土屋太鳳が歌う劇中歌「Lead Your Partner」本編映像48時間限定公開!

土屋太鳳が歌う劇中歌「Lead Your Partner」本編映像48時間限定公開!

土屋太鳳が歌う劇中歌「Lead Your P
artner」本編映像48時間限定公開!

Lead Your Partner」歌唱シーンの本編映像を本邦初解禁!!

ポンコツ“AI”とクラスメイトが織りなす、爽やかな友情と絆に包まれたエンターテインメントフィルム『アイの歌声を聴かせて』が10月29日(金)より全国公開いたしました!
「土屋太鳳」の歌詞・動画・ニュース一覧
https://utaten.com/artist/41532
監督は「イヴの時間」、『サカサマのパテマ』などで海外からも注目を集め、アニメーションの新たな可能性を切り拓いている吉浦康裕。
自身が得意とする「AI」と「人間」の関係というテーマを、高校生の少年少女たちが織りなす瑞々しい群像劇という形で描写し、圧倒的なエンターテインメントフィルムとして仕上げています。
キャラクター原案には、気鋭の漫画家・紀伊カンナ、共同脚本には、『コードギアス』シリーズや「SK∞ エスケーエイト」の大河内一楼が参加。
また、劇伴・劇中歌は「SK∞ エスケーエイト」の高橋諒、「プリパラ」「ドリフェス」の松井洋平が作詞を担当。
ちょっぴりポンコツなAIの主人公・シオンを土屋太鳳が演じ、多彩な楽曲たちをエモーショナルに歌い上げます。
また、もうひとりのヒロインであるサトミを福原遥、幼馴染のトウマを工藤阿須加が演じ、興津和幸小松未可子日野聡に加え、大原さやか、浜田賢二、津田健次郎ら実力派声優が集結しました!
この度、公開1週間を記念して、口コミで絶賛の柔道の乱取りシーンの本編映像がYoutubeにて48時間限定で公開!
シオンが柔道部員のサンダーと乱取りをするシーンで土屋太鳳が歌い上げる劇中歌「Lead Your Partner」にのせて繰り広げられる本シーンは、リズミカルで、ステージでスポットライトを浴びているかのようにワクワクする一曲!
吉浦監督は、しっとりと歌い上げるバラードの「Umbrella」の対局の雰囲気にしたかったと語り、音楽担当の高橋諒と松井洋平に、『シオンにとって柔道は社交ダンス』だと説明した上で、『ムーディな色気のあるジャズ』のイメージで作曲をお願いしたというが、最初に上がってきた曲がまさかのビッグバンドだったという裏話も。
「ユー・ニード・ア・フレンド」「Umbrella」とも全く異なる曲調、そして、シオンのことが気になっているサンダーの気持ちをくすぐるようなストレートな歌詞にもご注目ください!
そして、公開からちょうど1週目が経ち、レビューサイトでは、「Yahoo!映画」では平均4.2点、「映画com」平均4.1点、「Filmarks」平均3.9点(11月4日時点)と軒並み高評価を獲得!
そんな本作について、吉浦監督過去作品キャストの岡本信彦さん、野島健児さん、藤井ゆきよさんや風間太樹監督ら15名より絶賛コメントも到着いたしました!
「吉浦監督の最高傑作!」の呼び声も高い本作を是非劇場で体感ください!
映画『アイの歌声を聴かせて』 
劇中歌「Lead Your Partner」本編映像 48時間限定公開概要
◆解禁日時:11月5日(金)18時解禁 
~【アイの歌声を聴かせて】オピニオンコメント~ ※敬称略・五十音順
入江泰浩(アニメ監督)
かつて日本映画でここまで鮮やかに存分にミュージカルを描いた作品はなかった。これは断言していい。
日本の観客の多くは「ミュージカルはちょっと……」という印象を抱いている。宝塚歌劇団が100年以上の歴史を誇り、劇団四季があれほどの観客を楽しませているのにも関わらず、だ。
それは、ひとえにこれまでの日本の映画が劇中において歌をうまく使えていなかったからだ。
どんな素敵な歌も、使い所を間違えば十分な効果を上げることはできない。
しかし本作は違う。「なぜ歌うのか」と言う理由。
その部分にこれほどまでに明快に、これほどまでに切ない理由を提示してくるなんて。
「日本のミュージカル映画はここからスタートした」後にそう語られるであろう特異点の作品として、是非、本作を観に足を運んで欲しい。
そうすればきっと、納得と共に、幸せな気持ちで満足できるから。
岡本信彦(声優)
観賞後、高揚感からすぐ監督に連絡してしまいました!
めちゃくちゃ面白い作品を観れた感謝を伝えたかったからです。
アニメにおけるポイントは音楽と映像美だと思っているのですが、ミュージカルの非現実感をAIの設定により自然に見せつつ、映像もこの設定によって納得のいく展開で魅せてくれます。まさに吉浦監督の最高傑作です。
風間太樹(映画監督)
土屋太鳳さんの歌声が淀みなく響く。心が大きく脈を打ち、気付けば涙していた。
