サイケデリックブルースロックから
アメリカンロックへと転身した
スティーブ・ミラー・バンドの
『ジョーカー』

スティーブ・ミラー・バンド

『モンタレー・フェス』のあと、グループは大手レコード会社のキャピトルと契約、ビートルズのプロデュースを手がけたジョージ・マーティンの助言でスティーブ・ミラー・バンドへと改名することになった。チャック・ベリーのバックを務めたライヴ盤をリリースした後、デビューアルバム『未来の子供達』(’68)はグリン・ジョンズのプロデュースによってロンドンで録音された。この時のメンバーはスティーブ・ミラー(Gu&Vo)の他、ボズ・スキャッグス(Gu&Vo)、ロニー・ターナー(Ba)、ジム・ピーターマン(Key)、ティム・デイビス(Dr)で、後にメンバーとなるベン・シドランがゲスト参加している。そのサウンドはシンセなども使った実験的な要素が濃く、まさにサイケデリックロックとブルースの二刀流であった。グループはこの路線でセカンドアルバム『セイラー』(’68)をリリース、真新しい試みを随所に取り入れ評論家筋から高い評価を受けた。

続く『すばらしき新世界』(’69)では、スキャッグスとピーターマンが脱退、新たにベン・シドランが加入する。ゲストにニッキー・ホプキンスとポール・マッカートニー(変名で)が参加するなど、大きな話題となった。

5枚目のアルバム『ナンバー5』(’70)はナッシュビル録音で、エリアコード615の面々が参加するなど、カントリーやマリアッチ的なサウンドにもチャレンジするなど意欲作となったが、ミラー以外のメンバーの影が薄くグループの存続が危ぶまれた時期でもある。この後、ミラーは冒頭で述べた自動車事故で長期間の休養を余儀なくされるのと同時にグループは分裂する。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着