『QURULI 25th Anniversary Pop-up
Shop 「くるりの25回転」』くるり結
成25周年を記念したポップアップ企画
が京都にて開催中

1996年に立命館大学の音楽サークル「ロックコミューン」で結成されたくるり。今年、結成25周年を迎え、来年2022年1月23日(日)に大阪フェスティバルホール、2月11日(祝・金)に東京ガーデンシアターにて『結成25周年記念公演』が行われる。
それにさきがけ、ファンへの感謝を込めたスペシャルなポップアップ企画『QURULI 25th Anniversary Pop-up Shop 「くるりの25回転」』を京都と東京の2ヵ所にて開催。25周年限定商品やこの機会でしか手に入れることができないアイテムが多数出品される。まずはくるりの地元である京都からスタート。藤井大丸 2F THE SPACE FUJII DAIMARUにて、2021年10月27日(水)から11月5日(金)までの限定でオープンしている会場へ。洗練されたグッズの数々にファンはもちろん、買い物客も足をとめていた。
『QURULI 25th Anniversary Pop-up Shop 「くるりの25回転」』 撮影=岡田あさみ
アーティスト高木真希人が『くるりの25回転』のために描き上げたポップなキービジュアルが迎えてくれるTHE SPACE FUJII DAIMARU内の特設会場。屋台研究家の下寺孝典が屋台をイメージして設計したディスプレイが目をひく。くるり25年の軌跡をたどる懐かしの写真や映像でも楽しませてくれる。
『QURULI 25th Anniversary Pop-up Shop 「くるりの25回転」』
注目のグッズは、これまでのオリジナルアルバム13種のアルバムジャケットがデザインされた合皮ポーチ。どのデザインのポーチが当たるかわからないランダム仕様にワクワク。しっかりとした作りで、コスメやコード類などを入れる小物入れとして重宝しそう。
『くるりの25回転』 オリジナルアルバムジャケットポーチ(2,500円)
これまでのオリジナルアルバム13種と、インディーズ時代のアルバム2種の計15種類のアルバムジャケットがデザインされた缶バッジもファンのコレクター心をくすぐるアイテム。
『くるりの25回転』 カンバッジコンプセット(12,000円)
A4サイズの木製の額に納められたコンプリートセットは、直筆サイン入りで、各会場25個のみの限定商品。ポーチ同様、どれが当たるかわからないランダム仕様(500円/1個)で購入することもできる。
『くるりの25回転』 トートバッグ(3,500円)
『くるりの25回転』のキービジュアルをデザインしたトートバッグも大人気。おでかけに大活躍しそうな丈夫な生地のトートバッグで、裏面はイベント開催都市限定のご当地デザインとなっている。京都会場では京都タワー柄、東京会場では東京タワー柄のバッグを販売予定。完全受注生産のため欲しい人はお早めに!(レジカウンターに申込用紙あり)

『くるりの25回転』 Tシャツ(3,500円)
大好評のTシャツは、キービジュアルをデザインした限定Tシャツのほかに、【くるりREISSUE 2021】と題して、25年の軌跡の中で生まれたTシャツを忠実に復刻したものも。くるりのアルバムのアートワークを長年手がけるアートディレクターの服部一成デザインによるくるりロゴTシャツ(2014年発売)や多数のライブ会場で岸田繁(Vo.Gt)が着用していた『NIKKI』発売記念Tシャツなど人気が高いものばかり。ロゴTシャツは、身幅が大きいボックスシルエットでドロップショルダーのゆったりとしたサイズ感がおしゃれ。

『くるりの25回転』 QURULI パッカブルショルダーバッグ(2,800円)
ほかにキャンプなどのレジャーにも使えるビッグサイズのポリエチレンバッグやお買い物に便利なパッカブルショルダーバッグ、鳥獣戯画風の絵柄がかわいい小皿やくるりロゴが彫刻されたお箸など、日常に使えるグッズがたくさん。あれもこれも欲しくなってしまう……。
『くるりの25回転』 QURULI 小皿(1,400円)
さらにグッズだけではなく、矢部太郎作のくるりの似顔絵、2021年4月に発売された最新アルバム『天才の愛』のジャケット原画、2020年発売のシングル『コトコトことでん』のMVで実際に使用された「ことでん(高松琴平電気鉄道)」のプラレールなど、ファン垂涎のアイテムが展示されている。これらはすべて非売品だが、新旧幅広く思い出に浸れるものばかりなので、会場の隅々までお見逃しなく!
『QURULI 25th Anniversary Pop-up Shop 「くるりの25回転」』
レジ前で、会場限定の「くるりの25回転 新聞」を発見。高橋茂雄(サバンナ)や又吉直樹、烏飼茜がくるり愛を語ったコラム、矢部太郎の漫画、レイザーラモンRGのあるある、ニューヨークと鈴川絢子の座談会など。ファンならずとも楽しめる盛りだくさんの内容なので、記念にいかが?
『くるりの25回転』 新聞(200円)
2021年11月3日(水)「レコードの日 2021」には、名曲「琥珀色の街、上海蟹の朝」の7inchアナログ盤を販売開始。「琥珀色の街、上海蟹の朝」MVでおなじみのタムくんこと、 ウィスット・ポンニミットによるイラストを使用した限定アイテムも3点追加で登場する。京都会場では、11月3日(水)から11月5日(金)までの3日間限定販売なので、気になる人は要チェックだ。
東京では、2021年11月27日(土)から12月14日(火)に渋谷 PARCO 4Fにて開催予定。
取材・文・撮影=岡田あさみ

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着