るべし!なんていつの間にもう楽しくなっている。
たとえほんのひとときであったとしても、目の前の困難すら蹴飛ばして心に風を起こし今生きている事を思い出させ感じさせてくれるこの音楽っていうものは本当にどこまで凄いんだろうとつくづく思う。
NOT WONKの一声一音一打。本当にとても強烈に集中させてくれて、とにかく歩み続けようと誘ってくれる。
MV「Laughing Nerds And A Wallflower」の加藤君の自宅での撮影のセッティングの合間、何気なく加藤君が弾いたギターにすぐにフジ君、アキム君の音も重なり一瞬で無心に合奏に入り込んでいく3人の姿が私のNOT WONKの原風景だったりする。とても美しいシーンで僕は大好きで度々それを思い出す。
毎朝圃場へと国道17号線を東に、あまりにも眩しい太陽の方へと真正面に進んで行く。日々1分ずつ変わっていく日の出の時間に同じ日などは決して無くてこの時はそれっきりでかけがえがない事を思い出させてくれる。
NOT WONKと出会えた事は私にとってとてつもなく大きく幸せな事だ。本当に漫画みたいな主人公が現れたと思うくらいの興奮に包まれた事を覚えている。大事な大事な宝物の気持ち。本当にありがとう。彼らの音が止む事は私の中ではもう一生無い。これからもそれを積み上げるばかりだ。

【与田太郎(KiliKiliVilla) コメント】

NOT WONKとの出会いは2015年初頭、彼らがデビュー・アルバムのレコーディングで上京してきた時だった。キリキリヴィラのオリジナル作品としてCAR10に続く2作目となった『Laughing Nerds And A Wallflower』はご存知の通り17曲収録、この17曲を突貫工事でレコーディングしていた時フジくんとアキムくんはまだ19歳、加藤くんは二十歳だった。それからは週末毎のライブとほんとにいつもギリギリのスケジュールを縫ったレコーディングであっという間に6年が過ぎてしまった。できたばかりのキリキリヴィラにとってNOT WONKの存在はとても大きかった、それは最初の一年にリリースしたどのバンドにも言えることだけど、2015年のリリースがレーベルの印象を決定づけていたからだ。NOT WONKをきっかけにして多くの出会いがあり、そういう意味でも彼らの存在はレーベルのエンジンとなっていた、そして僕らは現在に至っている。その過程はけっして平坦ではなく、けれどとてもワクワクする道のりだった。時には相当な無理をしながら多くの障害を一緒に乗り越え、中には信じられないほどひどい人に出会うこともあったけど、この道のりから学んだことはとても大きい。これからはレーベルとアーティストという関係ではなくなるけれど、また別のかたちでお互いの物語は交差すると思うし彼らとキリキリヴィラはまだ並走して行くだろう。
バンドへのはなむけというほどでもないが、これまでNOT WONKの制作ではあまり提案することのなかったフロア向けのダンス・ビートを思いっきり自分の感覚で作らせてもらった、このトラックがどこかのフロアで誰かの耳に届けば幸いだ。

【柏井日向(Bigfish Sounds) コメント】

2015年KiliKiliVillaリリースのコンピレーションアルバムで出会って以来、あっという間に彼らの虜になった。
盲目的ファンというのは勝手なもので、それ以来長年の友人であるKiliKili与田さんには事あるごとに「NOT WONKがどうしてもっと世の中に受け入れられないのか?」という身勝手なフラストレーションをぶつけてた気がします。
実際に彼らと顔を合わせたのは2019年「Down the Valley」のレコーディング。
エンジニアとしてついに直接自分の手でレコーディング、ミックスしたものを世の中にプレゼン出来る機会を得ました。
自分でやってる訳ですから作品にはもちろん満足していて、今年リリースのアルバム「dimen」含め、今までより少しバンドが認知された手応えがあったのですが…彼らへの想いからすると、まだまだ全然満足出来ない。
そのような中、加藤くんからうちのレーベルで作品を作りたいと話をもらった時はもちろん二つ返事でOKしましたが、「それならマネージメント含め全面的にバックアップさせてくれないか」と提案し、今回の運びとなりました。
今後はNOT WONKを自らプレゼンできる喜びとともに、自分に課した大きなプレッシャーもあります。しかしそれは望むところで、1人でも多くの人に彼らの音が届くよう邁進していく所存です。


【リリース情報】

NOT WONK 『the place where nothing’s ever born (YODATARO Remix)』

Release Date:2021.11.02 (Tue.)
Label:Bigfish Sounds
Tracklist:
01. the place where nothing’s ever born (YODATARO Remix)


【イベント情報】

『NOT WONK 2122aw tour 露/ro』

日時:2021年12月11日(土) OPEN 17:30 / START 18:00
会場:北海道・苫小牧 ELLCUBE
料金:¥3300 (all inclusive)
出演:
NOT WONK

・チケット
一般発売(ぴあ)(https://w.pia.jp/t/notwonk-t/) :11月2日(火)10:00〜

※電子チケットのみ
※枚数制限:お1人様2枚まで(同行者の情報登録必要)

INFO:011-614-9999 (WESS)(http://www.wess.jp/)
主催:WESS / NOT WONK
協力:ATFIELD inc.

==

日時:2022年1月10日(月・祝) OPEN 16:30 / START 17:30
会場:東京・恵比寿LIQUIDROOM
料金:¥4500 (1D代別途)
出演:
NOT WONK
TBA

・チケット
オフィシャル先行(ぴあ)(https://w.pia.jp/t/notwonk-t/) :11月2日(火)12:00~11月14日(日)23:59

※電子チケットのみ
※枚数制限:お1人様2枚まで(同行者の情報登録必要)

INFO:03-5712-5227 (ATFIELD inc.)(http://www.atfield.net)
主催:ATFIELD inc.
企画制作:NOT WONK / ATFIELD inc.

■ NOT WONK オフィシャル・サイト(https://notwonk.jimdofree.com)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着