薬師丸ひろ子、呉田軽穂の37年ぶり書
き下ろし新曲をベストアルバムに収録

11月21日にリリースされる、薬師丸ひろ子の歌手活動40周年記念オールタイムベストアルバム『Indian Summer』に、スペシャルアニバーサリートラックとして、呉田軽穂(松任谷由実)による書き下ろし最新曲「Come Back To Me ~永遠の横顔」が収録されることが発表となった。これにあわせて薬師丸ひろ子YouTubeチャンネルが本日11月5日よりオープンした。
1981年11月21日の「セーラー服と機関銃」による鮮烈なデビューから今年で歌手活動40周年を迎える薬師丸ひろ子。今作はデビュー曲から最新曲までレコードメーカーの枠を超えて、全シングル曲と近年の代表曲を網羅しオールタイムベストアルバムで、本人監修によるベストセレクション盤を含む3枚組となる。そのDisc 2にスペシャルアニバーサリートラックとして収録されるのが、新曲「Come Back To Me ~永遠の横顔」。「Woman “Wの悲劇”より」以来37年ぶりとなる呉田軽穂による書き下ろしとなる。この楽曲では、作曲だけでなく作詞も呉田軽穂が手がけ、そして編曲は冨田恵一が担当している。
なお、『Indian Summer』には新曲「Come Back To Me ~永遠の横顔」の他にも、Disc3として1stアルバム『古今集』から最新アルバム『エトワール』までリリースされた全楽曲から、薬師丸自身が選んだベストセレクション盤を収録。2005年公開の映画『レイクサイド マーダーケース』主題歌の日本語バージョンとして制作されながらも待望の初CD化となる楽曲「帰り路」や、大瀧詠一のカバー「夢で逢えたら」、自身が作詞作曲を手掛けた「アンフィニ」、そしてNHK連続テレビ小説『あまちゃん』でも大きな話題を呼んだ鈴鹿ひろ美版「潮騒のメモリー」のライブ音源などが収録。薬師丸ひろ子を長く応援するファンから、初めてこの機会に歌声に触れるリスナーまで多くの方々へ向けた、オールタイムベストアルバムとなる。
また、本日オープンとなったYouTubeチャンネルでは、2018年ならびに2019年にBunkamuraオーチャードホールで開かれたコンサートから22曲のライブ映像と共に、新曲「Come Back To Me ~永遠の横顔」のトレーラーが公開されている。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』