配信シングル「U」

配信シングル「U」
Bleecker Chrome(ブリーカー・クローム)が11月3日にbpm tokyoから2ndシングル「U」をリリースした。

前作1stシングル「Alive」で待望の再始動後、ソロ活動や客演などの活動で注目を集めていた彼らの新曲「U」は終わった恋から前進するため揺れ動く心を描いた切ないラブソング。自分の元を去った恋人を思いながらも、次のステップに踏み出すため、葛藤を続ける心模様を等身大のリリックで表現している。KENYA(ケンヤ)の美しいボーカルと、XIN(シン)のウィットに富んだバイリンガルなリリックによって、切なくもBleecker Chromeらしい都会的な雰囲気に仕上がった。

「U」は「14」」(EP『Born Again』収録)を手掛けた盟友VLOTと共同で作曲を行うなど、アーティストとしてさらなる可能性を提示したXinとKENYA。近日中には、グループとして約2年ぶりとなるMVの公開を予定しており、今後の展開にも注目したい。

Bleecker Chromeは3年半の米ニューヨーク武者修行でアーティストとしての感性・実力を養い、2019年にリリースした1st EP『Born Again』でシーンの話題をさらった。トレンドをモノにしたラップスキルや歌唱力だけでなく、メンバー自らソングライティングやビートメイキングをこなすセルフプロデュース能力の高さも高く評価されている。

公式リリース前からツアーファイナルに400人以上を動員、「14」のMVはYouTubeで再生回数41万回を超えるなど、音楽性の高さとセンスのよさで注目を集めた。『Born Again』のリリース後、彼らはソロ活動を展開し、AK-69『THE RACE』収録曲「Next to you」への客演参加をはじめ、トップアーティストとのコラボレーション作品やヒットアルバムへの楽曲提供など幅広い活動を続けている。2021年7月「ALIVE」のリリースでBleecker Chromeとして待望のカムバックを果たし、グループのアーティスト活動を再開した。
配信シングル「U」2021年11月3日配信リリース
配信シングル「U」

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着