誰かと共存する中で包まれてしまった心、その内奥でせせらぐ小さな願いに寄り添い、奮わせる。力強い映画だ。
木尾士目(漫画家)
AIが歌うには、必ずしも体は必要ないかもしれません。
でもAIが息を吸い、声帯を震わせ、口腔で共鳴させて歌った瞬間にこの映画は始まったのだと思います。
佐藤利奈(声優)
吉浦監督の描かれるAI・ロボットたちは、やっぱりみんな愛しい。
イヴの時間に出会って以来、どこかナギさんの気持ちで生きている私。
まっすぐなみんなに、クスッとして、泣いて、メロディを口ずさみながら映画館を後にしました。
谷口悟朗(アニメ監督)
近未来の御伽話。吉浦監督の『イヴの時間』、その先にあるものを観られる幸せがここにある。
鶴巻和哉(アニメ監督)
AIがヒトを超えることは、すでにSFでも未来でもないようです。
でも、もしAIを本当に友達と思える未来なら、それは見てみたいと思います。
西本英雄(漫画家)
見ましたー! 見終わっちゃいましたー!
は~、なんでしょうこの心地よい疲労感と興奮の余韻、そしてあったかい気持ち。
これってあれに似てますね。
テーマパークで思い切り遊んだ後の感じ!楽しかったー!!
野島健児(声優)
AIに愛されたことはありますか愛にはいろんな形があると思います信じること。
笑わせること。喧嘩すること。傷つけること。Etc
僕がその中で大事に思うことは、そこに幸せが、未来があるのか。久々にファンタジーに没入させていただきました!
やっぱりアニメ映画はこうでなくちゃ!親の視点で楽しませていただきました。
氷川竜介(アニメ特撮研究家・大学教授)
ハイテク人工知能と学園青春コメディがリンク! 
人と人の絆が結ばれたとき、身近にあった大切なものが発見できる。
吉浦康裕監督得意のクレバーなユーモア感覚に胸が踊りました!
藤井ゆきよ(声優)
観た人が幸せになって欲しいという真っ直ぐな気持ちで作られた作品でした。
世界観の魅せ方、違和感のパズルがはまっていく見事さ、真っ直ぐな想いのいじらしさに胸打たれます。
見終わった後もふとしたときに歌を口ずさんでしまって、このあたたかい気持ちを思い出すんだろうな。
藤津亮太(アニメ評論家)
タイトルの「アイ」はAIであり愛。
この映画はロマンチックな歌とともに、見えなくなっていた愛を「見える化」し、それがいろんな場所に偏在する“ユビキタス”なものだということを教えてくれる。
松井祐亮(CGIアニメーションディレクター)
「あなたは今幸せですか?」そんな意味を再確認させられる映画でした。
可能になりそうな時代。そして来てほしい未来。前向きで楽しくて優しい映画でした!
柔道ミュージカル最高(笑)
幸村誠(漫画家)
泣かせるなぁ・・・・泣いてしまった。映像もお話も素敵ですけど、やはり歌と音楽が。半分くらいは歌と音楽の力に泣かされてしまったような気がします。
吉野弘幸(脚本家)
痛痒い青春と恥ずかしいミュージカル、そして恋と友情とSFが、見事に緻密なストーリーで組み上げられ、さらにやさしさで包み込まれてる。
そんな極上の青春映画でした。
<STORY>
景部高等学校に転入してきた謎の美少女、シオン(cv土屋太鳳)は抜群の運動神経と天真爛漫な性格で学校の人気者になるが…実は試験中の【AI】だった!
シオンはクラスでいつもひとりぼっちのサトミ(cv福原遥)の前で突然歌い出し、思いもよらない方法でサトミの“幸せ”を叶えようとする。
彼女がAIであることを知ってしまったサトミと、幼馴染で機械マニアのトウマ(cv工藤阿須加)、人気NO.1イケメンのゴッちゃん(cv興津和幸)、気の強いアヤ(cv小松未可子)、柔道部員のサンダー(cv日野聡)たちは、シオンに振り回されながらも、ひたむきな姿とその歌声に心動かされていく。
しかしシオンがサトミのためにとったある行動をきっかけに、大騒動に巻き込まれてしまう――。
ちょっぴりポンコツなAIとクラスメイトが織りなす、ハートフルエンターテイメント!
<CAST>
土屋太鳳 福原 遥 工藤阿須加 興津和幸 小松未可子 日野 聡 大原さやか 浜田賢二 津田健次郎 咲妃みゆ カズレーザー(メイプル超合金)
<STAFF>
原作・脚本・監督:吉浦康裕 
共同脚本:大河内一楼
キャラクター原案:紀伊カンナ
総作画監督・キャラクターデザイン:島村秀一
メカデザイン:明貴美加 
プロップデザイン:吉垣 誠 伊東葉子  
色彩設定:店橋真弓  
美術監督:金子雄司〈青写真〉
撮影監督:大河内喜夫  
音響監督:岩浪美和  
音楽:高橋 諒  
作詞:松井洋平
アニメーション制作:J.C.STAFF 
配給:松竹  
歌:土屋太鳳  
(c)吉浦康裕・BNArts/アイ歌製作委員会
公式HP
公式Twitter/Instagram:@ainouta_movie
絶賛公開中!

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着