チェリスト・宮田大、タンゴ界の巨匠
ピアソラの作品を収録した『Piazzol
la』リリース 2022年2月にアルバム
発売記念コンサートも決定

日本人として初めてロストロポーヴィチ国際コンクールで優勝、また、欧州のクラシック界における権威のある賞の一つOPUS KLASSIK賞(2021)を受賞するなど、名実ともにトップ奏者として国際的な評価を高めているチェリスト・宮田大による最新アルバム『Piazzolla』が本日2021年11月3日(水)発売となった。
『Piazzolla』
今作では、2021年に生誕100周年を迎えた作曲家・ピアソラの作品を、山中惇史、ウェールズ弦楽四重奏団、三浦一馬ら日本を代表する奏者を迎えて収録。まるで歌声のように変貌自在に表情を変える、宮田の唯一無二の音色と高いテクニック、そしてトップ奏者同士による密度の高いアンサンブルが展開され、この編成のために書き下ろされたアレンジで録音。ジャンルレスな独自の音楽を生み出していったピアソラと、クラシックの固定概念を超越するような説得力溢れる演奏を放つ宮田大、両者の真髄と可能性を再発見する1枚となっている。
なお、発売元の日本コロムビアのサイトで全曲試聴もスタートした。さらに、2022年2月には、アルバム発売記念コンサートも決定。ウェールズ弦楽四重奏団、三浦一馬、山中惇史を共演に迎え、東京・大阪2公演だけの特別プログラムが披露される。
【宮田大コメント(全文)】
私が小さい頃、ピアソラのCDが家で流れていたこともあり、私の音楽家人生の中でとても大切な作曲家の一人です。
ピアソラの作品は、まるで鏡の様に10代の頃、20代の頃、現在の自分がどんな音楽を奏でたいのか、どんな人生を送ってきたのかを忠実に捉えて、私自身の音楽を表してくれます。
今回のアルバムは、選曲と編成にこだわりました。
チェロ独奏で誰も演奏した事が無い作品を選曲し、未だかつて無い楽器との組み合わせで、今の自分を表現していますので、新感覚のピアソラをお届け出来ると思います。
チェロが語るピアソラを是非お聴きください。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着